« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月31日 (日)

ブロッコリーのタネまき

ブロッコリーを育てると、ナスの病気を抑えることができる。

今日は雨なので、食卓の上にパレットを並べ、ブロッコリー(品種=緑積)のタネをまいた。
タネの使用期限は2018年3月。使用期限が1年も過ぎている。
アブラナ科のタネは比較的長持ちするから、ある程度は発芽するだろう。

 

2019年3月30日 (土)

ツクシ初物2019

湿地畑の草刈りを始めたが、午後から雨が降って来たので中止。
湿地畑に生えていたツクシを母が採ってきた。私がハカマを取って、嫁が卵とじにした。

白菜の漬物を樽から揚げた。先に漬けたプラ樽はこれで空になった。
揚げた漬け物は母が叔母に押し付けるらしい。
後から漬けたプラ樽があるので、来月の半ばまでは白菜に不自由しない予定だ。
白菜の漬け汁って何かに使えないのかな。

 

2019年3月29日 (金)

ココログがひどい

ココログがリニューアルしてから一か月近くたつが、今もココログは不具合だらけだ。
旧ココログのエディタは、もともと多くのバグを抱えていた。しかし長年ココログを使ってくると、特別な手順でそのバグを回避することができた。
今回のリニューアルによって、回避する方法がわからない。
早く新しい環境に慣れたいところだが、バグではどうしようもない。

ココログの古い記事も消えてしまったように見えるが、サーバにはデータが残っていて、手順次第では見ることができるようだ。
ココログを備忘録として利用していたのに、3年前のことも参照できないとは。
早く復旧してほしい。
不具合についてこちらで確認できる。

 

2019年3月27日 (水)

治田芋の植え付け

治田芋(長芋の一種)は、冬の間に堀り上げて、パレットに並べ、ワラを載せて土に埋めていた。
それを掘り上げて湿地畑に植えてみた。

湿地畑に深く植えると、根腐れを起こしてしまう。
ジャガイモと同様、低い畝を作って溝を切り、芋を並べて土寄せで畝を作った。
湿地畑は雑草が多いため、畝に大量の刈り草を敷いて雑草が生えないようにした。

▽あとで写真

短型の山芋や長芋は、乾燥気味の場所で栽培すると芋がでこぼこになる。
長芋はやや酸性が好きだし、土の乾燥を嫌うらしいので、湿地畑に植えるとよく育つかもしれない。

 

 

 

2019年3月26日 (火)

半身萎凋病にブロッコリー

昨年、畑のd列に植えたナスに半身萎凋病が発生した。
半身萎凋病というのは、ナスやジャガイモの一部の葉が突然枯れてしまう病気である。他の部分はなんとか生きているが、枯れたような枯れていないような状態がずっと続く。
半身萎凋病によって枯れた植物を放置すると、葉で菌核を作って地面に落ちる。落ちた菌核は土の中で過ごして来年また病気が発生する。

これはブロッコリーを輪作することで抑えられるそうだ。
ブロッコリーも半身萎凋病に感染しやすい植物だが、枯れてしまうほどひどくはならないし、収穫だって可能だ。
茎の内部が空洞になるが、茎の中では菌核が作れない。
さらにブロッコリを栽培することで、土中の菌を発芽させて菌の密度を下げることができる。
収穫が終わったブロッコリーの茎葉を畑から持ち出す必要もない。そのまま刻んで土にすき込めばいい。
そんなわけで、畑が空いていたらブロッコリーを作るといい。

2019年3月25日 (月)

ココログ不具合

天気が悪いのでブログを更新と思ったが、今日もココログはコケたままだ。いつになったら直るのか。
トップページからたどればログインできることがあるという情報があったので試してみた。
なるほど、これならログインできる。なんとかブログの更新もできそうだ。

