パソコン・インターネット

2019年4月15日 (月)

ココログ直った

不具合だらけのココログがずいぶんマシになっている。
プライベートモードのFirefoxでログインできるようになったのは助かる。
まだたくさんの不具合があるようだが、使えないことはない。
書きためた記事を一気に投稿した。

 

 

 

2019年3月29日 (金)

ココログがひどい

ココログがリニューアルしてから一か月近くたつが、今もココログは不具合だらけだ。
旧ココログのエディタは、もともと多くのバグを抱えていた。しかし長年ココログを使ってくると、特別な手順でそのバグを回避することができた。
今回のリニューアルによって、回避する方法がわからない。
早く新しい環境に慣れたいところだが、バグではどうしようもない。

ココログの古い記事も消えてしまったように見えるが、サーバにはデータが残っていて、手順次第では見ることができるようだ。
ココログを備忘録として利用していたのに、3年前のことも参照できないとは。
早く復旧してほしい。
不具合についてこちらで確認できる。

 

2019年3月25日 (月)

ココログ不具合

天気が悪いのでブログを更新と思ったが、今日もココログはコケたままだ。いつになったら直るのか。
トップページからたどればログインできることがあるという情報があったので試してみた。
なるほど、これならログインできる。なんとかブログの更新もできそうだ。

ログインにかかわる不具合は、ブログシステムのリニューアルによるものらしい。
改行の処理が変わったようで過去のブログの表示が乱れている。
たとえば、今まで私は写真の上下に改行を入れ、余白を作っていたが、それがなくなっている。
スタイルシート(ブログ設定だと写真の余白)でやれということらしい。
記事を直してもいいが、ココログ側の処理が変われば、また表示が乱れてしまう。

2019年3月 6日 (水)

パソコン納品

中古PCの注文があった。娘にノートPCを取られたので、急遽、パソコンを手配して欲しいとのこと。
会社で指定された確定申告のソフトを使って申告をしなくてはならないそうだ。
ノートPCが希望だったが、うちはノートPCのジャンクは扱っていない。
自分で新品を買うか、うちのデスクトップとどちらがいいか。
デスクトップなら今すぐにでも渡せるわけで、納期と価格は破壊的である。
夜、パソコンを買いに来た。
定番になりつつあるDELL Optiplex7010を納品した。スペックはOS=Windows10, CPU=i5, MEM=4GB, HDD=500GB, OPT=DVD/Multiである。
その場で確定申告用のソフトをインストールし、過去のデータを開いて編集するところまで確認した。
引き揚げ品のキーボード、マウス、17'LCD付きで21,600円である。

2019年2月19日 (火)

USBに異物

昨日からずっとPCのセットアップを続けている。
中古PCはすべてOptiplex7010だが、USBポートに異物が入っているPCがあった。
Optiplex7010の背面には、USB2.0×4、USB3.0×2ポートがあるのだが、このうちのいくつかが埋まっていた。
USB3.0ポートは全滅である。※写真では1個抜いてある。
▽あとで写真
USB3.0に接続してはいけないものがあるとか、データ流出を防ぐ目的だろうか。
素手では抜けないが、治具を作れば簡単に抜ける。中に入っていた部品と、作った治具がこれ。
▽あとで写真
写真の向きに治具を挿し込んで、90度ひねって引き抜く仕組みだ。
それからPCIeスロットにパラレルポートが増設されていた。
以前はプリンタなどを接続したものだが、今はほとんど使われていない。アプリの(コピープロテクト用)ドングルを挿すのに使ったのかもしれない。
これも抜いてしまおうと思ったが、LowProfileのブラケットがない。
空きスロットができるのはカッコ悪いので、無視してセットアップを続けよう。

2019年2月11日 (月)

名前が出てる

C/C++を使ったツールを開発するために、VisualC/C++を愛用している。
Visual Studio Community 2017なら無償で使えるのがいい。

