« 畑の草取り | トップページ | 地区運動会 »

2018年10月20日 (土)

みお

水星探査機「みお」が打ち上げられた。欧州のロケットで打ち上げたので、あまり話題になっていない。
LBGT差別発言のみおちゃん(※1)の方が1000倍くらい話題になった。
意見の是非は置いといて、個人的にはどうしてLBGT発言くらいであんなに騒ぐのかわからない。
世の中にはハゲだってデブだってメガネだっているだろう。みんなそれぞれ不自由があると思うが、それを助けるために税金なんて投入するのかって話だ。
おっと脱線してしまった。話を正しい軌道に戻そう。

みおの打ち上げは無事に成功し、これから7年かけて90億km(!)を飛行する。
日本の探査機は満身創痍で運用されることが多い。
はやぶさは言うまでもなく、2010年打ち上げの金星探査機のあかつきは、2010年内に金星の周回軌道に入るはずだったが失敗に終わった。
いったん休眠させて、なんと5年後に再起動。再挑戦で金星の軌道投入に成功した。2016年から現在も観測を続けている。
あかつきの設計寿命は4.5年とされており、設計寿命を大幅に超えた運用は驚異的である。
私も賞味期限が一か月ほど切れたヨーグルトとか納豆を平気で食うが、それとは次元が違う。

探査機は1-2mmのゴミがぶつかっただけで損傷する。砂粒が弾丸よりも速い速度でぶつかると思えばいい。
秒速だとピンと来ないので時速で書くと、ピストルで1500km/h、ライフルで3000km/h、スペースデブリ(宇宙ゴミ)やマイクロメテオロイド(微小隕石)だと30,000km/h以上にも達する。
対策はほぼない。対策したところで、無事を祈ることとたいして変わらない。

言い換えると、無事を祈ることはマイクロメテオロイド(微小隕石)対策と同じ程度の効果がある。
というわけでさっそく作ろう。
打ち上げた探査衛星に向かって無事を祈願をするにはどうすればいいのだろうか。
地球は自転しているし、太陽の周りを公転しているから、どこに向かって祈ればいいかわからない。
それは困ったな(棒読み)。

つづく

※1. 杉田水脈さんのこと。自由民主党所属の衆議院議員である。

« 畑の草取り | トップページ | 地区運動会 »

電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/74607713

この記事へのトラックバック一覧です: みお:

« 畑の草取り | トップページ | 地区運動会 »

最近のトラックバック