« 半身萎凋病にブロッコリー | トップページ | ココログがひどい »

2019年3月27日 (水)

治田芋の植え付け

治田芋(長芋の一種)は、冬の間に堀り上げて、パレットに並べ、ワラを載せて土に埋めていた。
それを掘り上げて湿地畑に植えてみた。

湿地畑に深く植えると、根腐れを起こしてしまう。
ジャガイモと同様、低い畝を作って溝を切り、芋を並べて土寄せで畝を作った。
湿地畑は雑草が多いため、畝に大量の刈り草を敷いて雑草が生えないようにした。

▽あとで写真

短型の山芋や長芋は、乾燥気味の場所で栽培すると芋がでこぼこになる。
長芋はやや酸性が好きだし、土の乾燥を嫌うらしいので、湿地畑に植えるとよく育つかもしれない。

 

 

 

« 半身萎凋病にブロッコリー | トップページ | ココログがひどい »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 半身萎凋病にブロッコリー | トップページ | ココログがひどい »

最近のトラックバック