だが最近になって深刻な欠点が発覚した。こいつは右上にユーザの名前を表示することがある。
ワークショップで使う資料に、VisualStudioのキャプ画を入れると、そこにひっそりと自分の名前が入ってしまう。Microsoftはバカなのか。
最近の仕事を見ると、自分の名前が入っている。すべてキャプ画から作り直さねばならない。

2019年2月 5日 (火)

ジャンクPC買った

年度が変わるこの時期はジャンクPCがもっとも多く出回る時期だ。在庫が多ければ値段も安くなる。
そんなわけで今年もジャンクPCを5台購入した。
事業所から引き揚げられたPCは廃棄処分されることになっているが、たいていはジャンクPCとして流通する。
パソコンには重要なデータが残っていることがあるため、そのままリサイクルされることはない。
記憶装置であるHDD(ハードディスク)は、抜き取ってドリルで穴を開け、証拠写真を撮影して依頼主に提出する。
HDDを抜かれたパソコンは、そのままではパソコンとして使えない。また、キーボードやマウス、電源ケーブルなども、かさばるので廃棄処分されることが多い。
今回購入したのは、DELL Optiplex7010。価格は送料込み5台で3.5万円ほど。
スペックは、CPU=i5, MEM=4GB, HDD=なし, OPT=DVD/Multiである。

2019年1月25日 (金)

脱税アマゾン

使っていたマウスのホイール操作にどうもなじめない。思っている動きと少しズレる。
よく観察すると、このマウスはホイールを回した後、回し終わった後に反動があり、ほんの少し戻っていることがわかった。
すぐに別のマウスに交換したが、このバカマウスはどうしてくれよう。
某電波時計と同様、外に出て石垣に投げて壊そうと思ったが、雪がちらついて寒かったので何もせず戻って来た。
とりあえず、新しいマウスをいくつか買っておこう。私はアマゾンで下見をして、ヨドバシカメラで買うのが定番だ。

アマゾンは日本で商売をしているが、日本に税金をほとんど納めていない。
2009年に、東京国税局がアマゾンに対して140億円前後の追徴課税処分を課したというニュースがあった。じつはそれさえも払っていない。
処分に対してアマゾンが不服申立をして、日米の二国間協議となり、日米租税条約によって国税局が敗訴しているのだ。
よって以後もずっと「利益は米国のもの」と解釈されている。納税額は楽天のわずか1/30である。
まあ、日本は敗戦国だから仕方がない。

というわけで、ヨドバシカメラでLogicoolのマウスを6個とキーボードを2枚注文した。

2019年1月 8日 (火)

GoogleとYouTubeしか

年末に停電というか瞬断があって、それからインターネットがおかしい。
GoogleとYouTubeしか接続できないのだ。
この症状はわりとある。この二つは、共にIPv6に対応したwebサイトだ。一般的なwebサイトはIPv4にしか対応していない。おそらくIPv6に対応したfecebookやQiitaなども接続できるはず。

フレッツ光の光モデムはIPv6ならユーザ認証なしで接続できる。
うちは無線ルータにユーザ認証させていたから、無線ルータが壊れて接続できなくなったのだろう。

調べものはQiitaとGoogleのキャッシュでしのいでいたので、仕事はなんとかなっていたが、今日、新しい無線ルータが届いたので無事に復旧した。

2018年12月26日 (水)

パソコン修理

今日もパソコンの修理依頼があった。作業をしながら話を聞くと、先日、操作ミス(笑)でインド人のサイトに誘導され、6万円を支払ったとのこと。
本人も詐欺だという自覚はあるようで、ケータイとクレカの番号は全部変えたそうだ。
買ってから1年もたっていないし、メモリだって8GBもあるのに驚くほど遅い。
パソコンに何かが仕込まれている可能性がある。自宅に持ち帰って、Windows10を再インストールすることにした。

この人は私と同じようにメカ作りが趣味らしい。パソコンは得意ではないが、CADでメカを設計して作ることはできる。
私のようなチマチマとした電子回路ではなく、エンジンを載せた乗用のメカだ。
子供を乗せて道路を走っているのを見たことがある。田舎なので道交法なんて気にしない。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック