« Arduinoが開発不能になったら | トップページ | マイサカキ »

2018年12月11日 (火)

それが中華製Arduinoだったら

ArduinoIDEにおいて、エラーが出たにもかかわらず「コンパイルが完了しました」と表示されてしまうことがある。
しめしめ、なぜだか知らんがうまくいったぞ…と思って、そのままプログラムを書き込むと再起不能になる。
まずは前日の記事を参考にしていただきたい。それで動くようなら、それでいい。
それでもダメなら、以下のことを順に試すのがセオリーだが、どうせムダだ。

(1)ArduinoIDEを再起動する。
(2)USBケーブルを抜いてみる。
(3)Windowsを再起動する。

これらの手順を踏んでも元に戻らない人は、中華製のパチモンArduinoを使っているのではなかろうか。
だったらデバイスドライバをファイルごと削除して再インストールするのが早い。

Thisdevice

この時、[_]ファイルを削除するにチェックを入れておかないといけない。
そうしないと、さっきのドライバが再利用されるだけで意味がない。

削除が終わったら、いったんUSBケーブルを抜いて、もう一度挿すといい。
ドライバを要求されるか、あるいはデバイスマネージャ→USB2.0-Serial→ドライバソフトウェアの更新
とやって、中華製シリアルドライバ(ex.CH340)などのドライバを再インストールすれば直る。
今回はWindows8.1+ArduinoIDE 1.8.8で確認したのだが、他のWindowsはどうなっているのかよく知らない。

一般的なマイコンボードでは、FTDI社のUSBシリアルICが搭載されているものだが、
中華製のマイコンボードには、コストダウンのためパチモンが搭載されているいることが多い。CH340などと表記されるICで、メーカーサイトさえ存在しない。
そんなドライバだから、少々の不具合はしかたがない。

« Arduinoが開発不能になったら | トップページ | マイサカキ »

電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: それが中華製Arduinoだったら:

« Arduinoが開発不能になったら | トップページ | マイサカキ »

最近のトラックバック