« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月29日 (月)

いぶき2号

温室効果ガス観測技術衛星「いぶき2号」が打ち上げられた。
衛星の打ち上げには、H2Aロケットが使われたが、打ち上げ能力に余裕があるので、他国の衛星5機が相乗りしている。
21世紀になってから、ロケットの相乗りは常識となっている。
たとえば先日打ち上げられた、水星探査機「みお」は、フランスのロケットに相乗りさせてもらった。

H2Aロケットの打ち上げは、これがちょうど40回目となる。
6号機で一度失敗したものの、それから34回連続で打ち上げ成功となっている。
もはや日本では成功して当然という空気さえ漂っているが、他国ではまだそうなってはいない。

2018年10月28日 (日)

お別れ会

今年の春、洗濯物を干し場に、セグロアシナガバチが巣を作った。
巣が大きくなると、家人が刺されるかもしれないので、園芸用のパレットに巣を固定して軒下に移動した。

Segurohouse

働き蜂が少ない間は、庭で捕まえた幼虫を与えたりしてかわいがっていた。
台風の時は心配させられたが、周囲を鉢で囲ったり、パレットの上に重石を置いたりしてしのいだ。
無事に新女王が巣立ち、今はお別れ会をしている。

Seguroowakarekai2018
今年は台風が多かった。二つの巣を移動させたが、一つは台風で巣ごと飛ばされてしまった。


2018年10月27日 (土)

準優勝

ツノ丸は某都道府県の3on3(バスケ)の大会に出場した。
準優勝(2/18位)したそうだ。おめでとう。

2018年10月26日 (金)

タマネギの苗床

天気予報によると、夜には雨が降るらしい。
タマネギの小さな苗が、雨に叩かれるとダメージが大きい。タマネギのプランターを畑から軒下に移動した。

タネまきが遅れたのを少しでも取り返さなくてはならない。これから12月まで、天気を気にしながら重いプランターを移動する予定だ。


2018年10月24日 (水)

はやぶさ2を探せ #2

これで探査衛星の方角がわかった。地球の裏側ということもあるわけだ。
変換部分をC言語風に書き直しておこう。

double sinh, cosA;
	:
	:
sinh = sin(theta)*sin(delta) + cos(theta)*cos(delta)*cos(H);
cosA = ( cos(theta)sin(delta) - sin(theta)cos(delta)*cos(H) ) /  cos(h);
h = asin(sinh); 
A = acos(cosA);

自分が地球上のどこにいるのかは、GPSで調べることになる。
手持ちのGPSモジュールは、2017年10月に打ち上げたみちびき4号機(※1)に対応していなかったので、ファームをアップデートした。

自分が向いている方向を知るには、地磁気センサが適している。秋月電子にも同じモジュールがあったが、先日、完売した。
これからやりたい人がいるなら苺Linuxで買えばいい。

まあ、パーツはこんな感じでいいだろう。
私の方は特に問題なく開発が進んでいるのだが、みちびきの開発は無事に進んでいるのだろうか。
みちびきの正式運用は、2018年の11月、つまり来月からということになっている。
これだって当初は今年の3月から運用される予定だったのが、運用開始が延期になったのだ。
最初は私の方が遅れていたのだが、いつの間にか追いついてしまった。

※1. 何度も書いているが、日本版GPS、準天頂衛星システムの名前。

2018年10月23日 (火)

はやぶさ2を探せ

はやぶさ2を応援しようにも、どこを飛んでいるのかわからない。
先日から困っている。

探査衛星の位置は、JAXAが公開している情報からある程度得ることができる。
たとえば昨年のクリスマスイブだと、はやぶさ2はこのあたりを飛んでいた。

2017/12/24.05:00:00, 1117.0, 1.058424889, -0.755552876, 0.128455815, -0.039943682, 0.982787870, -0.000040133, 1.089932562, -0.758984013, 0.131277248, 19548.87, 30821.35, 476.01, 24.26, 47.57, -56.29, -16.16, 273916.6

だから、それはどっちなんだという話である。計算しなければならない。
詳細は割愛するが、最後から三つ目と二つ目が、地球から見たはやぶさ2の赤経αと赤緯δだ。
これを見れば地球からの方角はわかるが、地球は自転しているし、太陽の周りを公転している。自分がいる位置からの方角ではない。

