« アジアカップ1回戦 | トップページ | 磁気センサの使い方 »

2019年1月22日 (火)

BB並木とフェンス

計画しているブルーベリー並木だが、じつは20m先で隣接するお宅のフェンスと交差する。
借りている畑は、畑の形が平行四辺形になっている。
辺に対して並行に畝を作れば美しいのだが、畑の中央付近の畝を、辺と平行に作るのは本当に難しい。測量でもしなければ無理だ。
私は辺に対して直角に畝を延ばすことにした。直角なら目で正確に測量できる。
辺に対して直角となるよう遠くを見て、まずは目標地点に支柱を立てる。あとは支柱を目指して畝を作ればいいだけど。
以前にも紹介したことがあるが、これは7年以上前の航空写真。

Myfarm

畑を借りた時は、すべての畝(うね)が上辺に対して平行に作られていたが、それを道路に対して直角に作り直している。辺に対して平行な畝が全滅寸前になっているのがわかるだろうか。
もちろん現在はすべての畝が道路に対して直角になっている。

このブログでは、月始めに畑ログを残しているが、畑ログの列番号は写真の畝に対してのものだ。
北から順に0-Fまでの通し番号が付いていている。畝は中央で分割し、畝番号にE/W(東西)を付加して表される。
ブルーベリー並木の開始地点は、畝1E=ブルーベリー(SSSLLL)という謎のメモで表される。
来月の畑ログで確認していただきたい。

« アジアカップ1回戦 | トップページ | 磁気センサの使い方 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BB並木とフェンス:

« アジアカップ1回戦 | トップページ | 磁気センサの使い方 »

最近のトラックバック