« タネまき | トップページ | アシナガバチ解散 »

2020年8月18日 (火)

偵察

炎天下の畑で畝立て。気温35℃だと、2本が精一杯。

畝に浅い溝を作って水をためる。朝イチで10L/mほど与えればいいかな。夕方、化成肥料をまいて耕すのがちょうどいい。

町内でタイタンビカスを植えているお宅があるという情報を得て、こっそり偵察に出かけた。
教えてもらった株は、なかなかの大きさだが株立ちで、木質化した部分がない。多年生草本と思われる。葉っぱの切れ込みが深いので、アメリカフヨウ(クサフヨウ)ではない。たしかにタイタンビカスかもしれない。
庭の端から端まで美しく管理されており、こんな人ならタイタンビカスを植えていてもおかしくはない。

うちのタイタンビカスはフレアが2輪。

 

« タネまき | トップページ | アシナガバチ解散 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タネまき | トップページ | アシナガバチ解散 »