園芸

果樹、野菜、花

2020年4月10日 (金)

育苗ポット作り

そろそろ夏野菜の苗を作らねばならない。75mmポリポットに土を入れて育苗用のポットを作った。
15個×6パレット分のポットを作ったが、トウモロコシとキュウリとブロッコリをまいたので、残りはたったの3パレット。
タネをまいたパレットはビニールを張って保温した。

生のピスタチオがあったので、これもまいてみたが、きっと発芽しないだろう。
うちのピスタチオは1mほどに育っているが、たった1本しか残ってないんだよなあ…。
ピスタチオは雌雄異株なので実はならない。

 

2020年4月 9日 (木)

ビカス畑

先日の溝役で、水路の横に土砂が揚げてある。さっそくいただこう。一輪車で5杯ほどもらってきて、湿地畑に入れた。
湿地畑は水田だから土は粘土質。水路から揚げた砂を混ぜるとちょうどいい。
道路からよく見える場所を選んで盛り土をした。

ここに鉢で育てていたタイタンビカス2本を湿地畑に定植した。

▽あとで写真

品種は西がフレア、東がプレアデスだ。
うちの畑では例年、オクラやキュウリの根に線虫が寄生してこぶができる。
タイタンビカスはオクラと同じ仲間だし、宿根性で何年もその場所に居座る。だから畑に植えるわけにはいかないのだ。
そういえば、タイタンビカスの花は食べられるらしい。
https://www.nippon.com/ja/news/p00330/
オクラの花を食べるくらいだから、そりゃ食べられないことはないと思う。

 

2020年4月 1日 (水)

畑ログ2020年4月

w. イチジク│三重なばな──────┼山芋(治田芋)──────────
x. コンクリート板──────────────────────────
f. ────────│スイセンPW──┼イチョウ────────────
e. 空き─────│治田芋(越冬中)─┼ネギ(坊主不知)─────────
d. 空き──────────────┼空き──────────────
c. 里芋(越冬中)──────────┼BB/Natchez──│ラッキョウ───
b. 空き──────────────┼空き──────────────
a. BB/Natchez───│ニラ─────┼オニユリ───│空き──────
9. 空き─────────┼水仙旧ラ│水仙CM─────────────
8. サヤエンドウ───────│ウコ┼空き──────────────
7. 空き──────────────┼空き──────────────
6. ヒオウギ────│空き─────┼BB/Natchez───────────
5. フキ/IK2────│イボタ│イチゴ┼ニラ─────│アマドコロ───┼ブルーベリー(G)
4. BB/Natchez─│クリ(JCF2)│ピスタ┼空き─────ネギ(坊主不知)──
3. ブルーベリー(BBCCGGG.BB)────┼ジャガイモ(シェリー)│ヤタイヤシ┼ブルーベリー(PPPDD)
2. ブルーベリー(OOBOOB)──────┼ブルーベリー(OCSIDx)──────┼ブルーベリー(IISV?G)
1. ブルーベリー(LLLSSS)──────┼ブルーベリー(CCCCCx)──────┼ブルーベリー(DDOOFFR)
x. 通路───────────────────────────────┼ 
0. BB(Navaho)─│フキAW───────────────│シラン│アヤメ┼

2020年3月29日 (日)

春ゆたか

キャバクラ畑で親の畑仕事の手伝い。
大根のタネをまいてやった。品種は春ゆたか(=天宝)だ。
これは地元のスーパーで買ってきたアタリヤのタネだが、天宝はいろんな名前で販売されている。
サカタのタネだと、[春どり]あまうま大根という名になっている。

大根を植える場所は、年寄りが耕していた畑なので耕土が浅い
よく耕してから高い畝を作ってタネをまいたが、土を深く耕したので小石がたくさん出てきた。去年埋めた腐植質もまだ残っている。
とりあえず緩効性の化学肥料だけすき込んで畝を立てたが、まっすぐな大根は採れないかも。

 

2020年3月23日 (月)

BB移植祭り

鉢いっぱいに根が回ったブルーベリーを畑に植え替えた。
まずは我が家の庭の片隅にChandler(NH)を植えた。記録によると2010年にHomebell(RE)に接ぎ木した株のようだ。
階段を挟んで反対側には、1.5mほどに育ったSpartan(NH)が植えてある。
大粒品種の早生品種が阿吽像のように生えているので、それはそれで悪くないかな。
2m級のPowderblue(RE)がかなりジャマだな。

続いて畑にBiloxi(SH)を植えた。2011年にBlueshower(RE)に接ぎ木したものだ。
当時、Blueshowerは自分で苗を作っておらず、市販の298円の苗木に接ぎ木したようだ。地中に生長点が残っているので、そこからサッカーが伸びて植木鉢を1.5周していた。
サッカーを3本ほどに分割して、畑に埋めてみたが育つだろうか。
サッカーから苗を作るのは効率が悪い。株分けするように土ごと分割すれば育つが、細根しかついていないとたいてい枯れる。台木に使おうにも生長点が多いからサッカーが出やすい。
ありゃ、だったら畑に埋めて何に使うんだって話だな。

