« ソレコンはまた来年 | トップページ | USBに異物 »

2019年2月18日 (月)

中古PCの再生

中古PCのセットアップ。現在の主力は、Windows7-8.1時代のOptiplex7010だ。
メモリを増設し、新品のHDDを取り付けて、Windows10をインストールする作業を延々と繰り返す。
インストールには時間がかかるが、その間、他のことをしていれば良い。
Windows10は、時期によって無料ではなくなるが、ここ1年ほどは無料でインストールできる状態が続いている。
まずはMicrosoftからWindows10をダウンロードして、インストール用USBを作る。
最新のWindowsに対応するため、この手順は毎回やり直した方がいい。
このインストール用USBを使ってWindows10をインストールする。作業中にプロダクトキーの入力を要求されるが、これをスキップ(持っていないを選択)してWindows10のインストールを最後まで進める。
セットアップが完了しても、まだライセンス認証が終わっていない。
システムのプロパティを開いて、そのPCに付属していたWindowsのプロダクトキーを入力する。
Windows10に、Windows7やWindows8のプロダクトIDを入力することになるが、これで作業完了となる。
この手順も時期やPCによって異なることがあるが、ここ1年ほどは変わっていないようだ。
なお、過去にWindows10をインストールしたことがあるPCでは、一度もプロダクトIDを入力しなくても良いらしい。

« ソレコンはまた来年 | トップページ | USBに異物 »

お仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ソレコンはまた来年 | トップページ | USBに異物 »

最近のトラックバック