赤道座標から地平座標へ変換する式は、Wikipediaに載っている。
時角をH、観測者の緯度をΦとする。高度(※1)をh、方位角をAとする。

sin h = sinΦsinδ + cosΦcosδcosH
cos A = ( cosΦsinδ - sinΦcosδcosH ) /  cos h

数式の意味はよくわからない。なにしろ私は中卒である。

C言語は角度をradianで扱うから、degreeをradianに変換する必要がある。
相互変換するためにおなじみのコードもメモしておこう。

#include <math.h>
#define pi 3.14159265359
    :
    :
rad = pi / 180.0 * deg;
deg = rad * 180.0 / pi;

※1. 高度というのは経度みたいな単位で、見えている星については北緯と同じになる。理由はこちら
こんなものは中学の理科で学習する内容らしいぞ。いいのか、お前ら。

つづく

2018年10月22日 (月)

オリオン座流星群

オリオン座流星群を見るため外に出たが、月が明るくて見えそうにない。
ライブ中継を見ながら仕事をしていたのだが、めったに流れないし、すべて見逃したようだ。
チャットのログを見ると見逃したことがわかる。

明け方にもう一度外に出た。
固定画面のライブ中継よりは広く夜空を見られるのて、流星を見つけやすい。小さなものを二つ見た。
夏のペルセウス座流星群と比べるとイマイチな感じ。

それにしても寒いな。気温を見ると14℃。アグラオネマなどの観葉植物をいくつか室内に取り込んだ。

2018年10月21日 (日)

地区運動会

2年ぶりの地区運動会。昨年は雨天中止だったが、今年は天気がよく、快適にすごくことができた。

私は100m走と障害物競争とリレーに出場したが、どれも2位だった。

障害物競争は200mほどの距離があるのだが、毎年、150mほどでふらふらになってしまう。もっと走り込んでおけばいいのだろうが、これくらいがちょうどいい。

夕方、家に帰ると、足に張りが残っていていい感じ。

プランターにまいたタマネギの芽が出た。
軒下では日当たりが悪いので、少しでも成長を早めるため、プランターを畑に移動した。

2018年10月20日 (土)

みお

水星探査機「みお」が打ち上げられた。欧州のロケットで打ち上げたので、あまり話題になっていない。
LBGT差別発言のみおちゃん(※1)の方が1000倍くらい話題になった。
意見の是非は置いといて、個人的にはどうしてLBGT発言くらいであんなに騒ぐのかわからない。
世の中にはハゲだってデブだってメガネだっているだろう。みんなそれぞれ不自由があると思うが、それを助けるために税金なんて投入するのかって話だ。
おっと脱線してしまった。話を正しい軌道に戻そう。

みおの打ち上げは無事に成功し、これから7年かけて90億km(!)を飛行する。
日本の探査機は満身創痍で運用されることが多い。
はやぶさは言うまでもなく、2010年打ち上げの金星探査機のあかつきは、2010年内に金星の周回軌道に入るはずだったが失敗に終わった。
いったん休眠させて、なんと5年後に再起動。再挑戦で金星の軌道投入に成功した。2016年から現在も観測を続けている。
あかつきの設計寿命は4.5年とされており、設計寿命を大幅に超えた運用は驚異的である。
私も賞味期限が一か月ほど切れたヨーグルトとか納豆を平気で食うが、それとは次元が違う。

探査機は1-2mmのゴミがぶつかっただけで損傷する。砂粒が弾丸よりも速い速度でぶつかると思えばいい。
秒速だとピンと来ないので時速で書くと、ピストルで1500km/h、ライフルで3000km/h、スペースデブリ(宇宙ゴミ)やマイクロメテオロイド(微小隕石)だと30,000km/h以上にも達する。
対策はほぼない。対策したところで、無事を祈ることとたいして変わらない。

言い換えると、無事を祈ることはマイクロメテオロイド(微小隕石)対策と同じ程度の効果がある。
というわけでさっそく作ろう。
打ち上げた探査衛星に向かって無事を祈願をするにはどうすればいいのだろうか。
地球は自転しているし、太陽の周りを公転しているから、どこに向かって祈ればいいかわからない。
それは困ったな(棒読み)。

