« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

白菜を植えねば

白菜と大根、秋ジャガ、秋野菜をどこに植えようかと、畑をうろうろしたが、空いている畝がない。
畝一本丸ごと空いている場所が欲しいのだ。
畑ログでは、たくさん空いているように見えるが、実際には野良ミニトマトと野良キャンディランタン、それから青ジソなんかがいたるところに生えている。

記録によると、2017年は9-A列に白菜を植えているから、そこだけ避ければよさげ。
2016年は湿地畑に白菜を植えていて、この畑では白菜を栽培していない。
収穫が続いている野良野菜たちを撤収するのはしのびないが、まあしかたがない。

2018年8月30日 (木)

星の王子

多肉植物がずいぶん伸びたので、切り戻した。
切り取った部分は挿し木した。

Craconjuncta

クラッスラ・コンジュンクタの和名は、星の王子。
誰が名付けたのか知らないが、多分、どこかのB...おばさんだと思う。

2018年8月29日 (水)

ギムカリの花

自称500円のサボテンが開花した。
Gymflower
ギムノカリキウム属は自家受粉しないらしく、このままではおそらくタネができない。
サボテン屋に行って花粉をもらって来るという手もあるが、ハマりそうなのでやめておこう。
…こいつらを売れば、タブレットPCが買える。

2018年8月28日 (火)

ポポー収穫

収穫ってゆーか、まあ、嫁が見つけて拾っておいてくれたのだが。
Ppallegheny

品種はAlleghenyだ。2-3日追熟してから食べよう。

2018年8月27日 (月)

草刈り

湿地畑の草刈りをした。
できればこの湿地畑で白菜を栽培したいのだが、水田が近いため、9月の幼苗がオンブバッタの食害に遭う。

ネットをかけるか、農薬を何度もまいて毒白菜にすれば栽培できるのだが。

2018年8月26日 (日)

白菜のタネまき

白昼堂々、食卓の上で白菜第1陣のタネをまいた。品種は富風。昨年より1.5日ほど早い。
挿し木とタネまきは、深夜にこっそり食卓で…が我が家のルールだが、白菜だけは堂々とまいていいことになっている。

ポリポット75mm×45個に2粒ずつまいた。2本発芽すれば新しいポットに移植するから、もう少し数が増えると思う。

先日の台風で、ブルーベリーの樹には被害が少なかったものの、木の下には台風で落ちたブルーベリーが敷き詰められていた。まあ、どうせ収穫もしないし。
なんとなく樹に残ったブルーベリーをザルに2杯ほど収穫した。

栽培放棄したトウモロコシ第5陣が、わりと復活していた。どうしようか迷う。

2018年8月25日 (土)

砂粒にハンダ

中国から輸入した電子部品のハンダ付け。

一部の部品は向こうでハンダ付けされている。表面実装の部品は機械だから問題ないが、手ハンダのデキはひどいもので、部品が傾いているなんて当たり前。

それどころか裏側は短絡していた。もちろんこちらも修理した。

Ftdi232rlerror

可能な限り修理するが直せない物もある。いっそ部品を組み立てないまま送ってくれればいいのに。
チップ抵抗の型番が間違っているやつも交換した。
チップ抵抗は0603サイズというものだが、これが手持ちのピンセットの先より細い。挿し木に使う川砂の砂粒くらいといえばわかるだろうか。
この作業には、度数2.0の老眼鏡を2枚重ねる必要がある。

台風で寝たままになっていたシシトウに支柱を立てた。トウモロコシが出穂したので、アワノメイガ対策の農薬をまいた。

2018年8月24日 (金)

停電

深夜に台風20号が中国地方を通過した。強風で、我が家も停電し、書いていたコードが多少消えた。
家中が暗くていろいろ不便だ。
液漏れ率が高い中華製マンガン電池がたくさんあるので、ブレッドボードでLEDと抵抗を配線して簡単な常夜灯を作ってあちこちに置いた。

▽あとで写真

風がひどくなると困るので、今のうちに腹ごしらえしておきたい。
停電していると冷蔵庫を開けられない。冷蔵庫を開けると冷気が逃げてしまう。

焼き鳥の缶詰をゆでて温め、夜食のおかずにした。オール電化じゃなくてよかった。

スマホで確認すると、ここら一帯だけでなく、隣市町も停電しているらしい。ノートPCはバッテリーで朝まで動くので、仕事はそのまま続けた。

2018年8月22日 (水)

Win10はタダ

室内を徘徊できる程度に回復したので、仕事再開。DELL OptiPlex7010にWindows10をインストールした。
Windows10への無償アップグレード期間は、2016年7月に終了したが、その後も再開と終了を繰り返している。2018年の冬はダメだったが、2018年の夏は無償アップグレードが可能となっている。
最新のWindows10はMicrosoftからダウンロードできる。
まずはWindows10のインストールメディアを作ろう。USBがオススメ。

DELLの「ビジネス」PCは、おそらくどの機種でも付属DVDからWindows7/8/8.1が再インストール可能となっている。
付属DVD1枚で、すべてのPCにインストール可。DELLのPCは、プロダクトIDが本体に貼ってある。
その状態からWondows10にアップグレードすれば、この夏はWindows10がタダということになる。

さっそくWindows7をインストール。今回は実験的にPRO-32bitのDVDを使った。
Windows10インストール前にはプロダクトIDの入力を要求されるが、アップグレードならスキップできる。Windows10のそれは持っていない。
古いファイルシステムは残さない設定でインストールを終わったら、Windows10は認証されていない状態になっていた。
プロダクトキーの変更を選択して、PC本体に張ってある(Windows7の)プロダクトIDを入力したら認証された。
あれ…今なら、最初にWindows7をインストールする作業は不要だったのか?
残念ながら確認する方法はない。一度でもWindows10のライセンス認証を受けると、そのPCは再インストールしても、ライセンス認証されているからだ。

Windows7には32bitと64bit版が存在するが、Windows10は勝手に64bit版になる。

2018年8月21日 (火)

ビジュアル系バンド

ビジュアル系バンドみたいな名前の病気で動けず。
昨日、無理したのがまずかったのか。

2018年8月20日 (月)

RPGの中ボス

昨日の午後から夏風邪で寝込んでいる。
喉が痛くて、症状がヘルパンギーナってやつに似てる。ロールプレイングゲームだったら、中ボスみたいな名前である。

ツノ丸に頼まれて農業系webサイトを自動生成するツールを作り始めた。
項目と内容をテキストファイルで食わせると、こういうサイトを自動生成する。
なんとなくC言語で作ってしまったが、プログラミング言語を間違えた気がする。熱があるからしかたがない。

2018年8月19日 (日)

田舎のルール

秋の総役があった。コメを収穫する前に、水路を掃除する作業だ。
用水路の掃除の前には、掃除がしやすいように畦の草を刈っておくのがマナーだが、最近はしない人が増えた。

水田を耕作放棄しているのに、誰も畦の草なんて刈らんわな。
他の人たちだって、水田もないのに用水路の掃除に出てくれるだけマシかも。

田舎は納得のいかない仕事が多い。
農業をやってもいないのに農協の連絡係とか、信仰もしていない神社の当番とか、墓もないのに墓地掃除とか。

昔はそれでもよかったが、新しく移住してきた人には納得がいかないことばかりだと思う。

ところで、耕作放棄されている水田の持ち主は、たいてい水田を売りたいと思っている。
だが農地法という法律のせいで、50a以上の農地を持っている人しか水田を買えないことになっている。

そもそも50aも農地があるような人は、それ以上、水田なんて欲しいと思っていない。

広い農地を持っていない人が、水田をあと1枚欲しいと思っても買えないのだ。

2018年8月18日 (土)

