パソコン・インターネット

2017年11月15日 (水)

EPSON EW-M571T

先日、ポチっておいたプリンタが届いた。
EPSON EW-M571Tだ。

箱を開けると、インクタンクは空。設置前にボトルからタンクに注入する仕組みになっている。それがじつによくできている。
ボトルはタンクの上に自立し、インクを注入する間はながめていればいい。
プリンタには、記念切手くらいの小さなLCDが付いている。こんなに小さくて役立つのかと思っていたが、プリンタを設置する場面では、このLCDが大活躍だ。
LCDに表示される指示にしたがって作業すれば、パソコン初心者でも設置ができる。

またプリンタの微調整も、ユーザが行うことになっている。これはバブルジェットプリンタ時代からの伝統だが、これも小さなLCDのおかげで相当楽になっている。
私がいかに浦島太郎だったかがよくわかる。

今日は設置だけで、実際に印刷するのは来週になりそうだ。

2017年11月14日 (火)

iPhone解体ツール

iPhone解体ツールが届いた。
仕事が休みで雨が降っている日に解体する予定。

▽あとで写真

2017年11月11日 (土)

プリンタ買い換え

伊勢ギークとか年賀状など、これからカラー印刷が多くなる。
そのカラー印刷だが、ここでまだPM-730Gを使うのかという疑問が生じる。
発売日は2005年、もう修理さえ受け付けてもらえない骨董品である。いつ買い換えるのか。この疑問は毎年、年末になると議論されている。
だが、その古さゆえ、古い未開封のインクカートリッジが安く手に入り、ランニングコストが異様に安い。そのランニングコストを武器に、この骨董品を使い続けて来たのだ。

だが今年、EPSONから発売されたカラープリンタにはお手上げ。

EPSON EW-M571Tは、巨大なインクタンクを備え、カラー印刷のランニングコストはわずか数円。骨董品よりもはるかにランニングコストが安いのだ。古いプリンタを使い続ける理由はなくなった。

地元のJナントカに電話をかけてみたが、在庫がなかった。しかたがない、ネットで買うか。
Yナントカ.comは在庫ありなのに届くのは5日後。それって在庫がないのと同じだろ。
先ほどのショップのインターネット店Jナントカwebは、在庫を持っているし、しかも実店舗より安い。
5年保証に入っておいて、もし保障期中に故障したら、実店舗に持ち込めばいい。
ちなみにJナントカの実店舗は、在庫を持っていないだけでなく、取り寄せた場合の価格も高かった。田舎設定ってやつだな。

2017年11月10日 (金)

iPhone8

ウズ丸が久しぶりに帰省してきた。手にはビニール袋を持っている。中身はこれ。

▽あとで写真

壊れたiPhone6sである。落として破損したそうで、電源も入らない。
レポートのためには、一刻も早く新しい端末を用意しなければならない(※1)が、2年間で三度目の破損で、保険(AppleCare+)は使い切っている。
もはや新しい端末を買うしかないという状況である。近くのソフトバンクショップでは在庫がなく、別のショップに在庫を問い合わせて、そこでiPhone8を手に入れた。
出費は約10万円。もちろん自腹で払ってもらう。年末年始はバイトをがんばれ。

壊れたiPhone6sだが、なんとか修理してポケGOはできないのだろうか。とりあえずiPhone分解キットをポチってみた。

※1. 親に似て成績は低空飛行。レポートが遅れることは留年につながる。

2017年11月 9日 (木)

パワポのテンプレ

伊勢ギークの展示物を作っている。今はテーブル筐体にかかりきり。
テーブル筐体はゲームも動くが、PowerPointで展示物を解説する役割を担っている。
そのPowerPointデータは数時間で完成したのだが、まさか無地のスライドというわけにもいかない。カッコいいデザインのテンプレを用意したいところだ。
さっさと「PowerPoint テンプレート カッコいい」で検索して、手頃なテンプレートを探せばいいのに、手違いで「PowerPoint テンプレート 作り方」で検索してしまった。
これがなかなか楽しくて、徹夜でPowerPointのテンプレ作りに没頭してしまった。

▽あとでファイル

2017年9月 7日 (木)

告知 - NT名古屋2017

9月17日(日)に、NT名古屋2017が開催される。ニコニコ技術部の作品展だと思っていただきたい。

所は、中京テレビハウジングみなと、台風が来ているから、参戦はビミョー。
今年の伊勢ギークか、NT京都2018あたりは出展してみたいなあ…。

2017年8月24日 (木)

ラズパイのケース

RaspberryPi3は基板単体で販売されている。ベア基板のまま使うこともできるが、何かオシャレなケースに入れて使うのが一般的だ。
私が買ったケースはツノ丸が研究室に持って行った。
ネットで検索すると、X68000型のケースが販売されていたようだ。

これが欲しいが、すでに完売。ぐぬぬ…。再販してくれないかな。

2017年8月14日 (月)

X68000にラズパイ

RaSCSIという機器を注文した。RaspberryPi3にSCSI端子を接続するための装置である。
RaSCSIを接続して、RaspberryPi側にSCSI機器として動作するプログラムを書き込むと、パソコンからはRaspberryPiがSCSI機器に見える。
ぶっちゃけて言うと、RaspberryPi3がX68000の外付けHDDに早変わりというわけだ。
Ethernetにも接続できるし、Neptune-Xの代替品として使えば、X68000の背面がずいぶんスッキリする。
受注生産なので届くのは9月。届くまでにRaspberryPi3をセットアップしなくては。

こういうこともあろうかと(※1)、RaspberryPi3を何枚も買ってある。
念のため、専用のMicroSDカードを用意した方がいいのかな。慌ててMicroSDカードをポチった。

※1. 先日、宇宙戦艦ヤマト2202を観たらしい。

2017年7月26日 (水)

母のPC

母が新しいPCが欲しいというので、大き目のノートPCを買った。
DELL Vostro3568、CPUはi3-7100U、黒いPCは地味なので、カスタマイズで真っ赤を指定した。税、送料込みで約5万円。

▽あとで写真

母は今まで中古のデスクトップPCを使い続けてきたのだが、中古PCは寿命が短いため、毎回、新しい環境になじむのに苦労する。
今、新しいPCを買っておけば、どうせ死ぬまで使えるし、何よりWindows10には、母の大好きなソリティアが標準搭載である。

とはいえ、母の母つまり私の祖母は、100才まで生きていた。
しかも当日まで畑仕事をしていたくらい。母がそんなに長生きすれば、あと2-3回はPCを買い換えねばならないのだが。

2017年5月25日 (木)

動く(予想通り)

ウズ丸が故障したと言い張るノートPCは、ASUS E200H。
どうせバッテリー切れだろうと予想して、とりあえず充電してみよう。ASUS E200Hは、充電中のLEDがなくて、充電されているのかどうかわからない。

※充電中のLEDについては後日、発見した。

数時間充電をしてからスイッチを入れたら普通に動いた。

ただし、ウズ丸が勝手にMcAfeeをインストールしたようで、Windowsが驚くほど重い。
McAfeeに感染すると、McAfee以外のウィルスには感染しないというが、この遅さではPCがまともに使えない。
そもそも期限切れになってからも自殺するすることなく、アップデートを続けるのはどういうことか。感染ルートが違うだけでウィルスと同じである。
WindowsUpdateも同様に重い処理である。仕事終わりに、アップデートの確認をする程度にしてほしい。
バッテリーで使っている時に、長く時間がかかるWindowsUpdateが始まるのは殺意を覚える。
McAfeeをアンインストールし、WindowsUpdateも設定を変更して、通知だけにしておいた。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック