« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月30日 (日)

トウモロコシのタネまき

深夜の食卓で、トウモロコシ(品種=ゴールドラッシュ90)とキュウリ(品種=近成四葉)のタネをまいた。
トウモロコシはこれが第3陣となる。あと1回まく予定。

うちのキュウリは両親の担当だが、もうツルが枯れてしまったとこのこと。
どうして毎年そうなるのか。そして毎年「今年はどこの畑でも…」と言い訳している。
いい加減、その原因を考えてほしい。ずっと連作なんだよ。両親は連作していないと主張しているが、ウリもカボチャもスイカも全部、ウリ科なんだよねえ。

キュウリは2年前のタネだから発芽しないかも。

 

2019年6月26日 (水)

オカモノアラガイ

ショウガとニラに刈り草を敷いた。
ショウガは根が焼けるのを嫌うらしいから、敷き草と土寄せを何度も繰り返す。雑草も生えないし、土がふかふかになる。

▽あとで写真

ほとんどの作物に刈り草を敷いているが、うちのニラには、敷き草から登って来たオカモノアラガイがくっついていることがある。だからうちのニラは生で食べる気がしない。まあ、生で食べる習慣もないのだが。
私はそんなオカモノアラガイを、わざわざメガネをかけて観察している。オカモノアラガイに寄生するという、ロイコクロリディウム(レウコクロリディウム)を探しているのだ。
道行く人に見つかって、何を観察しているのか質問されることがある。説明が難しいので「(ニラに)病気が出ていないか調べている」と答えている。病気にかかっているのはオカモノアラガイだが、ウソは言ってない。

見ない方がいい思うが、ロイコクロリディウムをどうしても見たい、あるいは嫌がる誰かに見せたいという人はこちらをどうぞ。

 

2019年6月25日 (火)

KSBBA!

ブルーベリーのハイブッシュ系品種は、ほとんど終了。
Caroline(NH)やMagnolia(SH)といった晩生品種が残っている程度だ。
そしてラビットアイ系品種の一部は、すでに青い実が…。

畑にブルーベリーが3列植えてある。
先日、母に「1列目は収穫禁止だけど、2列目は好きに摘み取っていい」と伝えた。
母はせっせと収穫して知人に配っていたようだ。

ところが、今日は勝手にブルーベリーを収穫していた。一度許可を出すと1シーズン有効なのか。狩猟免許と同じだな。
さらにこんな質問もされた。
「ブルーベリーの畝(うね)、どっちが1列目なん?」
母には真ん中2列目の権利をあげたんだから、そんな情報は不要なはずだが。
ようするに3列目をパクろうという魂胆である。

野鳥よりもタチが悪い。
母は「私の口には合わない」とか「うちで採れたからまずい」とか、悪口をいいながら配るのもムカつく。
「よかったらどうぞ」でいいだろうクソババア。

 

2019年6月24日 (月)

ミツバ定植

スーパーで買ったミツバの根をポットに植えて苗を作っていたが、そろそろ地植えしたい。
ブルーベリーの陰に植えてみよう。そこそこ日陰になるし、水さえ与えれば育つのではないか。

スイセン(品種=ティタティタ)の球根を掘り上げた。

湿地畑の畦の草を刈って、刈り草は里芋の畝に敷き詰めた。
今日もライト片手にコガネムシを探した。

▽あとで写真

今日も60匹くらい。ブラックベリーの畝は3本あるが、今夜はどの畝にもまんべんなくいた。
昨日飛来した連中が移動しているのかもしれない。交尾しているのはいなかった。
毎日こんなに捕れるということは、駆除していなかったら今頃、ブラックベリーの葉はなくなっていたんじゃなかろうか。

2019年6月23日 (日)

ブルーベリー収穫

今年の冬に定植したブルーベリーがよく育っている。
Legacy(NH)などは、昨年の夏には2.0mを超え、今はこんな感じになっている。

▽あとで写真

嫁がブルーベリーを収穫してくれた。

▽あとで写真

房ごとアバウトに収穫されているが文句は言えない。赤い実は捨てる。着色が悪い実はジャムを作ろう。
1本の木から大体1kg、3本あるので3kgほどの収穫になった。

今日も近所の人に、ブラックベリーを摘み取ってもらった。この時期の日課である。
夜、ライト片手にコガネムシを探した。これも日課となっている。

▽あとで写真

ざっと60匹ほど。昨日よりは少ないが、毎日、こんなにやって来るのか。

2019年6月22日 (土)

