パソコン・インターネット

2018年11月29日 (木)

Win10の高速インストール

昨日の続きである。ジャンクPCにWindows10をセットアップしよう。
2018年11月現在、Windows10はWindows7/8/8.1からアップグレードすればタダだ。
この作業にはWindowsのインストールとアップデート、さらにアップグレードの時間がかかり、作業には何時間もかかる。
この作業を短時間で終わらせる方法がある。

すでにWindows10が動作しているOptiplex7010/7020から、HDDを引っこ抜いて取り付ければいい。
Optiple7010と7020は、ほとんど同じ機種なので問題なく起動する。
もちろんライセンス認証はやり直しだ。プロダクトキーを変更すればよい。
プロダクトキーは、PCに張られているCOAシールに記載されている。COAシールはWindows7でもWindows8/8.1でも問題ない。
いったんWindows10のライセンス認証が通ったら、そのPCはWindows10が許可されたPCとなる。
あとは新しいHDDと交換して、Windows10をクリーンインストールすればよい。
クリーンインストールは短時間で終了する。
アップグレードに比べると作業時間が何時間も短縮できる。

2018年11月28日 (水)

買い物

今日は名古屋で仕事。
ジャンクPCを再生するため、ビックカメラでバルクのHDDを買って来た。
もっとも安いHDDは、容量1.0TBで5,000円程度だ。
4台買うつもりだったが、あまりの重さで1台しか買えなかった。残りは通販で買おう。

4台のPCからメモリを抜いて、似たようなメモリをセットにして2台のPCに集めた。
残ったPCには中古メモリを挿せばいいか。
Optiplexシリーズのメモリはここが詳しい。

Optiplex7010/7020は、DDR3/1600MHzとか、PC3-12800といったメモリを買えばいいようだ。
もちろん中古品を探す。
中古品だと新品の半額もしないのが、あまり安いのは気を付けないとダメだ。
中古メモリ市場には、規格が違うサーバPC用のメモリが出回っており、そいつらはPCで使えないのですごく安い。見た目も同じだし、型番だってほとんど同じ。

2018年11月27日 (火)

ジャンクPC

先日届いたジャンクPCをセットアップしよう。
ジャンクPCは、機密保持のためHDDが抜かれている。
メモリは単体で転売されるため、動作確認用に最低限しか搭載されていない。
光学ドライブは動いたらラッキーという程度。

まずは起動チェック。BIOSにパスワードがかかっているようだ。
安く落札できたのはこれが原因かもしれない。
ケースを開けて、パスワード関係のジャンパを探す。それっぽいシルク印刷があるはずだ。
ショートされているジャンパを解放して起動するとパスワードがリセットされるので、
その後はジャンパを元に戻して構わない。

次にBIOSセットアップを起動する。
BIOSにパスワードが設定されていたということは、レガシーな機器などを接続されていた可能性が高い。
設定をいったんデフォルトに戻し、あとは好みでいくつかの設定を変えればいい。
今時、フロッピーディスクからのブートなんていらないだろう。

一通り動作確認が終わったので、メモリを移動しよう。
メモリ2GBでは、まともにWindows10は動作しない。
2台のPCに載っていたメモリを1台のPCに集めて、4GBとした。

今日はとりあえずここまで。

2018年11月24日 (土)

スマホ忘れた

土曜日だが今日は名古屋で仕事があった。
嫁が作った朝食を食べて家を出た。嫁が作った朝飯を食べるのはおそらく今年初めてだ。今思うと、これがまずかった。いや、味のことじゃなくて。
おそらくこれでペースが狂ったのだろう。
土曜日ということで、駅までの道も、電車もガラガラ。座席に座って、スマホを家に忘れたことに気付いた。
スマホを忘れるなんて、おそらく人生初である。まあ、スマホがなくても一日くらいなんとかなるだろう。
そう思って職場に着いたのだが、いざ仕事を始めようとしたら、何もできない。
まず仕事で使っているSlackにログインできない。URLがわからない。
こんなこともあろうかと、webメールにメモがある。
…と思ったら、職場のPCのセキュリティポリシーが変わったらしく、職場PCからwebメールにログインできなくなっていた。
SlackにURLを問い合わせても、確認メールはwebメールやスマホに届く。これはダメだ。

