« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月31日 (金)

湿地畑の拡張 #2

用水路の土砂を地畑に入れた。今日も一輪車に10杯ほど運んだが、体力的にはそろそろ限界である。
我が家から南に向かって、用水路はすっかりキレイになった。
あと50杯くらいは土砂が残っているんだけどなあ。

前も書いたが、軽トラは持っていないし、そもそも湿地畑に軽トラが入れない。

2020年1月30日 (木)

農道の補修

用水路の土砂を湿地畑に入れた。場所によって土砂の質が異なるのだが、質の良い土砂は湿地畑へ、質の悪い土砂は農道の補修に使っている。
畑から出た小石がたまっていたので、轍(わだち)に小石を敷き詰めてから質の悪い土砂で覆った。

農道の補修なんて、昔は隣接する水田の持ち主がやればよかった。
だが今は耕作放棄された水田が多いから、農道はずたずたになっている。
耕作を続けている水田だって、業者に管理を委託していることがある。業者は大型の農機を使うのでさらに農道を傷めるようだ。
私が農道を補修する理由はないが、畑から出た小石が処分できると思えば悪くない。

 

2020年1月28日 (火)

ヒカルくん

ガクの散歩中、川の写真を撮ることにした。
ガードレールにガクをつないで写真を撮っていたら、向こうから白柴みたいな犬がやって来た。
白柴は幼犬のガクなんて気にもしないが、ガクは大はしゃぎだ。

あれ、どっかで見たような犬だな。首輪を見ると「ヒカル」と書いてある。
ガクがいなければ引き取ろうかと思っていた犬である。
ちょうどYouTubeに動画がある。

YouTubeでしか見たことがなかったが、まさかこんなところで会えるとは。

 

2020年1月27日 (月)

湿地畑の拡張

用水路の土砂を湿地畑に入れた。今日も一輪車に10杯分だ。
土砂がある場所はどんどん遠くになり、片道200mもの距離がある。10往復で4kmか…ダイエットによさそうだ。
土砂の質に応じて、畦(あぜ)の修理、畑の拡張などをしていたが、ついでにテントが張れる場所も作ってみた。秋になったらここにテントを張って、焚き火をしながらのんびり過ごすのもよさそうだ。

湿地畑を拡張する時は排水に気を遣わないといけない。
地上げする時に緩い傾斜を付けたり、水路を作って用水路に水を逃がすなどの工夫も必要になる。
そういえば隣接するお宅の敷地には排水路がない。隣の敷地に降った雨は、この湿地畑に落ちるようになっている。
そりゃ湿地になるわけだ。

 

2020年1月26日 (日)

近所の犬事情

10年前、うちの近所は、犬を飼っているお宅が多かった。2軒に1頭はいたと思うのだが、今はひじょうに少ない。特に外飼いの犬が少なくなった。だから散歩している犬をほとんど見かけない。
うちのレジーだって室内犬で、散歩は家の周りだけだし、外飼いのコービーは一昨年に死んだ。
うちの周囲を散歩している犬はおそらくゼロだ。

そんな中、ガクは久しぶりの新顔で、近所の犬好きな人たちにかわいがってもらっている。我が家としては、誰にでも慣れる犬になって欲しいので、ひじょうにありがたい。
犬好きな人たちはそれを見て、また犬が飼いたくなったようだ。何人かの人は、すでに次の犬を探しているとのこと。
今日はその犬が届いたそうで、さっそく紀州犬っぽい犬を散歩させていた。保護犬だが、訓練してからの譲渡で、リードを引っ張ることもないし、利口な犬だ。
ガクがもう少し落ち着いたら挨拶に行こう。

ブルーベリー苗を剪定した。5号鉢×50くらいか。いくつかは剪定後に8号鉢に植え替えた。

 

2020年1月25日 (土)

アイススケート

知人とアイススケートに行くことになった。今シーズン2回目。今は春節で中国からの旅行者が多い。中国風邪が恐いので、長島スパーランドは避けよう。
近いリンクを探すと、邦和スポーツランドというリンクが見つかった。ここなら観光客もいないだろう。

リンクでは手羽先みたいなボースでくるくる回ってるコがいた。さすがは名古屋である。
どうやらここは真面目にスケートをやってるコが多いようだ。初心者とガチ勢しかいない感じに見える。
しばらくすると、ジャンプを跳ぶコまで出てきて、いよいよ我々のおふざけが許されない雰囲気。
普通、スケート場で転んでいるのはヘタな人たちだ、だがここで転んでる人は、ダブルアクセルとかを跳ぼうとして転んでるんだよねえ…。我々とはレベルが違う。
我々も空気を読んで、今日は、おとなしくリンクを回っていた。

昼過ぎにリンクの清掃があり、それが終わるとリンクが二つに分けられた。
一方のリンクには「初心者用」と書かれていた。
さすがに我々が初心者用リンクで滑るわけにはいかない。だが、一般のリンクだと我々が一番下手な状況になってしまう。
一般のリンクには、後ろ向きに滑れない人はいないし、スピンができないのはおそらく我々だけ。

そんなわけで、うまい人を見ながら5時間(!)ほど滑ってリンクを出た。
帰り道、ROUND-1に寄って、DANCERUSHで10曲くらい踊ってから帰宅した。
今日は真面目に滑っていたので筋肉痛もない。

2020年1月24日 (金)

BB畑の拡張

朝、犬の散歩をしていたら、用水路に土砂がたまっている場所を見つけた。散歩コースからちょっと外れた場所だったので、今まで気付かなかった。
砂主体のなかなか良質な土だ。湿地畑に入れてブルーベリー畑を拡張しよう。

一輪車で10杯ほどの土を運んだが、人力だとなかなか体力を使う。
軽トラを借りて運ぼうとも思ったが、軽トラは湿地畑の中まで入れない。軽トラに積んで、また一輪車に積み直して、湿地畑に入れることを考えると、一輪車で少しずつ運んだ方がよさそうだ。
土砂を採集している場所から湿地畑まで100mくらい。近いところから順に土砂を運んでいるから、次第に遠くなっていく。なかなかいい運動になる。

2020年1月23日 (木)

データの吸出し

壊れたノートPCからデータを吸い出す作業を依頼された。
届いたノートPCを調べたところ、ディスプレイだけがイカレているようだ。
外部ディスプレイを接続して、セーフモードでWindowsを起動したところ無事に起動。USBメモリにデータをコピーして作業完了。料金は4,400円なり。

 

2020年1月22日 (水)

深夜の散歩

夜、ガクにエサを与えてから散歩させた。
途中、トイレのために止まったが、軽いランニング1kmほどを走り切った。
ランニングに付き合うこともできるようになったか。

暗い夜道にビビっていたのかもしれないが。

 

2020年1月20日 (月)

湿地畑で野焼き

昨日刈った草を湿地畑で焼却した。
草を刈らずに野焼きすると、火が一面に燃え広がってしまう。耕作放棄された水田に飛び火したら大変ことになる。
刈った草を延焼の危険性がない場所まで運んで燃やす。
燃やした場所は、生えていた雑草も枯れるし、燃えた後の灰は肥料になる。ここで枝豆を栽培する予定。

犬の散歩コースにあった刈り草も焼却した。

 

2020年1月19日 (日)

路肩の草刈り

湿地畑の草刈りをした。よく乾いているので、このまま焼却できそうだが、明日まで、乾燥させることにした。

草刈機の燃料が残っている。犬の散歩コースになっている道路も草を刈った。
他人の水田に接する路肩を草刈りしているので、通りがかる人にお礼を言われた。みんな見苦しいと思っていたようだ。

路肩に生えている雑草の中には、くっつき虫が混じっている。イノコヅチ、センダングサ、ヌスビトハギ、ヤエムグラ、ヤブジラミ…。
このくっつき虫が犬にくっつくと厄介なことになる。柴犬のガクはたいしたことないが、ミニチュアダックスのレジーだと毛が絡まって大変なことになる。
今年は、散歩コースに生えるくっつき虫を徹底的に駆除する予定だ。

 

2020年1月17日 (金)

LEDランタン

昨日のワークライトは風情がないということで、またもやドンキで、アウトドア用にLEDランタンを買ってきた。

▽あとで写真

だが、これも明るすぎてテントの中で使うのは難しそうだ。明るさの調整もできないから、テントの頂点に吊るして反射光で過ごすのが現実的だ。

使っているアルカリ電池を、マンガン電池かニッケル水素充電池に変更したらマシになるのだろうか。
マンガン電池は内部抵抗が高いし、ニッケル水素だと電圧が低い(1.2V)から、多少は効果がありそうだが。
それでも無理なら、改造して抵抗でも挟んでやろうと考えている。

ライトに使われているのはCOB型LEDだ。
LEDは放熱ができないと急速に劣化するが、COB(Chip on Board)型のLEDは、放熱板の上にLEDを固定して放熱効果を高めている。
私が光量を落とす改造をすれば、さらに発熱は減り、電池も長持ち、寿命も延びる…ような気がしている。

2020年1月16日 (木)

ワークライト

この時期、仕事から帰っての剪定作業は、本当に時間がない。すぐに暗くなってしまう。
こんなわけでドンキでLEDワークライトを買ってきた。ELPA LEDポータブルライト DOP-WL30である。

▽あとで写真

中華製で多くの会社にOEM供給されており、まったく同じで型番が異なるライトをたくさん見かける。
よく見かけるのは黄色、ELPAは黄緑のモデルを販売しているようだ。
単3×4個で3.5時間の点灯が可能だ。1灯だけなら7時間持つ。ニッケル水素充電池も使えるので、充電池があれば電池代はそんなにかからない。

こういった機器を滅多に使わないのであれば、電池は入れておかない方がいいと思う。
使おうと思った時には電池が液漏れしていることがある。
年に一度しか使わないのであれば、新品のパック電池と一緒に保管しておき、使いたい時にセットした方がいいと思う。

このワークライトはキャンプにも流用するつもりだったが、明るすぎて風情がない。

2020年1月12日 (日)

稲荷神社の月次祭

今日は町内にある稲荷神社の月次祭(つきなみさい)だ。今月の月次祭は、うちの地区が担当することになっている。
集合は朝07:30だが、私は07:00に到着。
かがり火をたいていた穴に、解体された門松が積み上げられている。私はこれをすべて焼却処分しなければならない。
そのため、着火用の丸めた紙と、小割りにした松の薪を持ってきた。
松の薪は、材に松脂を含んでいるので、いったん火がついたらよく燃える。
火をおこしたら、門松の青竹を手斧で割ってくべていくのだが、なかなか燃えない。青竹は水分が多くて燃えにくいようだ。そこらに落ちている枯れ竹も燃やして火力を上げながら燃やしていく。

そんなことをしていたら、組の人たちが到着した。みんなで稲荷神社の掃除をして、月次祭の準備をする。

▽あとで写真

しばらくすると神主さんがみえて月次祭が始まった。
月次祭の間も、私は火が見える場所に陣取って火を監視していた。月次祭が終わってからも、09:30くらいまで粘って、ようやく門松がなくなった。
水をかけて消火して帰宅。大量の消し炭ができたから、今度またもらいに来る予定。

 

2020年1月11日 (土)

謎タンゴール

母が品種名がわからない謎のオレンジを持って来た。
キャバクラ畑で収穫したオレンジだが、どの木から収穫したのかわからないそうだ。

▽あとで写真

オレンジの香りがするから、タンゴールだと思われる。タンゴールというのは、みかんとオレンジの交雑種のことだ。
はるみと伊予柑は母が気に入って食べているから、それ以外のタンゴールだろう。

見た目からしてせとかではないし、怪しいのは清見かな。
近頃、温暖化が進んでいるから、グレープフルーツも文旦も栽培できるようになった。
キャバクラ畑としては助かるが、喜んでいいものなのだろうか。

 

2020年1月10日 (金)

お座りと待て

ガクはお座りと待てを覚えたようだ。
フードアグレッシブの犬は、エサ皿にエサを入れる時に食べ始めると危ない。だからお座りと共に早くから覚えさせた。
動作を覚えたらエサがない時、たとえば散歩に行く前なんかにもさせる。

次はお手だな。必要がないという人もいるけど、待てをしている時にエサ皿を触ったり、エサ皿を遮ると咬まれる。

 

2020年1月 8日 (水)

犬の散歩

朝から暴風雨。ガクの散歩を遅らせ、なんとか雨の合間を見つけて10:00に餌と散歩。
餌の時間は固定しない方がいいらしい。
水たまりが多かったので、100mダッシュは1本だけ。
散歩中にリードに逆らうことがあるが、たいてい何かを恐がっているだけなので、座って待っていると安心するか寄って来る。
木の枝とか、ボールとか、大きな枯れ葉とか、工事用のコーンとか、見たことがないものは何でも恐がる。
散歩は好きみたいで、何をやっても楽しそうだ。

 

2020年1月 6日 (月)

犬の走り込み

ガクが道路に沿って走ることを覚えた(※1)みたいなので、毎日、朝晩の散歩に100mダッシュをやっている。
私が全力で走っても、まあまあついて来れるようになった。

エサを与える時に店員を咬んだということなので、トレーニングをしている。
エサに執着するのはフードアグレッシブという問題行動だ。
待てをかけて、リードが緩むまでエサを与えないようにしている。
あとはエサを食べている間、リードで犬の体をさわさわしているが、そんなことを無視して一心不乱に食べている。

今のところうまくいっている。威嚇することもないようだ。
食べている最中にエサ入れの中に手を入れられるようにした方がいいらしいが、それはまだ恐い。今度、棒でも突っ込んでみようかな。

※1. ホムセンのペットショップは散歩をさせない。つまり、生まれてから5ヵ月間、一度も散歩をしたことがなかった。

 

2020年1月 5日 (日)

巨大白菜

白菜の第1陣を食べ尽くしたので、第2陣の列を収穫してみた。

Hakusaireggie巨大白菜

レジーが日向ぼっこしていたクッションの上に置いてみたが、今年は暖かい日が多いためか、大きく育ちすぎた。大きくなりすぎて球形をしている。重さは6.8kg。
このままでは冷蔵庫にも入らないので、外側を2kgほどはがして、白菜の漬け物を大量に作った。
漬物の素に、昆布と唐辛子を加えると真面目に漬けたように見える。

 

2020年1月 4日 (土)

センダン草刈り

ガクを散歩させていると、散歩コースにセンダングサが多いことに気付いた。
いわゆるくっ付き虫である。犬が触れると全身に草のタネが付着し、大変なことになる。
コービーが生きていた頃は、散歩の度に引き抜いていたのだが、死んでからは伸び放題になっている。

冬の間はタネだらけで、素手で抜くのは難しい。大きなものは長柄鎌で根元から引き抜いて土手の下に落とした。
路肩に生えているやつは、ウンチ拾いのための灰掻きスコップで斬る。こうすれば風でどこかに飛んでいく。

しかしよく咬むイッヌだな。ガクは甘噛みのつもりだろうが、飛びついて咬むのは危険だし、服の端をくわえて引っ張るのもやめさせないといけけない。
おもちゃと一緒に私の指を噛んでしまうと、申し訳なさそうな顔をしている。

餌を食べている時はかなり凶暴で、咬んだり威嚇するようだ。まあ、がんばって直そう。

100mダッシュをやってみたが、今のところ私よりもはるかに遅い。ちょいぽちゃ犬だし。
散歩は朝晩1kmずつ、私はよく走るから、そのうち(ガクだけは)痩せると思う。

2020年1月 3日 (金)

昨日のイッヌ

昨日のイッヌの名前はガクと決まった。柴犬→柴崎…岳→ガクである。
うちの連中は、コービー、レジー、ブッフォンと、バスケやサッカー選手の名前が多い。

ガクは外飼いする予定だが、幼犬の間は室内で飼った方がいいとのこと。玄関の三和土(たたき)にガクの家を作った。
小型犬ケージとウサギ用ケージを連結した。
一方が寝床、一方がトイレのつもりである。買ってきた犬小屋はまだ使わない。使うのは一か月後だ。

ガクは生まれて5ヵ月の間、一度も散歩させてもらったことはない。今日は生まれて初めての散歩だ。
ガクをケージから出すと、すたすたと歩き出すが、玄関の引き戸を開けても外に出ない。外から中へも入れない。
どうやらコンクリートの上を歩けないようだ。コンクリートの上は抱っこして移動させた。

どう歩いていいのかわからない。道路なんて知らないから、田んぼに下りたりしてうろうろしている。枯れ葉だって、石ころだって、何を見ても警戒しているが楽しそうだ。

 

2020年1月 2日 (木)

