« エクスコカリア | トップページ | タケノコゆでた »

2020年4月22日 (水)

入院のドタキャン

母が「ガンかもしれない」と言うので、今日から検査入院する予定だった。ちなみにガンかもしれないというのは我が家の常套句で、今まで何百回も聞いている。
かつて祖母(母の母)も「ガンかもしれない」と言って、100歳で死んだ。
しかも死因はガンではない。当日まで畑仕事するくらい元気で、風呂に入って心臓麻痺で死んだ。
我が家はガンの家系ではなく「ガンかもしれない」と思い込む家系なのだ。

それはさておき、今日は朝から検査入院でバタバタしていた。
だが、いざ家を出るとなった数分前に病院から電話があった。

「近隣でコロナが…(中略)、検査は中止です」

こんな連絡だった。病院がドタキャンってなんだよそれ。せっかく絶食していたのに。
まあ、どうしようもないな。母は家でのんびりしていた。

だが話はまだ続くのである。
昼前に病院からまた電話がかかってきたのだ。

「今日は検査入院のはずだが、いつになったら来るのか(怒)」

という電話だった。
え、さっきそっちからドタキャンされたんだけど…と伝えると「確認します」とのこと。
その後、また電話があって「とりあえず薬だけ取りに来てくれ」とのこと。
「薬だけボタンを押して、受付には来るな」ということだった。
どうも最初のドタキャン電話が間違っていた雰囲気だが、謝罪もないところを見ると、こっちがドタキャンしたことになっているのか。
病院では、薬だけボタンのところに看護師が6人も立っていて、消毒の上、薬を受け取るという物々しさだった。

近隣で中国風邪が…なんて話は、病院にはあまり関係ないと思うのだが、もしかしたらPCR検査中の人を何人か診察したのかもしれない。
三重県の中国風邪発生状況は、4月22日現在で42人。そのほとんどが、四日市市とその周辺に集中している。

« エクスコカリア | トップページ | タケノコゆでた »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エクスコカリア | トップページ | タケノコゆでた »