« 粕漬け | トップページ | ヒオウギ収穫 »

2020年8月11日 (火)

今年のヒオウギ

毎年、お寺で使うヒオウギを育てている。
今年のヒオウギは売り物にできるほど立派。モグラを退治するといろんな作物がよく育つようになる。

▽あとで写真

ヒオウギがタネを作るのに養分を使わないよう、果実は大きくなる前に摘み取っている。
ヒオウギはしぼんだ花や若い果実も含めて生け花らしいので、本当は摘み取らなくてもいいそうだ。私は立派な株にしたいので摘果しちゃうけど。
果実はヌバタマと呼ばれていて、実が付いた状態の枝も生け花として使われている。

昨夜、ポン太たちが来たようで、網がぐっちゃぐちゃになっていてトウモロコシが食われていた。
テキトーに防鳥網をかけたのはうちの親だから、まあしかたないかな。

畑の除草開始。このペースだと、お盆までには終わりそうにない。

タイタンビカスはフレアが4輪、プレアデスが8輪。

 

« 粕漬け | トップページ | ヒオウギ収穫 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 粕漬け | トップページ | ヒオウギ収穫 »