« 脱税アマゾン | トップページ | 里親候補に電話 »

2019年1月26日 (土)

ストローでラベル

ブルーベリー並木を作るために、畑ではすべての苗が堀り上げられて仮植え状態になっている。
そのままでは品種がわからなくなるので、1本ずつ品種名を付けておきたい。
品種ラベルを挿しておくのは最悪。土をならすと抜けてしまうし、すぐに土に埋まってしまう。
品種名を書いたテープ状のビニールヒモをくくり付けるのも悪くな。ただヒモをくくるのが面倒だし、ヒモなので読みにくい。
竹を割ってラベルにすれば、土には埋まらないし悪くないと思う。これなら土にも埋まらない。
オススメはこれ。100円ショップのストロー。

▽あとで写真

このストローを5本に切ってこうやって使う。

▽あとで写真

ストローはご丁寧に青と赤と黄色になっているから、それぞれノーザンハイブッシュ、ラビットアイ、サザンハイブッシュを区別できる。
耐久性はないと思うが、仮植えの間だけ持てばいい。
ちなみに赤のマジックで品種を書くと半月で読めなくなる。マジックは必ず黒を使おう。
それでも寿命はせいぜいふた月だと思っている。それまでに植え替えを終わらせたい。

« 脱税アマゾン | トップページ | 里親候補に電話 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ストローでラベル:

« 脱税アマゾン | トップページ | 里親候補に電話 »

最近のトラックバック