« 落果対策 | トップページ | 畑ログ2019年9月 »

2019年8月29日 (木)

ショウガ

週に一度、ショウガを収穫して、梅酢で漬物を作っている。収穫が遅ければ遅いほど大株になるが、硬いショウガになるのでおいしくない。
植え付けたショウガを親芋、そこから出た芽を子芋、さらにその先の芽を孫芋と呼ぶことにする。
孫芋はもっとも柔らかく、紅ショウガとして食べている。

Shoga3rd Shogaumezuzuke ▽孫芋

 

親芋は薬味用、子芋は煮物などの味付けに使う。こんな感じに皮をむいて冷凍保存。

Shoga2nd ▽子芋

母は今までショウガは薬味と漬物に使うだけで、それ以外に使うという発想がなかった。だから子芋もすべて梅酢に漬けていた。そんな筋だらけのショウガなんて誰も食べない。
その部分を捨てるはもったいない。だから漬けるのだと母は言い張るのだが、ショウガなんて畑で収穫したものだろ。だったらタダじゃないか。くずショウガのために高価な梅酢を買って来る方がよほどムダなのだ。どうしてそれがわからないのか。
農家は食べ切れないほど作り、食べたいだけ食べて、残りは捨てるのが基本。母はいろいろおかしい。

ところが、去年くらいから子芋部分をスライスして冷凍し、スープや煮物に使うようになった。これなら母も文句を言わない。
かくして我が家ではおいしい部分だけで紅ショウガを漬けるようになった。

…だがどうして私が漬けているんだ。

 

« 落果対策 | トップページ | 畑ログ2019年9月 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 落果対策 | トップページ | 畑ログ2019年9月 »