« ギムカリトリオ | トップページ | 2m級引越し3本目 »

2019年2月 9日 (土)

Arduinoにメモリ

Arduinoはひじょうによくできたマイコンボードだが、私がよく使うArduinoNanoだと、ROMは32KBほどしかない。
大きなデータを扱うためには、外部メモリを接続しなくてはならない。
Arduinoにメモリを増設することはできないが、回路上にSDカードスロットを用意すれば外部記憶と同じだ。いくらでもデータを読み書きできる。
秋月電子で販売されているSDカードスロットはなかなか安定しないが、そういう人は電源不足だ。別電源を用意すればちゃんと使える。ArduinoNanoは5Vで動作するため、SDカードを読み書きするには、3.3Vにレベル変換する必要がある。きちんとレベル変換モジュールを載せたい。

なんてことをやっていると回路規模が大きくなってブレボを圧迫する。
そんな時は、記憶容量が数MBでよければ、Flashメモリモジュールがオススメ。

▽あとで写真

これにL字型のピンを付けると、指でつまんで交換できる。

▽あとで写真

SDカードはWindowsからファイルを書き込むこともでき、マイコンからすぐに利用できる。だがFlashメモリモジュールだと、まずはFlashメモリモジュールを書き込みする装置を作らねばならない。

そんな装置を作る手間を考えたら、やっぱりSDカードの方が楽かもしれない。
だったら、そもそもArduinoではなく、もっとメモリが大きいマイコンモジュールを使えばいい話ではないのか。

…という問題を何とかしろと上司に言われたが、方針が決まらないまま、かれこれ半年が経過した。

« ギムカリトリオ | トップページ | 2m級引越し3本目 »

電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Arduinoにメモリ:

« ギムカリトリオ | トップページ | 2m級引越し3本目 »

最近のトラックバック