バスケ

2015年4月26日 (日)

順位戦

地区予選で敗れたので、今日は順位戦。

顧問の先生は、選手に好きにプレイさせて試合は放置状態だった。
スクリーンアウトもしないし、ボールを見ている間にマークしていた相手に走られる。バスケの初心者みたいな試合だった。
こんなひどい内容は、中学以上では見たことがない。
もちろん大敗だった。

県大会への出場は確定しており、順位で対戦相手を選べるわけでもないから、放置しているのかな?
選手の交代もほとんどなく、ウズ丸の出番もなかった。

ところで、試合前の練習で骨折した選手がいたのだが、ベンチの端で放置されていた。
ケガの報告はしたはずだが、傷の確認もしていないようだ。腕がぼこぼこに腫れていて、一目で骨折とわかる。すぐに帰らせて治療すべきだと思うが、なぜ帰らせないのかよくわからない。

2015年4月25日 (土)

名言

地区予選の2戦目(3回戦)は、ウズ丸のPGでスタートした。
5分たって6-9。だが、しばらくして手術明けの正PGに代わった。ウズ丸を引っ込めたということは、そのスタイルが顧問の先生の好みなのか。

ウズ丸がPGの間は6-9、それが1QTを終えて9-22である。その後もPGの足がつったりして、結果的に大敗だった。
その理由を、PGの彼がみんなの前で語っていた。

(ウズ丸の)試合の入り方が悪かったから試合に負けた。

…名言である。

じゃあ、その彼がPGをしていたYAKのミニバスは県大会に出場できたのか。
その彼がPGをしていたYT中学は、公式戦で勝ったことはあったのか。

そんなチームのPGが、試合の入り方だと?

そもそも彼がYT中学のキャプテンになってからというもの、3年生は部活に来ていなかったけど、どうしてなのかわからないのか。
ミニバスでもメンタルで体調を崩したチームメイトがいただろう。
小中高と3連続でチームを崩壊させるつもりか。

病み上がりなのに、無理して出場しなきゃ勝てたと思うけどねえ。みんなにアンケートとったら?

2015年4月18日 (土)

県大会予選2015

今日から県大会予選が始まる。
STCでは、スタメンが二人も欠場したため、いつもと違う戦略で戦うことになった。

初戦の相手はSO高校、聞いたことがない名前だと思ったら以前はNS1高校と名乗っていたらしい。
ウズ丸はスタメンで、PGでプレイすることになった。
だが1QTで37-1もの大量リードしてしまい、スタメンは全員ベンチに下がった。
後半も開始直後はプレイしたが再びベンチ。試合は124-27くらいで勝った。
ウズ丸は15分ほどのプレイで、たぶん18得点。

2015年3月22日 (日)

最後の草バスケ

所属していた草バスケチームは今日で解散することになった。
20年以上も続いていたが、おっさん達は40才を越えて、もう体が動かないという人も多い。参加人数も減ってきた。
私は学生時代に体を動かしていなかったためか、故障も少なくて、むしろ今の方が体が動くのだが。
バスケを始めたのは20代。このチームでほぼ20年。チームそのものはもっと前からあったから、ずいぶん続いたものだ。
今日はその最後の試合である。

1試合目は、おっさんvs中高生の試合。中高生はドライブは得意だが、チームプレイができない奴ばかり。こちらはゾーンで守っているというのに、ゴールに向かってドライブしてくるので、おっさんチームの圧勝だった。

2試合目は、テキトーに混ぜて試合。
こちらは15点ほどのリードを保っていたが、ウズ丸たちにプレスを食らい、1点差まで詰め寄られた。
残り1分で3点リードというところで、私のマークマンがさぼっているのに気付いた。プレスで力尽きていたのかも。これを見て私が一人でドライブ。ミドルシュートで2点を加えて7点差とした。これで勝負あり。

チームで最後のシュートが、きれいなシュートでよかった。

2015年2月22日 (日)

草バスケ

今日は家族そろって草バスケ。
白菜と秋ジャガが余っているので、バスケに来た人に配って処分。
ジャガイモは、サトイモやサツマイモよりも引き取り手が多くて処分しやすい。

我々の世代で始めた草バスケだが、いい加減、おっさん達は体のどこかを故障していおり、体が動かなくなっている。
そんなわけで、20年以上続いてきた草バスケも、そろそろ終わりにしようと考えている。
私は故障もなく元気に動けるのだが、これは私が学生時代にバスケをしていなかったからだろう。高校時代の部活で無理をしていないから、どこも故障していないというわけだ。
まあ、痛風なんだけど。

2014年12月28日 (日)