ログインにかかわる不具合は、ブログシステムのリニューアルによるものらしい。
改行の処理が変わったようで過去のブログの表示が乱れている。
たとえば、今まで私は写真の上下に改行を入れ、余白を作っていたが、それがなくなっている。
スタイルシート(ブログ設定だと写真の余白)でやれということらしい。
記事を直してもいいが、ココログ側の処理が変われば、また表示が乱れてしまう。

2019年3月23日 (土)

ジャガイモ植えた

ジャガイモを植えた。ジャガイモは栽培中に土寄せするので、畝(うね)は低い方がいい。畝なんか立てずに、土を耕して、そのまま溝だけ切ればいい。

Potatefurrow ▽ジャガイモの植え方

種芋は浅植えすればよい。鍬の角っこで引っ掻くようにして浅い溝を切り、種芋を並べる。種芋の間に鶏糞を置いて、溝を埋めておしまい。

芽はすぐに地表に出るから、早く光合成を始められる。この時に芽の数を調整するといい。土が浅いから間引くのもすごく楽。茎が短いうちに間引くからロスも少ない。
茎がある程度伸びてきたら、何度か土寄せをして畝を作っていく。土寄せで倒伏も防げるし、芋が緑化することもない。雑草もかなり抑えられる。
今回植えた種芋は2種類。シンシアとシェリー、シェリーは種芋が売っていなかったので、手持ちの芋を植えることになった。

Potatetubercherie ▽シェリー

ネットでは、ジャガイモの肥料は鶏糞と化成肥料のどちらがいいかという論争がある。
私の場合は、元肥は鶏糞、追肥も鶏糞、うっかり肥料切れになった時の追肥だけ化成肥料を使っている。

※1. ジャガイモの表面がザラザラになる病気

2019年3月22日 (金)

漬物の様子

白菜の漬物がおいしくなってきた。古い方の樽から1.4kgほど取り出した。
食べる分だけ小鉢に出して、残りはポリ袋に入れて誰かに押し付けよう。

Hakusaizuke1200g ▽白菜漬け1.2kg

15kgもの漬け物を消費するのは大変だと思っていたが、白菜は半分(推測)が漬け汁として出てしまうので、実質、その半分を食べ尽くせばいい。
そう考えるとなんとかなる…かもしれない。

ついでに、たくわんを取り出してみた。写真はない。手に糠がつくのでカメラを使えない。
見た目は普通で食べられないことはないが、まだ大根くさくておいしくない。食べるのはもっと酸っぱくなってからだな。

 

2019年3月21日 (木)

パソコン修理

今日の天気は雨。わかっていたことなので、徹夜でブログを更新…と思ったが、相変わらずココログがコケている。

午後から隣市まで出かけてパソコン修理。
依頼主が言うには、2年くらい前にうちから買ったパソコンを修理してくれという話だった。
修理前提で訪問したが、パソコンは、DELL Inspiron545/MTだから、2年前とは思えない。直近の納品書にも記録がない。納品は2016年7月以前のようだ。

パソコンを調べたところ、電源か、電源スイッチが壊れているように見える。
電源を交換するには1万円以上かかる。3年以上前に納品した中古PCをわざわざ修理する価値はあるのだろうか。
そんなわけで、パソコンを更新することになった。
PCは中古のDELL Optiplex7010、OS=Windows10, CPU=i5, MEM=4GB, HDD=500GB, OPT=DVD/Multiである。
キーボードやマウス、電源ケーブルなどを再利用したので、費用は21,600円である。

 

2019年3月20日 (水)

白菜2018まとめ

畑に1個だけ残っていた白菜(品種=無双)を収穫した。

Hakusailast2019

今年栽培していた白菜は2品種。前半は早生の富風、後半は無双を食べていた。
植え付けてすぐは度重なる台風でひどい目に遭ったが後半は持ち直した。すべて結球し、4か月に渡って食べることができた。理由はよくわからないが、根のコブもまったく見かけなくなった。

無双は抵抗性品種ではない。前作は長期に渡ってブロッコリ(品種=緑積)を栽培していた。アブラナ科の連作ということになる。
里芋を作っていたことも関係しているのだろうか。里芋には多量の刈り草を使うので、土の腐植質が多くなる。