初売り犬

ホムセンに買い物。昨年、この店で安い柴犬が売られていたのだが、そいつはもういなかった。
ありゃ、売れちゃったのか。

我々「ここにいたアホそうなコはどこ行ったの?」
店員「ちょっとトラブルがあって販売できなくなったんです」
我々「病気?」
店員「じつはスタッフを咬んじゃって」

話を聞くと、エサやりの時にスタッフを咬んでしまったらしい。
かなりの暴れん坊で手に負えない。爪も伸びっ放しだが、おそらく切れないのだろう。
安くしてくれるなら買うと言ってみたが、業者との約束(ナニソレ?)で安くはできないとのこと。
売れ残ったら最後には保護団体に出すみたいなことも言っていた。
じつはその保護団体からこの犬を引き取るつもりだった。
https://www.youtube.com/watch?v=nLIMIjHXfgo
地元の保護団体が10日後に譲渡会を開くことになっている。

そんなことを話していたら「それなりの覚悟があって飼われるなら協力します」とのことで、ブリーダーに電話して値引き交渉してくれた。
その結果、さらに1万円の値引きで4万円になった。ま、諸費用という詐欺パックで合計12万円だけど。
本当に暴れん坊でやたらと咬む性格だ。手加減はしてくれないが、遊んでいるつもりのようだ。
というわけで我が家にイッヌがやってきた。

犬小屋、トイレ、トイレシート、リード、散歩用リード、首輪、おもちゃ、ドッグフード、笑ってしまうほどの出費である。

 

2020年1月 1日 (水)

畑ログ2020年1月

w. イチジク│ナバナ────────┼山芋(治田芋)──────────
x. コンクリート板──────────────────────────
f. ───────│スイセンPW───┼イチョウ────────────
e. 空き─────│治田芋(越冬中)─┼ネギ(坊主不知)─────────
d. 空き─────│大根(味ゆたか)─┼空き──────────────
c. 里芋(越冬中)──────────┼BB/Natchez──│ラッキョウ───
b. ホウレンAL─│白菜(無双)────┼越冬中の秋ジャガ(ニシユタカ)──
a. BB/Natchez───│ニラ─────┼オニユリ───│小松菜(極楽天)─
9. 空き──────────────┼水仙旧ラ│水仙CM────────
8. 空き───────────│ウコ┼空き──────────────
7. 空き──────│白菜(無双)──┼空き──────────────
6. ヒオウギ────│空き─────┼BB/Natchez───────────
5. フキ/IK2────│イボタ│イチゴ┼ニラ─────│アマドコロ───
4. BB/Natchez─│クリ(JCF2)│ピスタ┼ネギ(坊主不知)─────────
3. ブルーベリー(BBBCCCGGGB)────┼イチゴ───────│ヤタイヤシ
2. ブルーベリー(OOBOOB)──────┼ブルーベリー(OCSIDx)──────
1. ブルーベリー(LLLSSS)──────┼ブルーベリー(CCCCCx)──────
x. 通路───────────────────────────────┼ 
0. BB(Navaho)─│フキAW───────────────│シラン│アヤメ

※いつからかわからないのですが、間違いがたくさんあるようです。

 

あけおめ2020

稲荷神社でかがり火をたいて年を越した。あけましておめでとう。
新年を迎えて10分ほどすると、参拝客がやって来る。お菓子とお神酒を出してもてなす。
山の上にある稲荷神社なので参拝する人は多くない。
平地に大きな神社があるので、そちらに参拝してから、ここに来るのが一般的だ。

昨日、手際がいいという話を書いたが、なんと女の子以外、全員がキャンパーだった。
ちなみに稲荷神社の役員だけでなく、お手伝いで来てくれた自治会の方でさえ、剣(つるぎ)はもう無理とか言ってる程度のキャンパーだった。
手際がいいはずだわ。

ビールを飲みながら、時々、朽ちた薪をくべて火の面倒を見ていたが、01:00過ぎには人足も途絶えた。
撤収予定は02:00ということになっているので、新しい薪をくべるのはやめた。サツマイモをアルミホイルにくるんで、かがり火の回りに並べた。

撤収時間の02:00になったが、まだ焼けていない芋が残っていたので、私ともう一人だけ居残り。
焼き芋を焼きながら、敷物にしていたダンボールをすべて燃やした。
30年前は、かがり火を放置して帰宅していたが、今は下草が多くて危険だ。
かがり火に水をかけて消火し、02:30過ぎに帰宅した。

 

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »