« 安い柴犬 | トップページ | あけおめ2020 »

2019年12月31日 (火)

かがり火

今夜は稲荷神社のかがり火をたくことになっている。稲荷神社の当番4人は、稲荷神社に22:30に集合。
私はちょっと早めに来て、夜を過ごすために使えそうな物をダンボールに2箱持ち込んだ。

寒いので、まずはかがり火の火を起こそう。
私が持参した手斧で竹を小割りにして焚き付けを作っている間に、誰かが薪を井桁に組み上げ、誰かが新聞紙を丸めてくれた。
井桁の中に割った竹を突っ込み、その下に新聞紙を焚き付けの紙を入れて点火した。
何の説明もしていないのだが、全員が不思議なくらい手際がいい。
昨日の雨で湿った薪しかないが、小割りの竹はよく燃える。マツの薪はいったん火が起きればよく燃える。

暖かい火を確保したら、次は居場所作りだ。
日中、コンクリートブロックを三つ山揚げしておいた。ブロックの上に丸太を置いて、自分用のベンチを作った。
他の人たちも岩と薪で座る場所を確保していた。みんな手慣れている。荷物が入っていたダンボール箱を解体して敷物にした。
女の子には折り畳みのイスも用意してある。

かがり火の炎が大きくなるまでの間、火が延焼しないよう、下草を鎌で刈り、小さなレーキでかき集めて焼却。いずれの道具も持参したものだ。
炎が大きくなったら、去年までに燃やせなかった古い薪を火にくべて片付けよう。朽ちて湿った薪だが、火の勢いがあればちゃんと燃える。

いい感じに落ち着いた頃、自治会の人たちがやってきた。酒とビールと酒の肴を持って来てくれた。
24:00を回ってからが本番。しばらくは炎を見ながら、飲み食いして夜を過ごす。

 

« 安い柴犬 | トップページ | あけおめ2020 »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 安い柴犬 | トップページ | あけおめ2020 »