ヨシ刈り×6

待望の週末である。川に生えるヨシを業者より先に刈らねばならない。

ヨシをいちいち運んでいると時間がかかる。運ぶのは後回しにして、とにかく早くヨシを刈りたい。
刈り取ったヨシは束ねて隣の水田の畦に並べておく。
作業をしていたら、近所の人が通りがかって軽トラで運んでくれることになった。
ヨシ3束がちょうど軽トラの平積み1車分だな。今日は6束刈ったので、軽トラで2往復してもらった。
これで今年は合計9束を刈ったことになる。

もう一度、川に出かけてヨシの間にあったゴミを回収した。収穫カゴいっぱいになった。

作業が終わって体重を計ったら、59kg台になっていた。もしかして熱中症寸前なのか?
風呂に入ってビールで休憩。

夕方、ヨシを刻んでブルーベリー畑に敷いた。

トウモロコシが出穂したので、プレバソンフロアブルをまいた。
鱗翅目にだけに効く薬剤なので、ブルーベリーとかアシナガバチの巣(SS群, FP群)にも散布してみた。
ハチの巣にかけるなら一般的なBT剤の方が無難だと思うがとりあえず実験。

→アシナガバチはいたって元気(7月29日記)

 

コガネの食事

夕方、ブラックベリーにコガネムシが集まってきたので、ライト片手に駆除。
葉にぶら下がるようにしてしがみつき、葉をかじっている姿はなかなかかわいい。手で触れるだけで落ちるから、下から手を出せばポトリと手の中に収まる。
畑に捨てると産卵されそうなので、首をむしって道路へ投げる。

クロコガネだと思っていたが、赤っぽくて柔らかい個体も混じっている。羽化したばかりなのか、それとも他のコガネムシなのか。

毎年、ここは合コン会場になるのだが、今日は交尾中の個体は見かけなかった。食事会である。
むしろエサ場としてブラックベリーやクリの木に集まっているように見える。
ブラックベリーの畝は4本あるし、クリの木は2カ所に植えられている。だがコガネムシがこんなに集まるのはここだけ。背が高い株があるから、それらが目印になっているのかもしれない。

ブラックベリーの葉が食われるだけなら見逃してやるが、こいつらが産卵すると、コガネムシの幼虫が他の作物の根を食い荒らすのが気に入らない。
いずれにせよ皆殺しである。今日は100匹くらい殺した。

2019年6月21日 (金)

ヨシ刈り×2

遠くで雷の音が聞こえ、今にも夕立が来そうな天気だった。そんな中、今年2度目のヨシ刈り。
刈ったやつを束にして、自転車で畑に運んで、すぐに刻んで敷き詰める。
今日これを二度繰り返した。今年はまだ3束だから、ぜんぜん足りない。

畑ではブラックベリーとラズベリーとブルーベリーとストロベリーが実っているが、
ブラックベリーは早生のNatchezが4畝も植えてあって、とても食べ切れない。

近所の人を呼んで好きなだけ摘み取ってもらった。

 

2019年6月20日 (木)

今日の夜食

今日の夜食はこんな感じだった。

▽あとで写真

私は夜食を軽く1.0kg食べてしまう人だが、体重は60.8kgだった。
このペースだと、体重60kgを切るのももうすぐだ。

夜食1.0kgなんて大げさだろと感じる人もいるだろうが、缶ビール2本で0.7kgである。

 

2019年6月19日 (水)

バターナッツカボチャ定植

朝食はジャガイモのくず芋だった。
ゆでて皮をむき、塩胡椒をかけてオーブンで焼く。そこにバターを落として食べている。
シェリーはジャガイモの中でもうまい品種だと思う。枝豆でいうと、だだちゃ豆みたいな味だ。

仕事に行く途中、川の下流がキレイになっていることに気付いた。業者による用水路の掃除が始まっているのかもしれない。早くしないと私のヨシが刈り取られてしまうと思うと気が気ではない。

