« タマネギノタネマキ2019-1 | トップページ | 玄関に貝 »

2019年9月24日 (火)

三重なばな

毎年、母が「なばな」を植えたいというのだが、タネが売っていないない。
「なばな」というのは食用の菜の花のことだ。
地元では特産の三重なばなが一般的で、それ以外の菜の花は全否定である。なばなの里という観光名所(?)があるくらい。
一般的な菜花は苦いが、三重なばなは苦味がほとんどない。
中国の紅菜苔(ホンツァイタイ→コウタイサイ)や、関東の「のらぼう」に似ている。
三重なばなはタネも売っていない。しかたなく食用菜花のタネを買うのだが、味も見かけもまったく違う。

▽あとで写真

母も二度ほど引っかかったようで、昨年までのタネが残っている。これはもう観賞用として土手にまいてしまおう。
母が三度目の正直をやらかすといけないので、隣の畑の人にタネを分けてもらった。

▽あとで写真

なばなだけは自家採種するしかないらしい。
畑だとジャマになるから、空き地にも植えて採種しようと思っている。

湿地畑の草刈りをした。

« タマネギノタネマキ2019-1 | トップページ | 玄関に貝 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タマネギノタネマキ2019-1 | トップページ | 玄関に貝 »

最近のトラックバック