自然

動物、植物、自然科学

2020年3月24日 (火)

ゼンマイ収穫

湿地畑のゼンマイを収穫したので、深夜のキッチンでアク抜き。
昨日、庭で焚き火をしたので、移動式カマドの中から灰をすくってきて鍋に入れた。
泥水の中で泳ぐゼンマイは、不気味すぎておいしそうに見えない。

煮付けにしたところ、味は普通だが色がおかしいような…。

▽あとで写真

ゼンマイってこんなに黄色だったかな。

 

2020年3月21日 (土)

ツクシ

ガクの散歩途中にツクシを見つけた。母に場所を教えたら、喜んで採りに行った。
母は収穫が好きだ。

▽あとで写真

ハカマを取って卵とじにするのは私の役目だから楽なもんだ。

 

2020年3月14日 (土)

初AKB

キノコ研究会の宴会があった。
スライドによる発表が2時間ほどあって、それが終わると宴会突入。今日はたこ焼きパーティだった。
明石の方が、地元で捕れた大きなタコを差し入れてくれた。焼いている人は三重県民だが、ほぼプロである。素人と一緒にたこ焼きを焼いていたのだけど、素人が2個を丸める間に、残り38個を丸めていたのは衝撃だった。

地元の海岸で採集したケシボウズタケを同定してもらった。アバタケシボウズタケ、私にとって初のAKBだ。
その方がフェモラータオオモモブトハムシの幼虫を持って来てくれた。

▽あとで写真

クズという植物を食べる外来種の昆虫である。とても美しい昆虫でうまそうには見えないのだが、その幼虫はクズの茎の中にゴール(虫こぶ)を作っていておいしそうに見える。一つのゴールらに何匹も入っているので採集も簡単らしい。
初めて食べたのだが、なかなかうまい昆虫である。
私もクズの木を見る度に探しているのだが、ぜんぜん見つからなくて困っている。クズは迷惑な雑草だし、この虫も外来種だから、積極的に採集して食べようと思っている。

宴会の合間に、会場の周囲にポケモンGOのポケストップを5個作った(申請した)。

2020年2月 2日 (日)

海岸清掃

朝から某海岸で海岸清掃。清掃活動の後、沿岸に網を入れて稚魚観察をした。
透明なアユの稚魚が捕れたので、プラケに入れて観察。

海岸に漂着したゴミの中から、針葉樹の樹皮を拾ってきた。ブルーベリーの根元に敷いてみたがいい感じだ。

帰宅してから湿地畑に水路の土砂を10杯入れた。
育ち過ぎて割れている白菜を一つ収穫した。

▽あとで写真

重さが7.4kgもあってなかなか重い。
白菜を食べて処分しなければならない。今夜は鍋物である。

 

2019年12月29日 (日)

かがり火の準備

町内会の役員総出で、年越しの準備をした。
私は町内会の役員ではないが、町役の稲荷神社の担当になっているので一緒に招集された。
稲荷神社の仕事はあまり多くないが、準備と年末年始のかがり火をたくのが主な仕事だ。

今日は境内の掃除部隊に配属された。他にも門松やしめ縄を作る部隊、薪を作る部隊がいた模様。
みんなは落ち葉を掃き集めているが、私は剪定用のノコを持参しているので雑木や竹を切ることにした。
斜面の竹は枝垂れているし、神社の隣は高さ4mの法面、断崖絶壁になっている。その下は県道が通っていて車通りが多い。注意して伐採しなければならない。
とはいうものの、いつもやっていることなのでざくざくと作業を進めていく。ついでに竹の稈を切りそろえて火をいじる棒を作った。

かがり火用の穴を掘って、切った小枝や落ち葉を焼却。
掃除した後に、カブトムシの幼虫がたくさん出てきたので、拾い集めて腐葉土が多い場所に埋めた。

 

2019年12月19日 (木)

芋煮会2019

きのこ研究会で芋煮をするというのを聞きつけ、飛び入り参加させてもらった。
ちょうど自家製の奈良漬とたくあんが食べ切れないので持って行った。

▽あとで写真

奈良漬は2015年に漬けたもので、品種選びから、タネまき、収穫、漬け込みまですべて自分でやった。
こちらはようやく半分ほど食べた。2樽も仕込んだからなかなか減らない。
奈良漬けは業者よりおいしいくできたと思う。業者は4年も漬けないだろうし、吟醸酒の酒粕なんて使わないだろう。

塩漬け
食べてみた
レシピ
ウリの品種

たくあんは2018年に漬けた失敗作だ。こちらはおいしくないので減らない。
上の方は炒飯に混ぜて無理やり食べていたが、食べ進めるにつれて、まともなたくあんが出て来るようになってきた。樽底に近づくほどマシになるようだ。まだ半分以上残っている。

たくあんは、我が家の失敗作(1年もの)、多度の漬物業者の1年もの、亀山の3年ものを持参した。
それらのたくあんをノーヒントで食べてもらい、どれがおいしいかアンケートを取ってみた。
すると私の失敗作にも票が入った。私が失敗と言ってるたくわんも、好みの問題なのか。あるいは気遣いかもしれない。
たくあんは今年も漬けているので、春になったらまた品評会をしてみたい。

肝心の芋煮の話だが、肉は松阪牛、誰かの畑で採れた野菜に、野生のアミタケが入っていた。芋煮に入っていたコンニャクも芋から自家製である。
アミタケは菌臭とは違ういい香りがしていた。保存によるものだろうか。
この日、テーブルに並んでいた和菓子類もすべて自作らしく、どこかの漬物キチガイがむしろ普通に見えるくらいだ。
写真を撮りたいところだったが、漬物をいじった手でカメラを触る気にはなれなかった。

 

2019年10月18日 (金)

ミケにもノミ

昨日、レジーにノミがいることが発覚したのだが、よく考えたら、もっと対策が必要である。
もしかしたらレジーと仲良しのミケランジェロにもノミがいるかもしれない。

ノミがいるようには見えないが、予防的な意味でレボリューションを投与しておこう。
電話で事情を説明してから、再び動物病院に行った。昨日の対応からして、ミケは連れて行かない方がいいだろう。

受付「レジーちゃんとミケちゃんの接触はあるんですか」
私「勝手にケージの中に入って、エサを盗み食いしたり、毛づくろいしています」

▽あとで写真

そんなわけで、レボリューションという薬を処方してもらった。
ミケにレボリューションを滴下した後、容器の内側にも薬剤が残っているので、水を少し吸ってからハムスターのブッフォンの背中にも投与した。
レボリューションの有効期間は半月なので、月に2回の投与が必要だ。

夜、走り込み1/3kmを2本。笑ってしまうくらい全力ダッシュができるようになったが、風邪を引いたっぽい。

2019年10月17日 (木)

レジーにノミ

ここ数日、レジーがかゆそうにしているので、動物病院に連れて行くことにした。
ツノ姉がレジーを抱え、私が車の運転である。
レジーを診察台に載せると、獣医が

「ノミだー」

と叫んだ。まるで漫画のような叫び声である。

レジーとツノ姉は車に戻るように指示されたが、私は待合室にいた。
獣医は奥の部屋で何やら叫びながら作業している。向こうの部屋で文句を言いまくっているのが聞こえてなんだか気まずい。おそらく私も車に戻っていると思っているのだろう。文句の声は、待合室に筒抜けである。

てっきりフロントラインかと思っていたが、ネクスガードという食べるタイプの薬をもらってきた。衛生費3,000円が余分にかかって、半年分の薬込みで費用は14,400円だった。

レジーと私は同じ布団で寝ていることが多いが、特に痒いと思ったことはないなあ。人にはあまり感染しないのだろうか。
かなりがんばって観察したのだが、ノミを見つけることはできなかった。たしかにノミの糞みたいなものはあるのだが。

 

2019年10月12日 (土)

台風19号

台風19号がやって来た。うちは台風の左側に位置しているので、最接近しても風はたいしたことがなかった。
だが台風が通過して、暴風警報が解除されてからの吹き返しがひどい。
暴風警報がどうして解除されたのか理解に苦しむほど。時間も長く、強風は5時間以上続いた。

台風で走り込みができないので、家の中でダンスの練習をすることにした。
ランニングマンと呼ばれるステップの練習を2分×10本。地味につらいな。

2019年10月11日 (金)

台風対策

台風19号がやって来る。
湿地畑の刈り草を集めて野焼きした。台風対策なので、畑に使えそうな刈り草もとにかく燃やす。刈り草が流されると水路に詰まる。
5号鉢より大きな鉢は軒下に移動してびっしりと並べた。多肉植物など小さな鉢は玄関の中に入れた。

走り込みは1/3kmを1周したところで雨が降って来た。タイムは不明。

より以前の記事一覧