園芸

果樹、野菜、花

2018年5月13日 (日)

タネまき

深夜の食卓で、チンゲンサイ第2陣、トウモロコシ第2陣のタネをまいた。
バジルも古いタネがあったのでまいてみた。

畑のホウレンソウ第2陣が、豪雨のせいでボロボロになっていた。欠株が多いので、芽がない場所にタネをまき足したが、天気予報を見るとダメっぽい。

2018年5月12日 (土)

花ひろば

明日は母の日だ。母に花を…という言い訳があるので、今日は堂々と花ひろばに出かけた。
母には、アルストロメリア(の苗)と園芸用土×5袋を贈ることにした。
私は特に欲しいものがあるわけでもなく、嫁が気に入ったガサニア×2を買っただけだが。

ところで、売り場にこんな鉢花が並んでいた。

▽あとで写真

特定外来生物として栽培が禁止されているオオキンケイギクの友達である。これはセーフなのか。
稔性が失われているなら構わないが。

2018年5月11日 (金)

タネまき

深夜の食卓で、カボチャ(栗みやこ)、オクラ(ガリバー)、シシトウ(伏見甘長)のタネをまいた。

2018年5月 8日 (火)

きゃらぶき目前

徹夜できゃらぶきを煮た。大きな鍋より小さな鍋を複数使って煮た方が作業が楽だ。
今夜は時間がないので、フキの煮付けとして食べられるように味付けした。

今日は朝イチから名古屋で仕事がある。明け方にいったん終了。

2018年5月 7日 (月)

カリブラコアの花がら

越冬したカリブラコアを植え替えた。サントリーが育種したミリオンベルのレッドとオレンジ。
ナス科の植物は土を変えると調子が上がる。越冬した株は鉢から抜いて新しい土で植え戻せば、毎年、大きくなる。
カリブラコアは高pHを嫌うので、ブルーベリーのようなピートモスを混ぜた用土が適している。いつも通り5号鉢で育てて、大きくなったら8号鉢に植え替える予定だ。

大手メーカーが育種したサフィニアやカリブラコアは不稔性で、種子ができないから花摘み不要らしい。
たとえばサントリーの系統(=ミリオンベル)は、品種ラベルにわざわざ「花がら摘み不要」と書いてある。

他社のカリブラコアはどうだろう。
うちで育てているレモンスライスやホーリーモーリーは、米国のProvenWinnersが育種した系統(=スーパーベル)らしい。動画で確認してみよう。

…なるほど(=英語なのでわからない)。
ラベルにはもちろん、育種元の英語の文献にも、花がら摘みのことは書いてない。

育種によって三倍体になっていればタネはできないし、カリブラコアには、Male Sterility(雄性不稔)の系統も存在する。
ただし弱小メーカーのカリブラコアは、花粉を持つ品種が多い。そういった品種があればタネができるかもしれない。
カリブラコアは、個人でタネを採って育種するのも簡単。

2018年5月 5日 (土)

フキの下処理

昨日収穫したフキを徹夜で加工する。洗って、ゆでて、皮をむき、4-5cmの長さに切って、また水に浸ける。

Fukicut

皮をむいて刻むと、アク抜きが速い。あまりアクを抜きすぎるとフキの風味がなくなるので注意したい。
フキの皮をむいていた手は、フキのアクでひどい色をしている。

ホウレンソウ(品種=リード)をすべて収穫した。

Spinachcrop1805

最後まで売り物にできるほどのホウレンソウだった。
ゆでたものをパックし、ツノ丸が持ち帰ることになった。
下宿に着いたら、すぐに冷凍庫に入れ、一か月ほどで食べ切る予定だ。

2018年5月 4日 (金)

フキ収穫2018

畑のフキが立派に育っている。そろそろきゃらぶきを作らねばらない。家栽培したフキは、GWまでに収穫しないと固くなる。
畑のフキは、去年よりさらに広がっていて、これをすべてきゃらぶきに加工するとなると、かなりの労力がかかりそうだ。

そんなわけで、フキをすべて収穫した。今夜、なんとか下処理だけでも済ませたい。
残った株を除草し、肥料をまいた。フキの新芽にアブラムシがいるので、後日、ジョウロで砂を洗い落してから農薬をかける予定。

ところで、世の中にはきゃらぶきのレシピがたくさんある。しかし、それを信用するのは危険だ。

  • 市販のフキはアクが少ない。
  • 早春のフキは柔らかい。
  • 市販のフキは柔らかい。

そういうのを真に受けて作ると、硬くておいしくないきゃらぶきになってしまう。

2018年5月 2日 (水)

夏野菜

親を病院に連れて行き、その帰りにコメリに寄って夏野菜の苗を買うことに。
ナス(千両2号)×5、キュウリ(四葉)×6、ピーマン(京みどり)×3、トマト(ぜいたくトマト)×4、日本カボチャ×1、スイカ(小玉黄)×3。
あとは半額になっていた花苗のビーダンスと、カボチャ(栗みやこ)のタネを買った。
ハウスから出荷されたばかりの苗が多いので、、二日ほど風の当たらない場所で外気に慣れさせる。

Summervegetable2018

カボチャは収穫が早く、貯蔵できない日本カボチャは苗から育てる。
貯蔵用の西洋カボチャやパターナッツカボチャは6月くらいにタネをまいて苗を作る。ブロッコリーやチンゲンサイ、トウモロコシの苗なんかも自家製。

Broccoliseedling Basilseedling

妹が家に来て、畑からホウレンソウとニラとサヤエンドウとフキを収穫していった。
ホウレンソウ(品種=リード)の芽を観察すると、花芽を持っていた。あと半月もすれば抽苔するようだ。

2018年5月 1日 (火)

畑ログ2018年5月

x. イチジク│サトイモ(伊予美人)──────────│空き──────
f. 未使用│スイセン (Galilee)───┼イチョウ────────────
e. スイセン(FR/IF│Camelot)────┼ヤマイモ(治田芋)のムカゴ────
d. サヤエンドウ──────│イチゴ┼ホウレン(ST)─│ヤマイモ(治田芋)
c. ────────│里芋(伊予美人)┼BB(Nat.)───│ホウレン(リード)
b. ────────│ブロッコリ──┼ニラ│スイセン(不明)──────
a. 空き────│ニラ───────┼スイセン│シシトウ(伏見)│トマト
9. ネギ(坊主不知)─────│ウコギ┼空き────────────空き
8. サトイモ(伊予美人)───────┼ジャガイモ(シェリー)──────
7. フキ (IK2)──────│ネギ(SH)┼スイートコーン(ゴールドラッシュ)
6. 空き──│フキ (IK2)│ネギ(SH)─┼ジャガイモ(シェリー)│ニラ───
5. 空き───│雑木│イボタ│イチゴ┼ニラ────│アマドコロ────
4. BB (Natchez)│クリ(JCF2)│ピスタ┼ジャガイモ(シェリー)──────
3. BB (Natchez)──│オニユリ───┼イチゴ─────│空き─────
2. BB×5(FFFFF)─────│ニラ──┼ピートモス───│BB×5(CDCDC)─
1. フキ(愛知早生)│マルメロ(かおり)┼BB×20(ラビットアイ系)───│FR
0. BB(Navaho)───────│花菖蒲┼ニラ──────│シラン│アヤメ

2018年4月30日 (月)

ホウレンソウ第2陣

ホウレンソウの第2陣のタネをまいた。品種はサマートップである。
条間20cm、2-3cm間隔で1粒ずつすじまき。
適当にすじまきする人がいるが、間引きする手間がかかるし、間引きによって隣の苗を傷つけてしまうからやめた方がいい。

第1陣のホウレンソウ(品種=リード)を収穫した。今がちょうど最盛期である。

Spinachcrop

ホウレンソウは収穫が始まったあたりに次のタネをまかないと、収穫できない期間ができる。今からタネをまいていたのでは遅い。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック