« キャンプ予定地 | トップページ | カリブラ地植え »

2019年5月 7日 (火)

アダルトカボチャ

我が家でよく食べるのは日本カボチャ。日本カボチャは半月ほどしか保存できないので、夏の野菜だ。
西洋カボチャは冬まで保存できるが、甘すぎるのであまり好きではない。
宿儺(すくな)カボチャというカボチャは両者の中間。そんなに甘くないし日持ちするので理想的。だが果実が大きくて収量が少ないという欠点がある。
そんなわけで我が家では、バターナッツカボチャが主流。そんなに甘くないが収量が多いというのがいい。たくさん採れるし、貯蔵性も群を抜いて高い。
甘さの順に並べるとこんな感じ。

西洋カボチャ > 宿儺カボチャ > バターナッツカボチャ > 日本カボチャ

このバターナッツカボチャだが、私の母には不評である。
年寄りは食べ慣れていない野菜はまずいと言いがちだし、そもそも嫁の料理が以下略。
まあいい。海外から甘い品種を取り寄せてみよう。といっても、今ならamazonでポチるだけでいい。

バターナッツカボチャは、冬まで貯蔵できるという長所を持つ。そんな名前の品種もある。
クリックするとわかるが、なぜかアダルト商品である。なぜだかわからないが、バターナッツカボチャはアダルト商品に分類されていることが多い。ベージュ色のカボチャ画像が、AIに誤判定されているのだろうか。
こちらもアダルト商品だが、タネ100粒で数百円と、ひじょうに安い。
ただし、これを買ってしまうと、あなたの購入品一覧に「アダルト商品」と書かれた画像が並ぶことになる。

 

« キャンプ予定地 | トップページ | カリブラ地植え »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キャンプ予定地 | トップページ | カリブラ地植え »