« 十五夜 | トップページ | 白菜第2陣定植 »

2018年9月25日 (火)

NycleoでPSG

RaspberryPiに続いて、STM32F401でもPSG(※1)演奏を試している。
自分でガリガリ書くと演奏できるのだが、CubeMXが自動生成するコードでやろうとすると失敗する。
そういえばCubeMXを使い始めてから、I2C接続で成功したことがないなあ。
そう思って「STM32 I2C」で検索したところ、こちらの記事が見つかった。

I2Cアドレスは1bitシフトした値を指定しなければならないらしい。
ようするにバグである。どうして関数側でシフトしてくれないのか謎。

ガレさんの記事に助けられたのはこれで何度目か。前回助けてもらった内容はすでに覚えていないのだが、いつも助かっている。

※1. LPC810マイコンにSound-Cortexというファームを書き込んだものを、PSG音源として使っている。

« 十五夜 | トップページ | 白菜第2陣定植 »

電子工作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/74495030

この記事へのトラックバック一覧です: NycleoでPSG:

« 十五夜 | トップページ | 白菜第2陣定植 »

最近のトラックバック