白菜があった畝2本を立て直した。
白菜は隣の畝を耕すだけで腐ることがある。だからすべての収穫が終わるまで触らないにしている。
雑草もそのまま。どうしても雑草を取りたい時は、土の表面を削るように除去するか、そっと抜いて根に土を付けたまま遠くに運ぶ。とにかく白菜の上に土を落としてはいけない。
そうすることで軟腐病は激減する。
白菜を植えた畝は土のpHがやや高め。夏野菜を植えるのに適しているが、ここにはジャガイモを植える予定。

2019年3月19日 (火)

パソコン修理

今日から、病院でもらってきた酒が飲める痛風の薬フェブリクを飲む。

この薬により尿酸値が下がると、関節にたまっている尿酸結晶が溶け始める。それによって結晶がはがれて移動すると、その部位で炎症を起こす可能性がある。
つまり、痛風の治療を開始すると痛風の発作が起きやすい。
これは痛風のプロ(患者的な意味で)にとっては常識だが、医者は否定する。これだから素人は…。

さて、今日は午後から中古PCの修理に出かけよう。
依頼節のPCは、少ないHDDにiTunesの曲データなどが入っていて、そこにWindows10のUpdateを食らって残り数十MBしか残っていない。
それが原因で、まともに動かなくなっているようだ。
ドライブD:はガラガラだから、そちらに曲データを入れてもらうとよかったのだが…。
さて、修理しようにもHDDいっぱいではどうしようもないな。Core2時代のPCなので、PCの更新することになった。
DELL Optiplex7010、OS=Windows10, CPU=i5, MEM=4GB, HDD=500GB, OPT=DVD/Multiを納品した。
キーボード、マウス、ディスプレイ、電源ケーブルなど一切なしで21,600円である。
あと、白菜の漬物を1Kgほど押し付けた。

 

2019年3月18日 (月)

三冠王

血液検査の結果を聞くため、病院に電話をかけた。
「いきなりだけど、やっぱり尿酸値が深刻なのでこちらに来てください」とこと。
ちょっとびびったが、病院でいつもの用紙(※1)を見せてもらうと、尿酸値は7.9だった。
コレステロールとγ-GTPがほんの少し正常値を上回っており、三冠王を達成した。

▽あとで写真

痛風のプロから言わせると、7.9なんてたいした数字ではないのだが、医者が治療する気満々なので従うことにした。
痛風患者におなじみの、フェブリク20mgという薬を処方された。いわゆる「酒が飲める薬」である。
いざという時のために、痛み止めのロキソニンももらった。
「使用期限が切れたときに細胞培養に転用するのでコルヒチンと交換してください」と言うわけにもいかず、そのままもらって帰って来た。
私は痛風のプロだ。痛み止めが必要な事態になるわけがないだろう。

「あ、湿布もください。」

こちらも安定のモーラステープだ。この湿布はひじょうによく効くが、何か月もしてから日光に当たると皮膚が炎症を起こすことがある。ビーチサンダルで浜辺を歩いたりしなければ大丈夫だ。

▽あとで写真

治療に使われるすべてのものは把握している。何しろ私はプロだからな。
事故で指を切断したことがあるが、痛風はそれよりも痛い。万全の対策をしているに決まっているだろう。

コレステロールとか、γ-GTPについては、先輩方には遠く及ばない記録なので気にしていない。
夕食は唐揚げ+ビールである。

※1. ミツバチとかアシナガバチとかスズメバチの抗体検査と同じ用紙である。

2019年3月17日 (日)

再び白菜 #2

昨日から干してある白菜を漬けよう。干した白菜を計量したところ、重さは7.0kgほど。
食べるのは半月くらい先になりそうだから、少しでも日持ちするよう、白菜の重さに対して塩4%とした。
漬け込んでから気付いたのだが、食塩を増やしたところで保存性はほとんど変わらない。

海水をコップ1杯飲むのはかなりつらいが、海水の塩分濃度は3.5%程度。海水の中でも物は腐る。
漬物は塩で漬けたから保存が利くのではなく、おそらく空気が遮断されて酸素が少ないから腐りにくいだけ。
白菜の漬物の定番は塩分3%。それを4%にしたところで効果はないと思う。

ちなみに吸い物の塩分濃度は1%、人体というか生理的食塩水は0.9%である。
梅干しは干すことで塩分濃度を20%以上に上げているから別格。

鷹の爪はキレイなのでたくさん入れたい。おすそわけする時に、鷹の爪が一つ入っているだけで見栄えがいい。
トウガラシは内部の胎座が辛い。そしてトウガラシの辛み成分カプサイシンは水に溶けにくい。
果皮が破れていない鷹の爪を丸ごと使えば、ひとつかみ入れても大丈夫。
ただし、かき混ぜるときに鷹の爪が破れてしまうと辛くなってしまう。鷹の爪を入れずに漬けて、樽から漬物をあげてからわざとらしく添えるのもオススメ。

 

2019年3月16日 (土)

再び白菜漬け

残っている白菜は5個。残りも収穫して漬物にしよう。
我が家の漬け樽4個は、奈良漬×2、たくわん×1、白菜×1で使用中。
コメリで5個目となるプラ樽20Lと漬物用ビニール袋を買ってきた。

畑で越冬していた白菜は、枯れた葉っぱで覆われている。

▽あとで写真

ゴミみたいな姿をしているが、枯れ葉の中には立派な白菜が入っている。
上部を包丁でカットして中の白い部分を取り出す。
白菜は下半分に包丁を入れて、裂くようにして四つ割りにした。これを明日まで軒下に干しておく。

Hakusaisplit

中はすでに抽苔している。花芽は煮て食べるとうまいので鍋物に使おう。

 Hakusaibuds

抽苔によって裂け目ができている白菜もある。この部分は切り落として鍋物へ。
バラした葉を刻んで500gほどを即席漬けにした。

 

嫁の罠

風呂から上がってシャツを着たら、中にハチが入っていて胸を刺されてしまった。
洗濯したTシャツは、嫁がたたんでタンスにしまったはずだが、その時にピンセットでハチを入れたのかもしれない。
右胸が腫れてちょっとおっぱいができた。心臓を狙ったが失敗に終わったのかもしれない。

ハチはセグロアシナガバチの女王蜂だった。捕まえて越冬できそうな場所に逃がしてやった。
逃がす前に、ヨーグルトとか蜂蜜をなめさせてやればよかった。
洗濯物を干していた場所には、アシナガバチの巣箱があるし、わりとたくさんの女王蜂が越冬している。嫁がピンセットで入れたのでなければ、おそらくこのハチはうちの子だろう。

写真は撮ったが、ハチじゃなくてオッサンのおっぱいなので以下略。

2019年3月15日 (金)

血液検査

花粉症の薬をもらうため、病院に行った。いつもの薬なのでたいした診察もない。
そういえば、足の親指の付け根がちょっと痛む。きっと痛風のむずむずである。
むずむずは痛風発作の前ぶれである。前触れを察知したら、食事に気を付ければよい。
この意見は医者に否定されたが、なにしろ医者は素人(※1)だからな。信じてくれないのもしかたがない。

まあいい。どうせ初診料を払うのだから、血液検査もしてもらおう。
私は年に一度くらいのペースで血液検査をしているから、医師も慣れたものだ。
痛風に対するやばさは血液の尿酸値でわかる。検査結果がわかるのは来週の月曜日だ。

※1. 患者的な意味である。男の産婦人科医もおそらく全員が素人である。

 

2019年3月14日 (木)

