« 秋ジャガ定植 | トップページ | ライバル »

2018年9月11日 (火)

ニラの話

ニラの一部を捨て刈りした。
この時期のニラは抽苔して花を咲かせるので、花茎は先に刈り取ってある。
だが葉も含めて捨て刈りした株は、なぜか早く葉が伸びて先に収穫ができる。
畝の半分だけを捨て刈りし、残りはそのままにしておくことで、収穫期をずらすことができるので家庭菜園では助かる。
ニラは霜にすごく弱い。ニラは霜に当たってシーズンを終える。
ビニールトンネルをかけて霜を避ければ、収穫期を半月ほど伸ばすことができる。
自家製の白菜とニラでキムチ鍋を作ろうと思ったら、早めの白菜と遅めのニラが必要になる。
ビニールトンネルを張らないと実現は難しい。

大根を植えるために畝を作った。

« 秋ジャガ定植 | トップページ | ライバル »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/74312545

この記事へのトラックバック一覧です: ニラの話:

« 秋ジャガ定植 | トップページ | ライバル »

最近のトラックバック