Georgiagem(SH)も畑に下ろした。インパルスの弱った接ぎ木苗が処分価格700円だったかな。入手は2011年となっている。

あと1本、BB畑に何かを植えたのだがよく覚えていない。

2020年3月22日 (日)

Gloria植え替え

先日、2m間隔にした1.5m級のGloria(RE)だが、空から見ると、ちょっと列が乱れている。
GoogleEarthで畑を見た時にカッコ悪いので、結局、植え替えることにした。
大株なので、嫁と二人がかりでなんとか移動させた。
植え替えで根が傷んだので、強い剪定をして、花芽はすべて摘み取った。

植え替える場所は湿地畑。湿地畑は土地が低いので、少しでも水はけがよくなるように植えなくてはならない。
植穴を掘らずに、土をちょっと削っただけ。そこに株を置いて土を寄せて植え込んだ。

▽あとで写真

ちょっとした小山になっていて、まだ土が足りない感じだ。梅雨明けまでにもっと土を増やさないと、真夏の乾燥には耐えられない。
この方法でブルーベリーが植えられるなら、湿地畑にいくらでもブルーベリーを植えられるのだが。

それにしても大株の移動は大変だった。
湿地畑は借りている畑だから、いつかは返さなくてはならない。ブルーベリーをキャバクラ畑に植え替えるのは大変そうだ。
この畑を買ってしまえば済む話だが、農地法というアホな法律があって買うことはできない。

 

2020年3月15日 (日)

ジャガイモ植えた

コメリに新しい鍬を買いに行った。探しているのは浅香工業の豊穣という平鍬。当地限定の北勢型ってやつだ。
目的の鍬はすぐに見つかったが当たりが悪い。柄が少し左に曲がっているのだ。
右利きの人には使いやすいが、左右均等に使う私にはちょっと都合が悪い。今日はパスだ。

キャバクラ畑にジャガイモのシェリーを1列半、14+7個を植えた。先日と同じで時期も遅いし、食べ残しを植えているだけ。(memo:E0,E1)
ここは表面に黒ボク土を入れたやや酸性の土地だ。イチジクが植わっているが伐採予定となっている。
ジャガイモを収穫した後、ここにピートモスを入れてブルーベリーを植える予定だ。

 

2020年3月12日 (木)

ジャガイモ植えた

ジャガイモのシェリーを1列14個を植えた。時期も遅いし、食べ残しを植えただけなので、収穫できればラッキーということで。
ジャガイモは酸性の土を好むので、ブルーベリーの畝の隣に植えた。

アマドコロとギボウシに刈り草を敷いた。どちらも斑入りの園芸品種だが、うちでは食用となっている。
刈り草を敷くと、茎が長く伸びて品質が良くなるというか、分厚い刈り草がないと食べる気が起こらない。

逆さにしたプランターを載せて軟白栽培したものを食べ尽くす方法も悪くない。アマドコロとギボウシは、食べ尽くしてもちゃんと新しい芽が出て復活するそうだ。
うちは食べるのを忘れることがよくあるので、軟白栽培はしないようにしている。

 

2020年3月 9日 (月)

BB里子×2

近所に住む後輩が、ランニングの途中(※1)、うちの庭を見学にやって来た。
先日、うちにあった1.5mのGloria(RE)を植えたばかりで、今度は鉢植えに挑戦したいそうだ。
金魚→メダカ→スイレン→水草→ブルーベリーである。順調にハマりつつある。
いったん家に帰って車で苗を引き取りに来た。

8号鉢のBiloxi(SH)と5号鉢のCooper(SH)を引き取ってもらった。
いずれも鉢が根でいっぱいになっている株で、自分で植え替えるのも面倒だし、まさに渡りに船である。
空の10号鉢も一緒にあげるから、植え替えはそっちでやっていただきたい。
BiloxiはSharpblue(SH)と同じで、収穫期間がやたら長いという特徴がある。鉢植えであればイチオシ品種の一つである。枝葉が全体的に黄色っぽく、樹形はやや開帳性でしだれるように実が着く。果柄痕が鳩目のようになって収穫期が判断しやすい。
Cooperは初夏の美しい枝葉のコントラストが美しい。夏場になぜか葉に斑点が出るのことも判別の手がかりとなる。
こいつらは名札を紛失しても安心。

※1. 私は彼が歩いている姿しか見たことがない。

 

2020年2月27日 (木)

ウドの苗

スーパーでウドの芽を買って来た。処分価格100円である。

▽あとで写真

野生のウドよりも、業者が栽培しているウドの方がきっとよい品種だろう。どうせ育てるなそんな品種がいい。わざわざ取り寄せるつもりはないが、茎を食べて残ったこの部分を植えたら苗ができるかもしれない。

▽あとで写真

何年か前にこうやってミツバを植えたことがある。
ブルーベリーの木の下に植えたらよく育って、必要な時に収穫している。
ただし一年中花が咲くし、密生して扱いにくい感じだ。水耕栽培には適しているのかもしれないが、地植えには向いてないのかもしれない。

※ウドは枯れました(5月22日追記)

 

より以前の記事一覧