ハム解禁

ハムスターを買ってからずっと、環境に慣れるまで触らずに我慢していた。
もうそろそろ触ってもいい頃だろう。
あまり触らずにいたためか、ハムスターはすっかり人見知りになっていまった。
隠れ家であるハム小屋を没収し、これからは毎日触ってみよう。
毎日、いいろんな物を混ぜたエサを与えているが、エサ箱には気に入らないエサだけが残されている。もう新しいエサは入れない。
おいしいモノが食べたいなら、人の手からもらうことだな。

こいつは気に入らないことがあると、威嚇のつもりなのか、ジージーと鳴く。
ケージの掃除はもちろん、水入れを交換しても鳴く。ヒマワリのタネをもらった時も鳴く。
ひっくり返してやると、ひっくり返ったままジージーと鳴いているが、ヒマワリのタネを差し出すとちゃんと受け取る。
まあ、そのうち慣れるだろう。

先代のハムスターはめったに鳴かなかった。
鳴き声を聞いたのは2年間でたった2度。死ぬ直前とその一か月前だけだった。

2019年3月13日 (水)

白菜の味見

先日、樽に漬けた白菜を味見してみた。
漬け物は酸っぱくなってからがおいしいのだが、それまでに食べ始めないと腐ってしまう。
底の方が先に漬かるらしいので、一番下のやつを味見。
白菜に対して3%分の食塩を入れたはずだが、思っていたほどしょっぱくない。むしろ甘いくらいだ。
もっと塩分が多くて、すっぱくなった方が好みだが、まあ、これくらいでも食えなくはない。
ゴマを炒って、唐辛子と醤油をかけて食べるのが好き。
Hakusaiduketest
即席漬けも足すと7.1kgもある。さっさとご近所さんにバラまいて処分して、残りの白菜も漬けたい。

2019年3月12日 (火)

親子で偽装

爆発した白菜で作った即席漬けはなかなかいい味になった。
だが即席漬けだけで500gもある。とても食べ切れないので、半分ほど叔母に押し付けることにした。
自家製の漬物ではあるが、即席漬けではちょっとガッカリだ。
私は即席漬けに唐辛子と昆布を入れて、漬け物が即席漬けではないように偽装した。
母はこれを「うちで漬けたんだけど」と、さも自分が作ったかのように偽装して妹に渡す。親子で完全犯罪である。
樽の白菜漬けは、一日遅れで水が上がった。これでひと安心だ。
一晩、空中に浮いていた部分があったはずだが、まあ大丈夫だろう。重石を半分に減らした。

2019年3月11日 (月)

重石

漬け物は重石で早く水を上げ、少しでも早く塩水に没するように漬けるのがコツだ。
いったん水が上がれば、重石を軽くすればいい。
重石は奈良漬やたくあんにも使っているので5kgがたった1個しかない。
そこで重石の上にまな板を置いて、その上に鉄アレイ5kg×2を入れたバケツを置いた。慣れたものである。
さて、水は上がっているかな…。
重石の隙間から白菜をのぞくが、水が上がっていない。
山盛りだった白菜は樽に収まるように沈んでいるが、樽より上にあったまな板が樽の上に橋をかけていた。それより下には沈まない。アホー。
まな板を外して、重石の上にバケツを置いてやり直し。

2019年3月 8日 (金)

白菜の漬物

鍋物や八宝菜など、毎日のように白菜を食べている。
だが畑の白菜はまだたくさん残っている。畝(うね)1列、手つかずに残っている。このままほっておくと抽苔するだけだ。
収穫して漬物にしてしまおう。
白菜の漬物はとても簡単だ。白菜の重さに対して3-4%の塩を振り、2倍の重石をかけて漬けるだけ。
昆布や唐辛子を入れると良い。水が上がったら、重石を半分に減らす。
昨日の朝、母に白菜を収穫して干しておいてもらったのだが、残念なことになっていた。
白菜は四つ割りにされて干されていると思っていたが、まるで爆発したかのような姿になっていた。
普通は、白菜の下半分に包丁を入れ、割くようにして四つ割りにする。包丁で四分割に切ると、先端の葉がバラけてしまうからだ。
母は包丁でそのまま四つに切ってから干したため、葉がバラけてしまったというわけだ。
いいトシをしてそんなヘマをするとは思わなかった。
しかたがないので、バラけた白菜の中から、大きい葉だけを重ねて漬けることにした。
バラけた白菜はかさばる。たった3個、重さにして6.6kgしかないのに、20Lの樽に入りきらない。
Hakusaiduke2019
小さく切れてしまった白菜は、刻み直してビニール袋に入れ、即席漬けの素をまぶして漬け物にした。250g×2袋。
即席漬けの方は数時間で食べられるらしいが、まずそうなので明日になってから食べよう。