つづく

※1. 杉田水脈さんのこと。自由民主党所属の衆議院議員である。

2018年10月19日 (金)

畑の草取り

久しぶりに畑の草取り。
この時期の雑草はタネが実っているため、放置するわけにはいかない。
大きな容器に入れて湿地畑に捨てる。
雑草を抜くと、根に付いた土を落とす人がいるが、この時期はタネも一緒に落ちる。
雑草のタネが落ちてもいい場所にそのまま捨てるのが一番だ。

大きな容器というのは、直径60cmの植木鉢である。
今日一日で4個がいっぱいになってしまった。

2018年10月17日 (水)

ランニングその後

深夜のランニング1/3kmを2本。タイムはわからないが相当速く走っている。地区運動会は次の日曜日だ。
私が走る時間にちょうど新聞配達や牛乳配達の人がやって来ることがある。
何度も遭遇しているのに、いつもビビってくれるのでやる気が出る。

2018年10月16日 (火)

T型基板

うちのRaspberryPiは台風で停電した日を除いて、かれこれ3カ月ずっと連続で動いている。
それくらい使うとなると、RPiに直接配線するのはやってられない。RPi用のT型基板を使って配線するのがオススメだ。
回路を修正する時は電源を入れたまま、フラットケーブルだけをT型基板から抜いて作業するといい。

▽あとで写真

このT型基板を抜くのに苦労するなら、ここを狙うといい。

▽ここに写真

T型基板を奥まで挿さない。半挿しで使っていれば抜き易い。
基板を抜く時はバカよけノッチに、マイナスドライバを挿して回すといい。
この時、ドライバの先端が端子に触れないように注意したい。
この位置はGPIO-9とGPIO-10(SPIのMISI/MISO)なので、VCCやGNDほどのショートはしない。
静電気がRaspberryPiに流れ込む危険性はあるが、フラットケーブルを持って引き抜くよりはマシだと思う。

2018年10月15日 (月)

タマネギのタネマキ

深夜のランニングは1/3kmを1本。

タマネギのタネをまいた。まく時期が少し遅れてしまった上、明日は雨が降るらしい。
今回はプランターで苗を作ることにした。
プランターを軒下に置けば雨の影響を受けずに済むし、毎日確認できるから水切れもない。
我が家の軒下は、日当たりが悪いので、発芽したら畑に並べる予定。

2018年10月14日 (日)

風疹

深夜のランニング1/3kmを1本。

今日は地下アイドルのライブにでも出かけようと思っていた。当日券もあったみたいだし、前日までいごく迷っていた。
が、推しが風疹にかかってこんな状態と聞いてやめた。

Sakifushin480

風疹は法定伝染病だから外に出られない。
だが、よく見ると鼻チューブはイヤホンだし、こんなことやってるんだから、たぶん元気なんだろう。
ちなみにこのコ、地下アイドルの頂点に立つくらいのコです。

そんなわけで24時間ぶっ通しでプログラミングすることにした。ここのところ、RaspberryPiで無線通信をやっているのだが、どうもうまく動かない。

2018年10月13日 (土)

全速力

深夜のランニング1/3kmを1本。ストップウオッチがないのでタイムは不明だが、ほぼ全速力で走れるようになった。
もう地区運動会でコケることはないだろう。

私が地区運動会でコケたのは20年くらい前のことだ。
当時は野球少年団が作ったマウンドが常設されていた。
運動会の直前にはプレートを外すだけで、盛り土はそのまま。マウンドはちょうどトラックのカーブのところにあったから、たくさんの人がコケていた。
今はマウンドが撤去されるようになったが、それでもみんな同じ場所でコケている。

2018年10月12日 (金)

通り魔の速度

深夜のランニング1/3kmを1本。
タイミングが悪かったようで、ちょうど新聞配達の人と出くわした。まだ暗いうちなので、かなりビビっていた。
味をしめた私は、せっかくなので牛乳配達の人もビビらせた。
そこそこ速く走っているから、もはやランニングの速度ではない。通り魔が刺しにくるスピードである。

2018年10月 9日 (火)

エンベロープ希望

STM32F401にPSG音源を接続し、3重和音で曲を演奏するところまで作った。

与えられたMMLをリアルタイムに演奏すると処理が重くなるため、演奏前にMMLを演奏しやすいバイナリデータに変換し、それを演奏するようにした。これだとデータも見やすいし、処理も軽い。

ここで使ったPSG音源は、LPC810というマイコンに、Sound-Cortexというファームを書き込んだものだ。
Sound-Cortexは、YAMAHAのPSGでおなじみのエンベロープに対応していないようだ。

矩形波と呼ばれるピコピコしたゲームっぽい音は得意だが、安っぽいピアノ音のような音が出せない。ピンポン♪といったチャイムかピアノ音が出せると助かるのだが。
いや、もしかしたら実装しているけど秘密にしているのかもしれない。一応、試した方がいいのかな。

結果→あとで書く

Sound-Cortexは、SCC(※1)モードを備えているから、そっちで演奏すべきなのか。使ったことないんだよなあ。

※1. SCCは波形メモリ音源の一つ。コナミというソフト会社が開発し、自社から発売されるMSX用のゲームカセットに内蔵されていた。ぶ厚い独特の音が特徴的だった。
パソコン誌に解析結果が掲載され、ユーザの自作プログラムからも利用されていたようだ。

2018年10月 8日 (月)

鉢付き里親

深夜のランニングは、1/3kmを2本。

近所の人がやって来た。母の知人ということだが、町内のばあさん連中はみんな母の知人だと思う。
ブルーベリーを植木鉢に植えたいということだ。
植木鉢と土を持って来てくれれば、何鉢でも植えてやると伝えたところ、容量35L(内径40cm程度)のポットを三つ置いていった。これは助かる。
畑にあった株の中から、見ただけで品種名がわかる特徴的な品種だけを選んで鉢上げした。

Bblargepot

ラベルを挿しても紛失することが多いから、クレヨンで書くのがオススメ。
こんな感じだったら、たとえあと10鉢持って来ても平気だ。

できれば庭に植えてある2m級のTifblueとPowderblueも持って行って欲しい。
代金はいらないから、抜いた後に黒ボク土か、市販のブルーベリーの土を返していただきたい。

2018年10月 7日 (日)

いつものランニング

地区運動会が近いのでランニングを始めた。
1/3kmを2本走ったが、ストップウオッチが見つからないのでタイム不明。

NT名古屋2018行きたかった。

2018年10月 6日 (土)

台風25号

台風25号はたいした被害もなく去っていった。
畑のトウモロコシはまたも倒れてしまった。さすがにもう無理かも。

今日から名古屋の中京テレビでは、NicoTech名古屋2018が開催されているが、仕事が忙しくて行けそうにない。

2018年10月 5日 (金)

RF433MHz通信

台風25号が来るというので、ポリポットの野菜苗を室内に入れた。今回は台風の直撃はないそうだ。ちょっと風が吹いて、雨が降る程度らしい。
今日から二日間、NT名古屋2018をやっている。行きたいけど、仕事が忙しくて、それどころではない。
こんなときに、中国からRF433MHzの送受信モジュールが届いた。
▽あとで写真
自動車のドアのリモコンに使われているアレである。データ通信は単方向にしかできないが、とても安価な無線通信モジュールだ。
さっそくArduinoで送受信回路を作ってみたのだが、10cmの距離でたまに成功する程度。
PC経由のUSBケーブルから電源を取るとノイズが多いので、モバイルバッテリを使ってみたが状況は変わらなかった。
▽あとで写真

中国のサイトでは、アンテナ付きのモジュールが紹介されていた。

テキトーな配線をハンダ付けしたところ、確実に通信が成功することがわかった。自動車のキーだと、キー自身がアンテナの役割を果たしているのかもしれない。
立派なアンテナを付ければ、隣の部屋からでも電波が届く。
え、技適? それってうまいの?

2018年10月 4日 (木)

コーンの分げつ

忙しくて気付かなかったが、台風25号が接近中らしい。
トウモロコシ第5陣は台風のダメージから復活して、まあまあ立派に育っているが、また強風で倒れてしまうのか。

トウモロコシは第3陣から第5陣までが同じ品種だった。ピーター610だっけ。
分げつしたのは第4陣だけで、3陣と5陣は分げつしなかった。
日光と肥料が十分でない場合は分げつしないというのはわからないでもないが、第3陣はそれなりに立派なトウモロコシを収穫した。
日光や養分が過剰だと分げつすると言った方が正しいのか。

地元のトウモロコシ畑を見たことがあるが、分げつはしていなかった。
トウモロコシ畑のように、苗が密植されていれば日光が根元に届かない。そうすることで分げつせずに栽培できるのかもしれない。

2018年10月 3日 (水)

いまさらブロッコリ

母が「そろそろブロッコリの苗を作らなきゃ」と言い出した。
それは私に苗を作ってくれという意味だが、時期的にはもう遅いと思う。
一応、タネをまいておいた。

挿し木やタネまきは、いつもなら嫁に見つからないよう、深夜に食卓の上でやっている。
今回は母の依頼なので、昼間から堂々とタネをまいた。

2018年10月 2日 (火)

白菜の植え直し

白菜の第2陣(品種=無双)は先日植えたばかりだが、台風24号で苗が傷んでしまった。
傷んだ苗は先に植えたので根付いているが、葉がかなり傷んでいる。
新たに植える苗は元気だが、今から植えるのだから根は傷むことになる。
どちらが有利なのか調べるため、台風で傷んだ苗の中から平均的なものを2株残し、残り11株は新しい苗を植え直した。どうせ苗はいくらでもある。

2018年10月 1日 (月)

畑ログ2018年10月

w. イチジク│サトイモ(伊予美人)──────────│空き──────
x. ─────────────────────────────────
f. 空き───│冬瓜────────┼イチョウ────────────
e. ネギ(坊主不知)─────────┼ヤマイモ(治田芋)のムカゴ────
d. ナス(千両二号)───│シシトウ─┼ネギ(九条太)──────────
c. 白菜(富風)───────────┼BB(Natchez )─│ラッキョウ───
b. 白菜(無双)───────────┼ニラ─────│ホウレンソウ──
a. 空き────│ニラ───────┼大根(白秋×20)─────────
9. ネギ(坊主不知)│────────┼シシトウ(伏見)─────│バジル
8. サトイモ(伊予美人)───│ウコギ┼ジャガイモ(ニシユタカ)─────
7. フキ(IK-2)───────────┼オクラ──────────│シシ
6. ヒオウギ──│バジル│ネギ(SH)─┼空き─────│ニラ──────
5. ショウガ──│クリ│イボ│イチゴ┼ニラ────│アマドコロ────
4. BB (Natchez)│クリ(JCF2)│ピスタ┼コーン(ピーター610 )──────
3. BB (Natchez)──│オニユリ───┼イチゴ─────│空き─────
2. BB×5(FFFFF)─────│ニラ──┼ピートモス───│BB×5(CDCDC)─
1. フキ(愛知早生)│マルメロ(かおり)┼ブルーベリー(ラビットアイ系)──
0. BB(Navaho)───────│花菖蒲┼ニラ──────│シラン│アヤメ

台風の被害

台風の被害を確認するため、暗いうちから畑に出た。

オクラはすっかり弱っている。何本かひっこ抜くと、根はコブがいっぱい。センチュウが寄生しているのだろう。台風が来なくても枯れていたと思う。

トウモロコシはいつも通り倒れていた。
一応、起こしてはみたが、この時期の倒伏は気温や日照を考えると収穫は厳しいそうだ。

白菜は全体的にボロボロだけど、第1陣はたぶん大丈夫。第2陣はどこに植えたの? みたいな状態である。
ナスは昨日、嫁がすべての実を収穫してくれたようだ。
枝に実がなかったので被害が小さくて済んだ。支柱を立て直せば大丈夫そうだ。

ネギは溝に並べて刈り草を置いただけで土寄せもしていなかったのだが、根がしっかり張って飛んではいかなかったようだ。
ただしすべてが西に向かって斜めになっている。まあ、自家消費なら構わない。

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

最近のトラックバック