« タッチダウン | トップページ | ウミガメの卵 »

2019年2月28日 (木)

DGPSお疲れ様

東海地方では、救急絆創膏のことをバンドエイドと呼ぶ。北海道ではサビオ、九州ではリバテープと呼ぶのが多数派らしい。

日本人は衛星測位システムのことをすべてGPSと呼んでいるが、これは本来、米国の測位システムの呼び名である。
※GPSはGlobal Positioning Satelliteの略である。
GPSネタがやたらと多いこのブログでは、みちびきに代表される準天頂衛星システムもGPSと呼んでいるが、正しくはQZSS(Quasi-Zenith Satellite System)と呼ぶべきらしい。

その話はおいといて、日本がGPSを利用し始めた当時は測位精度が低かった。
そこで日本では各地にDGPSと呼ばれる測位基準局を置いて、測位精度を上げる工夫をしていた。
近年、(米国の)GPSの精度が上がり、さらに2018年11月にはQZSS(みちびき)の運用も始まった。これによりDGPSは不要となった。
明日2019年3月1日で、DGPSは停止することになっている。今までお疲れ様。

 

« タッチダウン | トップページ | ウミガメの卵 »

電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: DGPSお疲れ様:

« タッチダウン | トップページ | ウミガメの卵 »

最近のトラックバック