バスケ納め

今年最後の草バスケ。インフルエンザから復帰したウズ丸も参加。
プレイ中、こぶしの先を強く打った。打った所はたいして痛くもないのだが、少し腫れているのが気になる。
まあプレイに支障はないし、そのままバスケを続けた。
プレイ中も、少しずつ腫れはひどくなる。
家に帰ってもさらに広がっている。まるで手の甲をハチに刺された時のようだ。

ここでようやく気付いた。痛風の発作である。

今回は予備知識があるので大丈夫。とりあえずマッサージはしない。
痛くもないし、かゆくもない。まあほっておけば治るだろう。
バスケはきつい運動だし、汗もかくから、きっと一時的に尿酸値も上がっているのだろう。たくさん水を飲んで尿酸値を下げなければ。

試合中は、自分でも驚くほど走れた。
家に帰ってから、寝転んでいるだけでも足がつる。なんだこれは。水分が足りてないのか。やばいやばい。
ちゃんと水分とります。痛風の神様ごめんなさい。

2014年12月20日 (土)

お別れ会的な

以前、うちの兄弟がお世話になっていた、34Kのお別れ会が開催されるとのこと。
今回は34Kの10周年なので、OBも顔を出すかってことになった。
ツノ丸とウズ丸の兄弟で8年間もお世話になったから、花束か何か贈ろうとということになった。
ちょっと考えたが、切り花はちょっと農学部のプライドが許さないなあ。じゃあ、鉢花だねってことになった。
当初はシンビディウムを買う予定だったが、シンビディウムでかすぎ…。
あきらめてシクラメンにした。

三重県四日市市は、シクラメンの栽培が盛んな土地である。
40年前には、当時、保々地区にあった農業試験場で、シクラメンの試験栽培が行なわれていて、その影響で、シクラメンに特化した花卉生産業者が多い。

で、選んだシクラメンがこれ…と言いたいところだが、写真はない。
栄養繁殖系のアポロという品種を贈ったのだが、我々はシクラメンのように、永年栽培ができない植物には興味がないのであった。

2014年11月 2日 (日)

雨のイチジク

昨日に続いて、徹夜で仕事をしていた。どうせ雨で土いじりもできない。
ウズ丸は朝から県大会へ。家の近くで試合をしていたのだが、雨がひどく、応援には行かなかった。

雨の合間に、畑のイチジクを収穫した。

Figbananestjean

ほとんどが、グリス・ドゥ・セントジーン(Grise de St.Jean)、右にバナーネ(Banane)が三つほど。バナーネはロング・ドゥート(Longue d'aout)と同じ品種らしい。
セントジーン(St. Jean)の葉は蓬莱柿に似ている。果実も似ているような気がするが、同一品種ではないのだろうか。
蓬莱柿は、別の畑に植えてあるため、比較することはできないのだが。

ウズ丸たちのSTCは、1回戦には勝ったものの、2回戦で敗れたそうだ。
まあ、予想していた通りだ。

2014年10月26日 (日)

マヌケ面

ケータイにマヌケ面の写真が送られてきた。ウズ丸の顔だが、前歯がない。
家にいないので詳細は不明だが、部活中にすっ転んで前歯を折ったとのこと。
歯はきちんと水に浸けて歯医者に行ったが、神経もやられていたので、くっけるのは無理らしい。差し歯にするしかない。

骨折は姉弟全員が経験しているが、縫うような傷はウズ丸ばかり。もちろん歯を折ったのもウズ丸だけ。先日11針も縫った私が言うのもなんだが、ケガの多い奴である。

私と嫁、それにツノ丸の三人で草バスケに出かけた。傷がある左手は使えないが、まあ片手でのんびりとバスケなど。

2014年9月14日 (日)

冬杯地区予選・三日目

ウインターカップ地区予選の三日目。
ウズ丸たちSCTは、三重県の最果ての地で試合をすることになっている。そんなわけで、我々は今日も地元の試合を観戦することにした。
地元の地区予選には、子供たちが中学時代にお世話になった先生も来ているので、ツノ姉とツノ丸もつれて行った。
ツノ姉、ツノ丸、それにウズ丸の部活顧問だった先生は、三人そろって、かなり上の審判資格を持っている。だからどこの会場に行ってもよく見かける。

帰り道、ツノ丸は会場近くの友達の家に遊びに行くというので、途中で車を降りた。
その友達というのは高校時代の同級生、そして今も同級生。
帰国子女で将来、何をしたいのかよくわからない。だったらツノ丸と同じ大学と学部を選んどくわってことらしい。
ということは、もっと上の大学だって狙えたはず。それって相当頭いいんじゃないのか。そもそも本当に農学部で良かったのだろうか…。

ウズ丸たちSTCは地区3位だった。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

最近のトラックバック