« 再び白菜 #2 | トップページ | パソコン修理 »

2019年3月18日 (月)

三冠王

血液検査の結果を聞くため、病院に電話をかけた。
「いきなりだけど、やっぱり尿酸値が深刻なのでこちらに来てください」とこと。
ちょっとびびったが、病院でいつもの用紙(※1)を見せてもらうと、尿酸値は7.9だった。
コレステロールとγ-GTPがほんの少し正常値を上回っており、三冠王を達成した。

▽あとで写真

痛風のプロから言わせると、7.9なんてたいした数字ではないのだが、医者が治療する気満々なので従うことにした。
痛風患者におなじみの、フェブリク20mgという薬を処方された。いわゆる「酒が飲める薬」である。
いざという時のために、痛み止めのロキソニンももらった。
「使用期限が切れたときに細胞培養に転用するのでコルヒチンと交換してください」と言うわけにもいかず、そのままもらって帰って来た。
私は痛風のプロだ。痛み止めが必要な事態になるわけがないだろう。

「あ、湿布もください。」

こちらも安定のモーラステープだ。この湿布はひじょうによく効くが、何か月もしてから日光に当たると皮膚が炎症を起こすことがある。ビーチサンダルで浜辺を歩いたりしなければ大丈夫だ。

▽あとで写真

治療に使われるすべてのものは把握している。何しろ私はプロだからな。
事故で指を切断したことがあるが、痛風はそれよりも痛い。万全の対策をしているに決まっているだろう。

コレステロールとか、γ-GTPについては、先輩方には遠く及ばない記録なので気にしていない。
夕食は唐揚げ+ビールである。

※1. ミツバチとかアシナガバチとかスズメバチの抗体検査と同じ用紙である。

« 再び白菜 #2 | トップページ | パソコン修理 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 再び白菜 #2 | トップページ | パソコン修理 »

最近のトラックバック