バターナッツカボチャの苗を畑に植えた。品種は、Sweetmaxと、すずなりバタ子さんである。
混植すると互いに交配することもあるが、シシトウやコーン、クリなんかと違って品質には影響がないし、バターナッツ同士なら交雑しても大丈夫だろう。

 

2019年6月18日 (火)

シェリー収穫

私がいない(仕事に行っている)間に、うちの親がジャガイモのシェリーを収穫した。
デキがあまりよくないらしいが、植え付けが遅かったのが原因だと思う。
ずいぶん気温が上がってから、母が「芽が出た芋あるんやけど」みたいな感じで芋を植えたからな。
まあ、捨てるはずのジャガイモが食べられるようになっただけでもラッキーだ。

ジャガイモはもう1品種、シンシアが残っている。こっちは買った種芋で、植え付けも早かった。

 

2019年6月17日 (月)

ヨシ刈り

近くの川にヨシが生えている。大きく育って、茎が十分に固くなったら刈り取って畑で使おう。
そう思っていたが、ブログを読むと昨年は5月にヨシを刈っていたらしい。

夏になると業者が川の掃除を始める。それまでにヨシを刈らねばならない。昨年は6月2日が最後のヨシ刈りのようだ。もう時間がない。
今日は試しに1束だけ刈ってみた。

自転車がパンクしていたので、歩いてヨシを持ち帰って来たら、隣の畑の方が「今度から車で運んだるで刈る前に声かけてくれ」とのこと。ありがとうございます。

ヨシはスイカやカボチャ、ブルーベリー畑に敷いて使う。昨年はこんな感じだった。
ヨシを敷くと草が生えないし、ワラよりも長持ちする。理由はわからないが、モミガラ同様、コガネムシも発生しない。
コガネムシが産卵する時期にヨシを敷くから、まだ腐植質になっていないのが原因かもしれない。ヨシの茎葉を刻んで使った場合、葉は半年ほどで腐るが、茎は翌年まで持つ。

川の掃除がいつなのか知らないが、週末までなんとか持ってほしい。

 

2019年6月16日 (日)

アシナガSS群

久しぶりに晴れたので、畑の手入れ。
野良スイセンの球根を掘り上げて、畝を立て直して肥料をすき込んだ。
そのままトウモロコシ第2陣を定植、
連日の強風で、ブラックベリーが倒れている。
ブルーベリーも落果がひどい。地面に落ちたブルーベリーは、拾って皿に入れて、ポン太のエサ場に置いた。
グラジオラスも倒れていたので切り花にした。

▽あとで写真

畑に置いてあるステンレスシンクの周囲で草取りをしていたら、いつの間にか私の周りをハチが飛び交っている。いったん逃げてあたりを調べると、シンクの裏側にアシナガバチが巣を作っていた。

▽あとで写真

直射日光下のステンレス板の裏側じゃ暑いだろう。シンクの上にまな板とか置いとけばいいかな。
知らずにシンクを使うと、ハチに刺されそうだなから、人が立つ側に細かいネットを張っておこう。
アシナガバチの巣はヒメスズメバチに襲われやすい。シンクの裏側にはヒメスズメバチよけのネットも張っておきたいところ。

こいつらはSS群と名付けよう。

2019年6月15日 (土)

消費期限

我が家は消費期限に対してひじょうに神経質である。どんな食べ物でも消費期限をきちんと確認する。
たとえば、朝食べたヨーグルトの消費期限は5月1日ということをきちんと確認している。
ヨーグルトなんてもともと腐っているからといって、消費期限の確認を怠ることはない。
え、捨てる? 何の話ですかそれ。

 

2019年6月14日 (金)

しめ鯖で観戦

サッカーのワールドカップをテレビ観戦。
私には、しめ鯖でビールを飲みながらサッカー観戦すると無敗…というジンクスがある。
ジンクスができた当時、なでしこジャパンは、ワールドカップ優勝という偉業を達成した。

だが男子のワールドカップは、予選の時点でつまづいた。私が痛風でビール禁止になっていたのだ。
ザックジャパンはなんとか予選を通過したものの、WC本選では1次リーグで敗退した。
そんなジンクスもすっかり忘れていたが、今年はフェブリクというお酒を飲んでもいい薬を手に入れた。またジンクスに頼ってみたい。
サッカーは2-1で勝った。

しめ鯖は、冷凍ショウガを包丁で削りったものを載せるとうまいな。

 

2019年6月13日 (木)

お手伝い

今日はPCメンテのお手伝いである。全PCに特定のソフトをインストール(orアップデート)する仕事だ。
早く終われば早く帰れるので、我々は昼休みも作業を続ける。
社員がいるデスクは問題ないが、社員不在のPCは、Windowsのスクリーンセーバが動き出し、ロック画面が出て作業できない。
社員がいるPCを優先的にメンテしよう。
作業をしていたら、1台のPCが大音量で恥ずかしい音声を流し始めた。何かの広告らしいが、ハゲとデブのCMが多いようだ。じつにシュールな光景である。
音声を止めようにも、スクリーンセーバにパスワードを入力しないと解除できない。
とりあえずデスクの上にあったヘッドホンをPCの出力端子に挿して音を消した。

どうやらこういうことらしい。
WindowsでYouTubeの動画を見る。YouTubeを停止して、ノートをたたんで昼食に出る。
いつもならログアウトするところだが、我々が昼休みにも作業すると聞いて、ログアウトせずに放置したようだ。
放置されたノートPCは、そのままWindowsのスクリーンセーバでロックされるので作業できない。
だがその裏で、一時停止されたYouTubeは開かれたままになっている。YouTubeは一時停止が長く続くと、広告動画の再生を始める仕組みになっている。それで恥ずかしい広告が再生されたというわけだ。
一見、たいした問題ではないように思えるが、昼休憩の直前に仕事をさぼってYouTubeで動画を見ていたことや、ハゲやデブに効果がある何かを検索したということはわかる。

 

2019年6月12日 (水)

ゴーヤ苗

先日、ゴーヤのタネをまいた。まだ芽は出ていない。
我が家でゴーヤ好きなのは、私とツノ姉の二人である。母からすると、息子はどうでもいいが、孫の大好物ということになる。

母「今年はゴーヤ植えへんの?」
私「まいたけどまだ芽が出てへん」

朝、そんな会話をしたような気がするが、夕方には玄関に苗が置いてあった。
孫のために苗を買ってきたようだ。この苗はちゃんと畑に植えよう。
高速道路のフェンスに這わせるゴーヤは、100円ショップで買って来たタネでこれから苗を作る。

 

2019年6月11日 (火)

クッカーの処理

クッカーセットのフライパンはまったく使っていない。買った時のままで、金属臭が残っている。
米のとぎ汁を沸騰させて匂いを抜いてやろう。ガス代がもったいないので、かまぼこの板×3枚を割って燃料にした。

▽ここに写真

あやうく吹きこぼれるところだったし、部屋の中が煙だらけになってしまった。
換気扇の下でやったのに、煙の排出が追いつかない。
室内のたき火はもう二度としないと誓った。

今度やる時は木炭を使おう。木炭はたき火ではない。

2019年6月10日 (月)

ゴーヤテロ計画

今年は畑にゴーヤを植える予定だが、毎年、うまく育たない。そんなわけで山林に植えることにする。
山林から伸びたゴーヤのツルが、高速道路のフェンスに伸びてもしかたあるまい。そういう作戦である。
100円ショップのダイソーで、ゴーヤとモロヘイヤのタネを買ってきた。2袋で100円。

 

2019年6月 9日 (日)

ヴィアティン観戦

雨の中、サッカーの試合を観に行った。今日はヴィアティン三重のホームゲームで、試合会場が近い。
JFL第10節 FC今治(5/16位) vs ヴィアティン三重(8/16位)というカードである。

雨の日は畑仕事もできないし、観戦にはちょうどいい。しかも今日は先着1,000人(※1)にレインウエアがもらえるらしい。レインウエアは2,000円相当の商品だから、入場料なんて実質無料である。
浮いたお金で新作のタオルを買ってチームに還元しておこう。