昼休み、職場をダッシュで飛び出し、途中にある公衆電話から嫁に電話をかけた。嫁のケータイの番号だってわからない。自宅に電話をかけて、駅に停めた車にスマホを放り込んでおくよう頼んだ。
こうすれば自宅と駅を往復する40分が節約できる。
この日は電車の遅延があり、往復2時間もかけてスマホを回収した。

2018年11月18日 (日)

カスイプ

Skypeを仕事に使っていたことがあるが、やたらとアップデートが多くてウンザリ。
急ぎの仕事だからチャットのようなツールを使っているのに、突然、アップデートを強要するのがゴミ。
アップデートしないと使えないのがカス。
SkypeがMicrosoftに買収されてからというもの、SkypeはWindowsの一機能のように振る舞っている。
実行ファイルが新バージョンのインストーラに置換されたり、Microsoftアカウントを強要されたりする。
しかたなくアカウントを切り替えると、ブロックしたはずのアカウントが復活している。
しかもどうして友達リストに大量のイラン人が並んでいるのだ。
消したはずの古いログも復活している。
それらをSkypeが保持しているのは予想していたが、Microsoftが譲り受けてまた送り付けてくるとは。

どうすれば快適に使えるか調べていたところ、Skypeにはアンインストールという機能があることがわかった。
こんな便利な機能があるなら、最初から自動的にやってくれればいいのに。
Skypeには欠かせない機能の一つだ。

2018年11月 9日 (金)

わざとバグ

PCを納品した方から電話があった。Windowsにちょっとした不具合が起きているという。
Windows10では、ファイルをダブルクリックすると、対応するソフトが起動するようになっている。
ところが、何をクリックしてもMicrosoftのツールがやる気満々で起動してくるようになったとのこと。
どうやらWindowsの関連付けがイカレたらしい。

3日ほど前くらいにWindowsのアップデートがあったのだが、それに不具合があって問題が起きているようだ。
修正するためには、レジストリをいじらねばならない。WordやExcelといった、Microsoft製のソフトには問題が起こっていない。他社製のソフトだけで不具合が起こる。
Microsoftにとっては、えらく都合の良い不具合だな。わざとやっているのだろうか。

2018年10月 9日 (火)

エンベロープ希望

STM32F401にPSG音源を接続し、3重和音で曲を演奏するところまで作った。

与えられたMMLをリアルタイムに演奏すると処理が重くなるため、演奏前にMMLを演奏しやすいバイナリデータに変換し、それを演奏するようにした。これだとデータも見やすいし、処理も軽い。

ここで使ったPSG音源は、LPC810というマイコンに、Sound-Cortexというファームを書き込んだものだ。
Sound-Cortexは、YAMAHAのPSGでおなじみのエンベロープに対応していないようだ。

矩形波と呼ばれるピコピコしたゲームっぽい音は得意だが、安っぽいピアノ音のような音が出せない。ピンポン♪といったチャイムかピアノ音が出せると助かるのだが。
いや、もしかしたら実装しているけど秘密にしているのかもしれない。一応、試した方がいいのかな。

結果→あとで書く

Sound-Cortexは、SCC(※1)モードを備えているから、そっちで演奏すべきなのか。使ったことないんだよなあ。

※1. SCCは波形メモリ音源の一つ。コナミというソフト会社が開発し、自社から発売されるMSX用のゲームカセットに内蔵されていた。ぶ厚い独特の音が特徴的だった。
パソコン誌に解析結果が掲載され、ユーザの自作プログラムからも利用されていたようだ。

2018年8月22日 (水)

Win10はタダ

室内を徘徊できる程度に回復したので、仕事再開。DELL OptiPlex7010にWindows10をインストールした。
Windows10への無償アップグレード期間は、2016年7月に終了したが、その後も再開と終了を繰り返している。2018年の冬はダメだったが、2018年の夏は無償アップグレードが可能となっている。
最新のWindows10はMicrosoftからダウンロードできる。
まずはWindows10のインストールメディアを作ろう。USBがオススメ。

DELLの「ビジネス」PCは、おそらくどの機種でも付属DVDからWindows7/8/8.1が再インストール可能となっている。
付属DVD1枚で、すべてのPCにインストール可。DELLのPCは、プロダクトIDが本体に貼ってある。
その状態からWondows10にアップグレードすれば、この夏はWindows10がタダということになる。

さっそくWindows7をインストール。今回は実験的にPRO-32bitのDVDを使った。
Windows10インストール前にはプロダクトIDの入力を要求されるが、アップグレードならスキップできる。Windows10のそれは持っていない。
古いファイルシステムは残さない設定でインストールを終わったら、Windows10は認証されていない状態になっていた。
プロダクトキーの変更を選択して、PC本体に張ってある(Windows7の)プロダクトIDを入力したら認証された。
あれ…今なら、最初にWindows7をインストールする作業は不要だったのか?
残念ながら確認する方法はない。一度でもWindows10のライセンス認証を受けると、そのPCは再インストールしても、ライセンス認証されているからだ。

Windows7には32bitと64bit版が存在するが、Windows10は勝手に64bit版になる。

2018年8月 4日 (土)

田舎のスマホ

地元でスマホを探したが希望の機種がない。一世代前の機種は在庫がなく、在庫があっても色がイマイチ。
最新機種を実質○円とか言って買わせようとしているのか。まったく田舎はこれだから…。
最新機種だと、1,500円(以上)×24カ月=36,000円以上の出費となる。

そんなわけで、名古屋にスマホを買いに行った。
一世代前の機種もたくさん並んでいるし、希望の機種、色も選択できた。500円×24カ月=12,000円ほど。

見習いという名札をかけた店員が対応してくれたのだが、地元の大手電気店やドコモショップとは、あまりにも能力が違いすぎて笑ってしまう。
パスワードを勝手に入力ミスして、自店舗で設定できなくするような店員なんていない。
不要なサービスを説明しながら解除してくれるし、スマホの支払い代金は元より安くなった。

ところで、購入したのはXperiaだったが、ボケモンGOが、GPSを探したまま沈黙。
XPeriaは消費電力を抑えるため、GPSの受信を制限しているらしい。
ポケGOは、それらを解除してやらないとまともに動作しないようだ。
家に帰ってOSを最新にアップデートし、GPSの設定をしたら無事にポケGOが動作するようになった。

▽あとで写真

スマホの色を見て、プラ容器に入れた時のウナギの色に似ていると思った。

2018年5月27日 (日)

先日のインターネット

先日の客は、まだインターネットに接続できていない。
どうやらPCも怪しいということになり、Windows10をクリーンインストールした。
今日はそのPCを使ってインターネットの接続に再挑戦する予定だったが、客が持参するはずだったルータは、箱だけで中身は空っぽ。
代わりにピザの箱を抱えて来たのは悪くない。我が家では何の設定もできず、みんなでピザを食べて解散。

帰宅後、電話で説明しながらインターネットの設定を行なった。
Windows10なPCを有線LANでルータに接続し、ルータにユーザIDとパスワードを設定した。有線は間違いが少なくていい。ようやくインターネットに接続することができた。
続いてWiFiでの接続。LANケーブルを抜いて、インターネットに接続…これも、無事にできた。

残るはスマホの設定だが、これはさすがに電話しながら設定することはできない。独りでがんばっていただきたい。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック