« 畑にポン太 | トップページ | 海岸清掃 »

2019年1月 5日 (土)

害獣トーク

裏山で枯れ木を拾ってきて、庭でたき火。
帰省しているツノ丸と一緒に、スペアリブを焼いて食った。スペアリブの骨は、わざわざ畑に捨てることにした。
日中だとカラスに荒らされるので、夕方まで待ってから畑に骨を捨てた。
ポン太たちは夕方が巡回タイムらしく、すぐに来て食べて行った。
ポン太たちは、どこから現れるのだろう。

ところで、焚き火用の倒木を家まで引きずっていたら、近所の人に「最近、タヌキが出る」と話しかけられた。
夏にキュウリを喰われたと言いながら、リンゴを半分に切ったやつを置いたら、すぐ近くまで食べに来るとか言っていた。
なんだかんだ言って、みんなサルやイノシシ以外の害獣には優しいな。
サルやイノシシは、たった一日で畑の作物を壊滅させてしまうが、
タヌキは何日にもわたって食べていくから、どうしてもというなら防除できる。

害獣を殺意順に並べると、モグラ、サル、ネズミ、アライグマ、野犬、イタチかな。
アライグマは外来種だし、野犬とイタチは鶏の敵だ。まあ、駆除しようとまでは思わないが。
シカやイノシシは被害に遭ったことがないし、おいしいので除外。
あと、ここらで見かけるのは、キツネとアナグマ、ハクビシン、ヌートリアくらい。

« 畑にポン太 | トップページ | 海岸清掃 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 害獣トーク:

« 畑にポン太 | トップページ | 海岸清掃 »

最近のトラックバック