▽あとで写真

JFLの状況だが、ヴィアティンよりも上位の7チームは順に、ソニー仙台FC、HondaFC、東京武蔵野シティFC、ホンダロックSC、FC今治、FCマルヤス岡崎、FC大阪となっている。
そしてヴィアティンより下位は順に、ヴェルスパ大分、ラインメール青森、MIOびわこ滋賀、テゲバジャーロ宮崎、鈴鹿アンリミテッド、奈良クラブ、流経大ドラゴンズ龍ケ崎、松江シティFCとなっている。
お気づきだろうか。JFLは、FC(FootballClub)とか、SC(SoccerClub)と名乗っているチームは基本的(※2)に強い。
ヴィアティンはFCとかSCと名乗っていないチームの中ではJFL最強と言っていい。
今日の試合は2-1で負けたが、FCとかSCと名乗っていないチームの中では相変わらず首位だ。

※1. この日の入場者数は716人だから、全員にレインウエアが配布された模様。
※2. 松江シティFCごめんw

 

2019年6月 8日 (土)

テロ計画

知人と一緒に、近所のダムを歩いてきた。
伊坂ダムは1966年竣工で、ダムを囲むように遊歩道がある。遊歩道は手直しが何度もあったためか、街路樹の統一感がまったくない。

当初植えられていたプラタナスなどはすっかり枯れてしまった。桜は枯れてしまった木も多いが、平成の植樹祭で植え直された若木がたくさん育っている。ニセアカシア、ナンキンハゼといった、特定外来種に指定されそうな連中も多い。
そんな樹木を植えるくらいなら、カヤとかトチとかマテバシイなどの樹木を植えてほしいものだ。

ダムの周囲、山林にカジイチゴとか生えていたら人気出ないかな。
外来種でいいならいっそブラックベリーという手もあるな。
畑で増えた苗を抜いて、ダムの近くの山に捨ててしまえばいいのかな。

 

2019年6月 7日 (金)

母の梅酒

孫が梅酒好きだと知った母は、わざわざ梅の実を買ってきて梅酒を漬け始めた。
スマホで写真を撮って、ツノ丸に「ばあちゃんが死んだら飲み頃」という内容のLINEを送っていた。
ホワイトリカーとラム酒、2ビン合わせて2.5Lほどの梅酒が並んでいる。

ツノ丸が飲んでいた梅酒は私が子供の頃に漬けたものだ。一番若くて20年モノだから、よほど母が長生きしないと太刀打ちできないと思う。
高速道路が通る前は、山の畑にたくさんの梅の木があった。梅の実は採り放題で、もったいないからと梅酒や梅ジュース、梅干しを作っていた。
キャバクラ畑にもウメの木が2本植えてあって、2mくらいの高さに育っている。
だが毎年、数粒しか実がならない。そういえばこいつらって南高と豊後だよなあ。今気付いたけど、受粉樹なくね?

 

2019年6月 6日 (木)

ブルーベリー収穫

ブルーベリーの実が色付いてきた。
今年は主力品種の多くを植え替えて、その時に強剪定と摘蕾をした。よって実が少ない。
残った鉢植えの自根苗が茶碗にいっぱい程度収穫できる程度だ。

Cooper(SH), Jubily(SH), Misty(SH), Riveille(SH)あたり。
サザンハイブッシュ系の品種は、総じて味がいいのだが、どれを栽培するかとなると迷ってしまう。
何か一芸があれば、たとえばCooperは茎、Mistyは葉、Riveilleは花が美しいという理由で栽培している。
JubileeはイニシャルがJという理由により栽培されているが、葉が黄色いことも重要だ。濃緑のMistyの横にあると映える。

いずれは、我が家から鉢植えのブルーベリーをなくす予定だ。
またイニシャルがダブっている品種も処分しようと思っている。

 

2019年6月 5日 (水)

オクラ定植

オクラ(品種=クレムソンスピンレス)の苗を植えた。
うちの畑はネコブセンチュウが多いのか、オクラを植えるとネコブ病にやられて枯れてしまうことが多い。
そのため、真夏にもう一度タネをまき、第2陣に更新する予定だ。

2019年6月 4日 (火)

梅ジャム

母が先日、梅の実をもらってきた。
田舎なので放任のウメの木がたくさんある。自分で収穫すると言えば、いくらでももらえる。
今回もそんな実を収穫してきたようだ。

母はその実で梅ジャムを作ったのだが、まずくて食えない。
あまりにまずいので捨てることになったが、とりあえずポン太たちのエサに混ぜてみる。食べるかなあ。
きなこか米ヌカをこの梅ジャムで練って置いてみよう。
青梅には青酸化合物が含まれるが、加熱すれば消えるらしい。

青梅は梅酒とか梅ジュース、黄色く熟したウメは梅干しやジャムに適しているが、梅ジャムなんて梅酒から引き揚げた実で作ればいいと思う。

梅ジャムに失敗した母だが、孫(ツノ丸)が梅酒好きということを話したら、再びやる気になっている。

2019年6月 3日 (月)

血液検査

痛風の薬を飲み始めて一か月、尿酸値を調べるため、血液検査をした。

先日、アシナガバチに刺されたので、ついでにハチ関係の抗体値も検査してみた。
ハチ関係は、ミツバチ、アシナガバチ、スズメバチそれぞれの検査が可能になっているようだ。
スズメバチには刺されたことはないので、ミツバチとアシナガバチだけ検査した。

▽あとで写真

アシナガバチの抗体値が、ミツバチよりも高くなっている。
アシナガバチは先日刺されたばかりだからな。

 

2019年6月 2日 (日)

海岸清掃

某海岸で海岸清掃に参加した。私と嫁はゴミ拾いをせず、外来種の駆除部隊に入ることにした。
今日は土を掘る道具を持って来た。手で駆除しにくいビロードモウズイカやキミガヨランを根から掘り上げて処分した。

しばらくすると指導員(?)の方がアメリカネナシカズラの群落を発見した。
アメリカネナシカズラは外来種の寄生植物である。他人の養分で成長するため、凄まじい勢いで成長し、あたり一面を黄色のじゅうたんに変えてしまう。
広がる前に駆逐しなくてはならない。20人以上が狭い範囲に集まって駆除開始。
アメリカネナシカズラに寄生されたハマゴウやテリハノイバラごと刈り取って駆除した。
5坪くらいのエリアを更地にしたが、ハマゴウなどの木本類は根があるから復活するだろう。
しばらくすると別の場所でもアメリカネナシカズラが見つかった。さっそく駆除…と思ったら、カモの巣発見。ここはいったん作業を中止して、来月に作業することに。

▽あとで写真

陸地にオニグルミの幼樹を見つけたので、棒を立てて、石で囲ってみた。
海岸にはオニグルミの成木が1本あるが、もっと数が増えてクルミの林ができるといいのだが。
少なくとも外来種のナンキンハゼやピラカンサよりはいいだろう。

 

2019年6月 1日 (土)

畑ログ2019年6月

w. イチジク│山芋(治田芋)─────────────────│里芋──
x. コンクリート板──────────────────────────
f. ────────│スイセンPW──┼イチョウ────────────
e. ネギ(坊主不知)─────────┼空き──────────────
d. 法蓮草(Active)─│空き─────┼シシトウ(伏見甘長)──│里芋──
c. ジャガイモ(シェリー)──────┼BB(Natchez )─│ラッキョウ───
b. ジャガイモ(シンシア)──────┼空き──────────────
a. 空き──────│ニラ─────┼オニユリ───│空き──────
9. ────────│治田芋のむかご┼水仙旧ラ│水仙CM────────
8. ショウガ─────│里芋│ウコギ┼コーン(ゴールドラッシュ)────
7. 空き─────────│コーン─┼水仙IF&SLM│水仙────────
6. ヒオウギ────────────┼BB(Natchez )──────────
5. フキ(IK/2)─│クリ│イボ│イチゴ┼ニラ─────│アマドコロ───
4. BB (Natchez)│クリ(JCF2)│ピスタ┼ネギ(坊主不知)─────────
3. ブルーベリー(BBBCCCGGGB)────┼イチゴ────│ヤタイヤシ───

2. ブルーベリー(OOBOOB)──────┼ブルーベリー(OCSIDx)──────
1. ブルーベリー(LLLSSS)──────┼ブルーベリー(CCCCCx)──────
x. 通路───────────────────────────────

 

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

最近のトラックバック