« キャバクラ畑の再生 | トップページ | 白菜のキムチ化 »

2019年4月24日 (水)

トゲなしオクラ

ここ数年、オクラはガリバーという品種を作っている。
F1品種で強健らしいが、ネコブ病が出て草勢が衰えることが多い。あと収穫時にトゲが刺さる。
オクラの味なんてたいして違いはない。私はとにかくトゲが嫌いなのだ。
そんなわけで今年は、クレムソンスピンレスという品種を育てることにした。

Clemson spineless
Clemson = 米国サウスカロライナ州の地名
spineless = とげのない、背骨のない[弱い]

そのまんまだな。

オクラは毎年、ひどいネコブ病とモグラ穴のコンビネーションで枯れてしまうので、今年は途中で第2陣を植える予定だ。
まだ気温が低いのでタネはまかない。

 

« キャバクラ畑の再生 | トップページ | 白菜のキムチ化 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キャバクラ畑の再生 | トップページ | 白菜のキムチ化 »