パソコン・インターネット

2020年1月23日 (木)

データの吸出し

壊れたノートPCからデータを吸い出す作業を依頼された。
届いたノートPCを調べたところ、ディスプレイだけがイカレているようだ。
外部ディスプレイを接続して、セーフモードでWindowsを起動したところ無事に起動。USBメモリにデータをコピーして作業完了。料金は4,400円なり。

 

2019年12月26日 (木)

年賀状

今さらだけど、年賀状を書いた。

 

 

2019年12月20日 (金)

後輩の気遣い

先輩から、新しいノートPCを買ったのでPCの設定をしてくれとのこと。

「仕事でまだ帰れそうにないから、彼女に来てもらうからよろしく。」

というわけで、内縁の妻さんと二人きりで修理することになった。
修理して欲しいというFMVは、WindowsXP時代の古い物だ。Surfaceを買ったがメールさえ使えないので、何とか移行したいとのこと。
インターネットはOCNメールと、ぷららとCTYと、他にも何か…色々とややこしいな。

古いPCはWindowsXPで相当古い。これを修理する理由なんてあるのだろうか。
もはやwebブラウザは動かず、メールを受信するためだけに使っているらしい。
事情を聞いたところ、古いメールボックスに入ったメールに書かれたURLをクリックして、認証みたいな作業をしたいらしい。
そういうことか。だったら古いPCはいらないな。メールを1通、USBメモリにコピーして、新しいPCでURLをポチればいい。
だが今日はUSBメモリがないんだよね。

現地に落ちているメモリカードをテキトーに引っ張り出して、データをコピーしよう。
古いケータイから抜いたようなメモリカードなので、妻さんの前で開くのは危険だ。そもそもメールボックスを見られるのも危険である。

妻さんは「ぜんぜん大丈夫だから」と言うのだが、妻さんに許可を得ただけじゃ作業は進めにくい。
一応、電話確認をしてもらったのだが、先輩が妻さんの前で「ちょっとそれは困る」とか言えなくね?
やばそうなフォルダを自然な感じで避けつつ、データを引越しした。後輩としての気遣いである。
PCはイカレる寸前だから、妻さんが勝手に見ることはないだろう。
依頼された認証作業は無事に終了したが、時間の都合で新しいノートPCの設定はできなかった。
続きは(仕事先の)飲み屋でやってくれと頼まれたが、CTYの設定は、CTYの回線からしか設定ができないので、飲み屋での設定は無理だ。

 

2019年12月18日 (水)

PC持ち込み修理

PCの持ち込み修理が1台。
家のブレーカーが落ちてから、Windowsが起動しなくなったとのこと。
リカバリーで復旧するといいのだが。

作業に時間がかかるので、とりあえず起用は預るだけ。

 

2019年11月 5日 (火)

伊勢ギークのネタ

そういえば、伊勢ギークのことを忘れていた。伊勢ギークには何を出品すればいいのか。10日ほどで作れそうなものを考えねば。
伊勢ギークでは、すっかりテーブル筐体の人になっているので、テーブル筐体ネタを考えたい。
WindowsPCでモグラ叩きみたいなゲームを作って、テーブル筐体のボタンを使ってプレイさせるのがよさそうだ。

まずはテーブル筐体のコンパネの入力をWindowsPCで拾う必要がある。
コンパネをUSBジョイスティックに見せかける回路を作らねばならない。USB-IO2.0AsooveUSBReviveUSBなんかでやればよさげ。
ゲームはWindowsのゲームライブラリでテキトーに作ろう。何年もさわったことがないが、定番のDX-Libでいいかな。

このモグラ叩きは子供客用で、叩いたボタンで打楽器の音が鳴る仕掛けにしておく。モグラ叩きを無視すれば、ロボット楽団と合奏できる。外部音声出力も筐体の外側に増設しておこう。

問題は、今から作って間に合うかということだな。

2019年10月25日 (金)

はぴらき計算機v1.955

はぴらき計算機に、ジュカイン、ダークライ、バシャーモ、ヒードラン、ロズレイドを追加した。

はぴらき計算機というのは、ポケモンGOの自分用ユーティリティである。
手持ちのポケモンの個体値を入力すると、そのポケモンを強化した時に、CP値がいくつになるか調べるものだ。
ハピナスをCP2700にしたいとか、ミュウツーをCP4000にしたい…みたいな用途に向く。
キリ番にしたからといって何の利点もないし、修正でCP値が変更になったら台無しになる。ポケモンGOは2016年にリリースされ、今までにCPの変更が二度あった。

