« スマホで宅急便 | トップページ | 入院のドタキャン »

2020年4月21日 (火)

エクスコカリア

座って仕事をしていると、下から見上げて美しい観葉植物が欲しくなる。
壁にくっついたビカクシダとか、天井からぶら下がっているウスネオイデス(※1)とか。
デスクにも何か置きたいな。そんなわけで葉の裏が真っ赤なこいつを置くことにした。

▽あとで写真

いわゆるエクスコエカリア、セイシボクである。
エクスコエカリアは、Excoecaria cochinchinensisの属名で、セイシボクは台湾での呼び名、青紫木が由来だと思われる。
原種は葉緑素が目立つため、真っ赤ではなく正に青紫色である。
斑入り品種は葉緑素がある部分も、水色っぽいので斑の有無に関係なく真っ赤な色をしている。
気になるお値段150円、2本が寄せ植えになっている。
ラベルには、エクスコエカリア「ピカラ」と書いてあるが、ピカラってなんだろう。この株の品種名かな。
こいつは低温に弱い。8℃までの寒さにしか耐えられない。アグラオネマと一緒に管理すれば大丈夫だろう。
ハゲに効くらしいが、乳液は猛毒らしい。かつては毒矢の毒として利用されていたとか。

« スマホで宅急便 | トップページ | 入院のドタキャン »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スマホで宅急便 | トップページ | 入院のドタキャン »