« 予定地の視察 | トップページ | BB並木の品種 »

2019年1月18日 (金)

Aで始まるBB

ラビットアイ系ブルーベリーにAustinという品種がある。
こいつは今までアルファベットのA担当品種として栽培していた。苗木としてすぐ植えられるよう植木鉢で栽培していた。
植木鉢だとコガネムシ対策で、オルトランという農薬を使う。実はすべて摘果していた。

世間の評判はよくない。大手通販ショップのカタログに、タネが目立つと書かれている。
Austinという品種名は、ブルーベリーの育種で有名な人の名前から付けられている。そんな品種だったら、生涯でイチオシくらいの品種なのではないか。
イチゴのタネを気にする人はいないと思うが、ブルーベリーだってきっと果肉とタネの割合だと思うんだよね。
この品種も剪定をきつくして大粒にすれば、すばらしい品種になるのではないだろうか。

Baldwinという品種だってそうだ。Baldwinという品種を絶賛している人はほとんどいない。だが樹形以外は本当にすばらしい品種(※1)である。地植えにしてブドウのような大粒に育てるのがコツ(※2)だ。

というわけで、今年はちゃんとAustinを地植えしてみようと思う。鉢がいっぱいになったとか、アルファベット順にしたいとかいうのはただの偶然だ。

※1. 地面に対して水平の枝を出すから、まじて剪定に困る。
※2. だからそのコツは何なのかという質問は却下。

« 予定地の視察 | トップページ | BB並木の品種 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Aで始まるBB:

« 予定地の視察 | トップページ | BB並木の品種 »

最近のトラックバック