« 秋ジャガ定植 | トップページ | 落果対策 »

2019年8月26日 (月)

白菜の発芽試験

先日の白菜がそこそこ発芽したので、発芽試験は終了としよう。
結果はこんな感じ。

Hakusaitest ▽発芽試験

やはり2年前のタネは発芽率が悪いようだ。
複数の芽が出たポットから、芽が出ていないポットに苗を移植する。2本のスプーンですくって植え替えると簡単。

Hakusaiseedling ▽移植後

移植していると、土の中に発芽直前のタネが出て来る。2年前のタネは発芽しないというより、発芽が遅いだけのように見える。
双葉がまだ開いていないだけで、土の中では根を伸ばしている。ふかふかのタネまき専用土を使っているなら、数日遅れで発芽するのではないだろうか。
私のように、テキトーな土にタネをまいていると、そのうち土が固まって発芽できないと思う。
タネまき専用土を買うくらいなら、新しいタネを買った方がいいと思うけど。

 

 

« 秋ジャガ定植 | トップページ | 落果対策 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋ジャガ定植 | トップページ | 落果対策 »

最近のトラックバック