お仕事

2017年4月23日 (日)

トイレ工事

去年の暮れから、トイレの改修工事をしている。
ウォシュレットの交換、コンセントの修理(違法w)、そして今日はトイレットペーパーホルダーの交換である。
スマホを持ったままトイレに入ると、スマホを置く場所がない。そんなわけでこれを買った。

TOTO 二連紙巻器 棚付き(木質) 樹脂製 ミルベージュ

近くのホームセンターで実物を確認し、使い勝手を確認してから買った。
ネット通販だと1,000円近く安く手に入るのだが、実物に触れることは重要だし、今回は展示代を払ったと考えている。

うちのトイレの壁はタイル張りである。ネジを打ち込むのは難しい。
タイル張りの壁に穴を開け、そこに樹脂製のビットを打ち込み、そこにネジ留めしなくてはならない。

Tilebit

電動ドリルは持っているが、コンクリート用の刃は持っていない。
今まで電動ドリルはシイタケの菌打ちにしか使っていない。コンクリート用の刃を買ってきた。
壁の裏に余裕がない場所がある。付属のネジは長いので、少し短い(M4×30)鍋タッピングネジを買った。
もちろんサイズが合った樹脂ビットを買った。

それから、普通のドライバーでの作業は厳しいとみて、ラチェット付きのプラスドライバーを買ってきた。
我が家において、こういった工具は自腹を切って購入するのが普通である。
今回は自宅の補修なので、堂々と贅沢な工具を買ってもらえる。ドライバー1本が1,000円以上。自腹なら躊躇する金額だ。
そうでもなければ、こんな工事なんて自分でしない。

2017年4月10日 (月)

虫の知らせ

虫の知らせというか、何か嫌な予感がしたので職場に電話をかけてみた。

私「次の仕事はいつ始まるんですかね」
上司「今連絡しようと思っていたところです。調べるので、ちょっと待ってくださいね。」
私「はい…今連絡しようと思っていたのなら、どうして調べる必要があるんだろう。
上司「えーと、明後日です。」

危ないところだった。
たぶん明日「突然で申し訳ないのですが、明日から仕事です」という連絡をよこすつもりだったに違いない。
過去には「今日から仕事なんですけど、どうなってますかね」ということもあったくらいだし。

今回の仕事はAndroidやTRONといった私的に初物の仕事だ。
それなりに予習しているから、いつ仕事が始まっても大丈夫だが、さすがに出社しなきゃ仕事できないからねえ。

2017年2月28日 (火)

進級

ウズ丸はどこかでバイト中。
仕事中に、そのウズ丸からメールが届いた。どうやら無事に進級できたようだ。

2017年2月24日 (金)

ラズパイでTRON

RaspberryPi3でもTRONが動作するらしい。
前にも書いたが、正しくはTOPPERS/ASPが動作すると書かねばならないようだが、まあ、長いからTRONでいい。

私が作るガラクタには、RaspberryPiは大きすぎるかな。高性能も持て余すし、ボードも大きくて高価。
STM32F401よりユーザが多いから、みんなでTRONの開発をするにはいいのかな。そんなシチュエーションがイマイチ思い浮かばないけど。

2017年2月23日 (木)

TRON

この日は朝から夜までずっとTRONいじり。
昨年までTRONは、M16Cなマイコンボードで動かしていたのだが、M16Cなマイコンボードはディスコン寸前である。
後継となるマイコンボードを物色しているのだが、ルネサス系は高価なので他の選択肢を探している。
中部地区ではTRONの仕事が多いため、TRONは避けて通れない。

TRONというのはトロンと読む。プロジェクトを指す言葉らしいが、まあ、OSの一つだと思っておけばいい。
気になる人は本家を参照していただきたい。
今日は手持ちのマイコンボードSTM32F401上にTOPPERS/ASPカーネルを動かして、その上でテスト回路を動かした。
スイッチと外付けLEDを接続し、点滅速度を制御するコードを書いた。

今年の秋から本格的に使う予定で、今はまだポケGO下調べ中である。

Nucleoシリーズのマイコンボードは、作りが雑だが、安くてとんでもなく高性能だ。
STM32F401は、Arduinoと同じピン配置で、Arduinoのシールドをそのまま流用できるらしいが、個人的には何のメリットも感じない。
TRONを使わない場合は、ArduinoNanoに似たSTM32F303あたりが使いやすいと思う。

2017年2月15日 (水)

タブレットPCが必要

上司が困った顔をしてやって来た。

上司「次の仕事なんですけど、Androidはいけます?」
私「やったことないけど、まあ大丈夫」

そういえばAndroidを担当していた同僚が亡くなったんだったな。今年は仕事が多くなりそうだ。
去年はTRONをやっていた同僚が辞めたため、TRONを担当したのだが、それはどうするのだろう。もしかして両方やれってことかな。
とはいえ、これはタブレットPCを買ってもらうチャンスだ。

私「…というわけだ、ポケGOが動くAndroidなタブレット買って」
嫁「好きなやつ買えばいいよ。仕事入ったら返金する」

これは踏み倒されるパターンのやつだ。
じつは開発にはWindowsPCさえあればよくて、ポケGOが動くAndroid実機は必要ないってことがバレているのか?

2017年1月17日 (火)

雪かき通勤

名古屋で仕事である。庭はこんな状況だが、道路は特に問題ない。
駐車場はきっと雪で埋まっているから、助手席に雪かきスコップを乗せて出勤。
案の定、駐車場にはきれいな雪が積もったまま。
駐車場の入口と、自分の駐車場を雪かきをしてから車を停め、電車に乗った。
ふと気付いたら、通勤用のコートではなく、雪かき用の作業着をはおったままだった。まあ今日はしかたがない。
電車の中は長靴の人も多いし、みんな気にしないだろう。

2017年1月 5日 (木)

電気工事士

トイレの電気工事だが、電気工事士の資格を持った人がやらないといけないらしい。
無資格の私がやると違法である。買ってきた部品のパッケージにも、そのように書かれている。
だが私はすでにコンセントを取り外してしまったので、犯罪を犯したことになる。
だったら工事をしてもしなくても犯罪なら、このまま犯行を続けることにする。

▽あとで写真

せっかくなので、電気工事士の資格について調べてみた。
独学だったら、狩猟免許と同じくらいの難易度かな。
たしかに電気工事士の方が難しいのだが、電気工事士の問題は学校で習った内容の延長である。
それに対して、狩猟免許の問題はイチから覚えねばならないことが多い。
いずれも実技試験があるのだが、電気工事士の実技試験はこんな感じらしい。

なかなか楽しそうだ。
どうせ毎年、アトラクションの配線をやっているんだし(※1)、この際、資格を取っておこうかな。
こういった配線は手に入れて予習できるが、狩猟用の罠に触れる機会は少ない。

※1. ここでいう配線は、アトラクションで使うメカの内部のことであって、免許は不要である。

2016年12月29日 (木)

年賀状の印刷

ようやく年賀状の印刷に取り掛かった。
新しいプリンタもあるのだが、プリンタを移動させるのが面倒くさい。部屋にあったEPSON PM-G730という骨董品のプリンタを使うことにした。

このプリンタは古いので、すでにメーカー修理さえできない。ローラーが劣化しており、年賀状をうまく吸いこむことができないが、年賀状を1枚ずつ手で差し込むとなんとか印刷できる。
そのおかげで使用期限が切れたインクが300円以下で買えるからコスパは最高。

朝まで印刷を終えて布団へ。
嫁に年賀状のチェックと、ポストへの投函を頼んだ。

2016年12月28日 (水)

年賀状2017

年賀状を作り始めた。毎年、こんなペースである。もはや焦りもない(笑)。
写真の切り抜きや配置に12時間、それからさらに12時間かけて文章を考えて、ほぼ24時間年賀状である。
ようやくデザインが完成した。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

最近のトラックバック