« バタ子さん | トップページ | トウモロコシ第2陣 »

2019年5月29日 (水)

ナント交配

先日のすずなりバタ子さんは、アタリヤ以外にナント交配からも販売されている。
アタリヤのタネは、たったの5粒しか入っていなかったが、ナント交配だったら7粒入りらしい。通販で買うならナント交配のタネがいいと思う。
スーパーやホムセンでよく見かけるのはアタリヤだから、そこらで買いたいというならあまり選択肢はない。

そのバタ子さんだが、バタ子さんはF1品種ということになっている。
まさか国内でバターナッツカボチャの育種をしているとは思えないから、ナント交配が海外のF1品種を輸入し、おバカな名前を付けて卸しているのではないだろうか。
バタ子さんという名は商標登録されていないのだが、どうしてナント交配だとわかるのか。
それはナント交配が販売しているタネを見ればわかる。

おおもの、AMAZON、ナスがママ、できすぎなるなる、クールチャージ潤、怪盗ルビー、ラオウ、ケンシロウ、ライオンキング…。
もはや、何がなんだかわからない。どこからツッコんでいいのかもわからない。
AMAZONは品種名がアルファベットになっている。てっきりamazon.comだと思ったら大間違い。赤と緑が混じったトマトである。元ネタはきっとこれ。

Mramazon ▽仮面ライダー

ケンシロウの元ネタはきっとアレなんだろうなって名前だが、パッケージはこんな感じ。

▽あとで写真

これだけではまだアレだとは言い切れないって?
ナント交配のカタログにはちゃんと「お前はもう…植えている…!?」と書いてあった。どう見ても確信犯ひでぶっ!!

« バタ子さん | トップページ | トウモロコシ第2陣 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バタ子さん | トップページ | トウモロコシ第2陣 »

最近のトラックバック