« たくあん漬けた | トップページ | パソコン修理 »

2018年12月21日 (金)

畑の鶏肉

親父が昔、一家で畑仕事に出かけた時は、昼飯時に火を起こしてお茶を飲んでいたという。
そのお茶というのは、畑に植えてある茶の木の葉をむしって、生のまま煮出したものだ。水は山のわき水である。

お茶はともかく、畑で火を起こして何か調理するのは楽しそうだ。今日は天気がいいし、何より風がない。そんなわけで、私も畑で何かやってみることにした。

親父の畑は家から1kmほどの山の上にあったが、私の畑は徒歩10秒だ。昼飯を持っていくのはおかしい。
まあ、ビールでも飲むことにしよう。

畑にナイフとフライパン、塩コショウした鶏のモモ肉、水とビールを持っていった。
裏山から枯れ木を引きずって来た。薪には不自由しない。石でカマドを作り、火を起こして昼間からチキンソテーにビールは最高だ。

キッチンで鶏のモモ肉を一枚焼くと、そこそこ時間がかかるし油がはねる。
畑で焼いて食べるにはちょうどいいと思ったが、焼いている間は畑仕事もできないし、なんか思っていたのと違うなあ。
時間がかかるけど放置気味に調理できて、酒の肴にもなる料理を考えたい。

« たくあん漬けた | トップページ | パソコン修理 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 畑の鶏肉:

« たくあん漬けた | トップページ | パソコン修理 »

最近のトラックバック