午前中はひどい雨だったが、午後にはわりと回復した。
まだ雨が降りそうなので農薬は使えない。
雨の合間に、白菜や大根に付く青虫(モンシロチョウの幼虫)を20匹以上殺した。

2019年8月24日 (土)

免許の写真

狩猟免許の更新のため、医師の診断書をもらってきた。開院前に予約番号をもらったが、診断書をもらったのは11:00過ぎ。

次は狩猟免許の写真を印刷しておこう。うちのプリンタはEPSON EW-M571Tである。
EPSONのPhoto+というソフトはさっぱり使い方がわからないので挫折。EPSONプリンタって毎回そうだよなあ…。

素直にWindowsフォトビュアで印刷することにした。
写真をテキトーにトリミングした後、→印刷→コンタクトシート→[ ]写真をフレームに合わせる→EPSONフォトマット紙で、標準印刷でよさげ。
印刷モードを「普通」から「きれい」に変更して、画質向上を狙ったがきれいに印刷できなかった。私の顔に問題があるのだろうか。

A4用紙の左下に小さく印刷するだけだともったいないので、用紙を上下入れ替えて、テストを繰り返すといい。
用紙がもったいないという人は、用紙を水平にカットした後、また印刷すればいい。
いやもっとたくさん写真が欲しいというなら、各画像の部数というところで枚数が指定できる。できないように見えてできる。反応がすごく鈍いだけだ。

 

2019年8月 4日 (日)

e-AMUSEMENTカード更新

先月、e-AMUSEMENTカードを紛失してしまった。
e-AMUSEMENTカードというのは、ゲーセンのゲーム情報を記録しているカードだ。
コナミの音ゲー専用というか、DANCERUSH専用のカードである。

ユーザ登録してあれば、新しいカードを買ってきて、データを引き継げばいいらしい。
新しいカードを買い、その日はチャージもせず、プレイもせず、まっすぐ家に帰る。一度でも使ったカードは、データを引き継ぐことができないからだ。
そして家に帰ってデータを引き継ぐ処理をしておしまい。
専用サイトの作りがひどくて、この作業がかなり難しい。まあ、データがパーにならなかっただけでも助かった。
データを引き継げないと、今までプレイしたデータがすべて消える。ユーザ登録は必ずしておきたい。

 

2019年7月 3日 (水)

SJISの暗号化

SJISのテキストファイルを暗号化したい。
今回の目的は、テキストファイルを読みにくくしたいだけで、努力すれば読めるようにしたい。
目標とする機能をまとめてみよう。

  • テキストファイルの状態は維持する。
  • 努力すればなんとか読める。
  • 暗号化を二度繰り返すと元に戻せる。

SJISの文字コードは、1文字が2bytesで、0x8100-0x9fffに配置されている。
ただ単に暗号化したいなら、上位バイトを判定してから、下位バイトの最下位ビットを反転することにした。
さくさくと作ってみたが、エディタで開くと文字化けしている文字がある。
変換結果が0x40未満、あるいは0x7fになると、SJISでは存在しない文字コードになるからだ。

やばそうな文字を丁寧に判定するif命令の山を築き、暗号化処理を書いてみた。
クイズの問題をカンニングしたい人に、内容は見せてもいいけど読みにくいよって仕様だ。
暗号化した結果はこんな感じになる。

quiz {
ぅゎょり74ジルースぢでとをにIC?
{レシツグIC, ケーデIC}, ダィポIC, ポィゴヲ, EEPROM, CPLD,
}
quiz {
555ど名は付ぎIC、げろの何?
ダィポIC, レシツグIC, ケーデIC, ポィゴヲ, EEPROM, CPLD,
}
quiz {
8251どぅぉぱ何は型番どざで有名
{ジルァリ通信IC}, 浮動小数点演算, USBジルァリ, デヨヲシズダ, OPァヲヘ, ダィポIC
}

ちょうどいい暗号化である。
今回、半角文字や漢字は暗号化しなかったが、半角文字や漢字の1/4くらいは暗号化した方が楽しいかもしれない。
一応、資料として置いておく。→SJISの文字コード表

ひどいね。

2019年4月15日 (月)

ココログ直った

不具合だらけのココログがずいぶんマシになっている。
プライベートモードのFirefoxでログインできるようになったのは助かる。
まだたくさんの不具合があるようだが、使えないことはない。
書きためた記事を一気に投稿した。

 

 

 

より以前の記事一覧