« カヤネズミの巣 | トップページ | スイセンの分離 »

2019年4月 7日 (日)

ピートモス頭

今日は朝から町内総出で用水路の溝掃除。
掃除が終わると、作業着は泥だらけ。そのまま湿地畑の野焼きを始めた。
昨日刈った枯草はよく燃える。
先月の海岸清掃に続いて、今日も髪の毛を焼いてしまった。
今回はより深刻である。髪の先端が茶色に焼けて縮れたため、まるでピートモスを頭からかぶったように見える。風呂に入ってから床屋に直行した。

Ahoge2nd2019 ▽あほ毛

ついでに、トウモロコシ(品種=ゴールドラッシュ90)とホウレンソウ(品種=アクティブ)のタネを買った。

▽あとで写真

トウモロコシはサニーショコラがお気に入りだが、今年は売っていなかった。倒伏に強いという品種を買ってみた。
ホウレンソウは春まきの品種を探していたのだが、アクティブは春から夏までまける品種らしい。
今回買ったタネには、ベト病の系統ごとの耐性なども記載されていて助かる。

私は品種名が記載されていないタネは買わないことにしている。
「おおもの」とか「あまうま」のように勝手な名前を付ける業者は嫌いだ。本来の品種名も併記されているなら許せる。

« カヤネズミの巣 | トップページ | スイセンの分離 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カヤネズミの巣 | トップページ | スイセンの分離 »

最近のトラックバック