2019年3月 7日 (木)

痛風サプリ

先日、痛風のことについて検索したら、痛風に関する商品の広告が表示されるようになった。
クリックしたら、さらにたくさんの広告が表示されるようになった。相当うざい。
尿酸値を下げるサプリは、いくつかの会社から販売されているようだ。成分を見ると、どこの会社のサプリも怪しい。
商品があるということは、買うやつがいるということだ。
こんな怪しげなものを飲むくらいなら、食べるのを控えればいい。どうしても食べたいというなら、ちゃんとした薬を飲めばいい。
尿酸値を下げる薬はすでにある。尿酸の生成を抑える薬もあれば、尿酸を排泄する薬もある(※1)。これらは確実に効くし、高価な薬でもない。
にもかかわらず、怪しいサプリを飲む連中の気持ちがわからない。
痛風の発作はとても痛いので、我々はサプリなどで解決しようなんて思わない。
痛風の薬はとてもよく効く。我々の間では、安心して酒が飲める薬としても知られているほどだ。

2019年3月 6日 (水)

パソコン納品

中古PCの注文があった。娘にノートPCを取られたので、急遽、パソコンを手配して欲しいとのこと。
会社で指定された確定申告のソフトを使って申告をしなくてはならないそうだ。
ノートPCが希望だったが、うちはノートPCのジャンクは扱っていない。
自分で新品を買うか、うちのデスクトップとどちらがいいか。
デスクトップなら今すぐにでも渡せるわけで、納期と価格は破壊的である。
夜、パソコンを買いに来た。
定番になりつつあるDELL Optiplex7010を納品した。スペックはOS=Windows10, CPU=i5, MEM=4GB, HDD=500GB, OPT=DVD/Multiである。
その場で確定申告用のソフトをインストールし、過去のデータを開いて編集するところまで確認した。
引き揚げ品のキーボード、マウス、17'LCD付きで21,600円である。

2019年3月 5日 (火)

ハムを買った

ペットショップにウサギのトイレ砂を買いに行った。
私が愛用しているトイレ砂は、オカラとクエン酸と澱粉で作られている。そのまま畑に捨てれば肥料になる。
ブルーベリーにちょうどいい。まあ、ウサギ1匹ではたかがしれているが。
そのペットショップにハムスターが売られていた。
うちのブッフォンは昨年末に死んでしまった。ハム用のケージも空いているし、そろそろ次のハムを飼うことにしよう。
生後2か月、やや大きく育って売り時を逃しつつある三毛ハムと、ジャンガリアンが値引き販売されていた。
これはなかなかかわいいな。大きいハムスターは丈夫だ。
たくさんのハムの中から、人懐っこくて噛まない子を選ばないといけない。
我々夫婦は、ハムスターには慣れている。ハムスターを手に乗せて、指を噛んだりしないか確認しよう。手を消毒して、ハムスターを手に載せてみた。
手に乗ることをまったく恐れない子たちだった。手に乗って、指の間に顔を突っ込んだりしつつ、じつに鮮やかに指を噛む。
たいして痛くはないのだが、うちにいたハムーやウサギとは次元が違う切れ味だ。夫婦そろって、店の人が心配するほど流血してしまった。
こいつらが売れ残った理由もわかるような気がする。
売れ残り君たちを買ってあげたかったが、素直に生後半月の子を買ってしまった。
▽あとで写真
環境が変わったので、数日間はそっとしておこう。

2019年3月 4日 (月)

EMPiRE Live 24H

アイドルグループEMPiREに所属しているまゆぱいは、昨日から今日にかけての24時間ライブを最後に卒業することになっている
ライブの様子はニコ生で配信されており、数百円ほどの課金でライブを見ることができる。
私も見ることにした。私はヲタ度が高くないので、まゆぱいの涙なんかで泣くわけがない。卒業するまゆぱいと、それを見て泣くヲタ共を見ていた。
24時間ライブといっても、1時間毎に3曲歌い、トークタイムがあって、握手会やチェキ。それが終わったら休憩が入るが、行列が長ければ休憩はない。
ライブは12:00から始まったが、ゆかぱいは体調が悪いようで早々に声が出なくなり、19:00(8部)ではトークから外された。
21:00(10部)はゆかぱいのパートを他の子がうまくカバーしていた。まほぱいGJだ。
そして問題の22:00(11部)を迎える。この時間になると、最年少のどりこが「見たいテレビがある」という理由で帰宅してしまう(※1)。
ここまで30曲を歌っている。残ったメンバーで次のステージは大丈夫なのか。
暗いステージが明るくなると誰かが立っていた。その子が誰なのか、私が認識するまで0.1秒もかからなかった。
ゆいなキターーーーーー!!
不覚にも私はここで涙を流してしまった。
ゆいな、正しい名前は、YUiNA-EMPiRE。彼女はEMPiREの初期メンバーだったが、事情があってBiSに移籍した。移籍先での名前もそのままYUiNA-EMPIREである。
移籍と言えば聞こえがいいが、エイベックスから地下アイドルへの移籍である。2軍落ちどころではない。
そのユイナがBiSの衣装のまま、ステージに立っていた。
BiSはこの日、仙台でライブがあったはず。このために新幹線で戻って来たようだ。EMPiREの歌も振り付けも完璧にこなせる。こんなに心強い助っ人は他にいない。
当日のライブが公開されたので貼っておく。
見ているのが自宅でよかった。涙を流しながらステージを見るオッサンとかじつにキモイ。

2019年3月 3日 (日)

海岸清掃

某海岸で海岸清掃に参加した。今日は海浜植物の間にたまっているゴミを人海戦術で除去した。
大きな流木はまとめて積み上げればいい。県に連絡すれば片付けてもらえる。
小さな流木は集めて焼却したのだが、作業中に前髪を焼いてしまったらしく、アホ毛のまま一日を過ごした。
海岸清掃のついでにクルミを拾ってきた。両手にいっぱい程度だ。
三重県の海岸で拾ったクルミであっても三重県産とは限らない。県外の河川から流れて来たクルミが、いったん海に出て、この海岸に打ち上げられた可能性がある。

2019年3月 2日 (土)

ウミガメの卵

きのこ研究会の宴会総会が近いので、キノコを模したお菓子を作ろう。
ホットケーキミックスで作った生地にブルーベリージャムを混ぜると、灰色の残念な色になってしまう。
だがその色は、ニガイグチに似ている。パンケーキにすれば、キノコっぽいものができるのではないだろうか。
そう思って、たこ焼き器で焼いてみたのがこれ。
Turtleegg
孵化直前のウミガメの卵を焼いたような料理になってしまった。そのまま焼けばよかったのに、途中でたこ焼きのようにひっくり返したのが失敗だった。
ところで、ジャムを作るときに焦がしてしまった経験はないだろうか。
そういう時は、ホットケーキに混ぜて食べるといい。
ホットケーキの色は残念な感じになってしまうが、そんな時はウミガメの卵がオススメである。処分したいジャムをたっぷり入れたホットケーキは、食べる時にシロップもかけなくていい。
ジャムの甘さは砂糖と違って、冷めてから食べた方が甘い。

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

最近のトラックバック