トウモロコシ定植

朝イチでトウモロコシ第5陣(品種=ピーター610)を定植した。
土地が空いているから植えただけで、あまり期待していない。前半は順調に育つが、晩秋の冷え込みが厳しいと成長が鈍る。

育つには育つのだが、トウモロコシに甘味がのらない。

稲刈り後のトウモロコシはイナゴの被害がひどいので、水田から離して植え、農薬まみれで栽培する必要がある。
定植時にオルトラン、中盤は竹酢液をかけておくと被害が少ない。

あきたこまち

近くのスーパーに新米が並んでいたので買ってみた。
三重県産の「あきたこまち」である。

▽あとで写真

いったいどこが秋田なのかというツッコミはさておき、こんなに早く県内の新米が出回るのには驚いた。きっとお盆も返上で収穫していたのだろう。

あきたこまちは、秋田県で育種された品種である。だが福井県にもらったタネからの選抜であるためか、種苗登録されなかった。
タネを買わずに自家採種できるので、一気に栽培が広まった。今では日本中で栽培されている。
あきたこまちは、東北はもちろん暖地でも栽培しやすい上、コシヒカリより早く収穫できる。
品種名も世間も認知されていて販売にも有利だ。

ところで、コメの袋にシールが貼ってある。これで懸賞に応募できるのだが、誰も応募しないのか、応募するとよく当たる。

2018年8月17日 (金)

帝国から新曲

EMPiREの新曲MVが公開された。気に入ったので貼っておく。

なんか仕事やる気出る。来年、うちのイベントに来てくれないかなあ。
ダンスはちょっとヘタだけど、まゆぱいかっこいい。

誰が推しか嫁に当てさせたら、上位二人をピタリと当てられた。

2018年8月16日 (木)

まずいコーン

昨日収穫したトウモロコシは、粒が小さくて皮が固かった。
原因はなんだろう。

  • 初期生育が肥料少な目だったこと。
  • 出穂時期に台風が来たこと、
  • 登熟時期に気温が高かったこと。観測史上最高の39度とか。

どれが原因なのかよくわからない。
とりあえず、私の人生で2番目にまずいトウモロコシである。

→早採りしたのが原因だった。後日、収穫したものはおいしかった。

2018年8月15日 (水)

兄弟対決

ツノ丸が大学のバスケサークルに行くと聞いて、ウズ丸がついて行くことになった。

兄弟でバスケをプレイすると、互いに手加減しない。お盆で人が少ないこともあって、ひたすら1on1を続けていたようだ。

二人共、足を引きずって帰って来た。兄弟でバスケをするのも、これが最後かもしれないなあ。
ツノ丸は今年から、大阪の実業団でバスケをやっている。

ずいぶん下のリーグにいるのだが、若手が三人加入してから全勝。来年には上位リーグに上がれるはずだ。

ウズ丸は人生最後の夏休みを謳歌している。

近所のナシ園でバイトしているので、今年はナシ代がかからない。

トウモロコシ収穫

トウモロコシ第3陣(品種=ピーター610)を収穫した。

Corn3rdcrop2018
皮にちょっとした傷があるが、これはカラスが味見しにきた跡だ。早い時期につつくので、つつかれてすぐに網をかければ大丈夫。
Corn3rd2018

皮をむくとアワノメイガが少し入っているが、真ん中までは届いていない。まあ、いつも通りだ。

2018年8月14日 (火)

流星ライブ

今日もペルセウス座流星群が観られるはずだったが、三重県は天気がイマイチ。
そういう時は流星群のライブ配信が便利だ。熊本や青森の空をPC上でライブ配信したまま、ずっと仕事をしていた。
ライブ配信なんて見なくても、流星が流れるとみんなが騒ぐからよくわかる。
リプレイもあるので、それを見るだけで流星観測した気分になれる。何より仕事が進むというのがありがたい。
二日前のライブ配信は、今も動画として見ることができる。

動画だけを埋め込んでみたが、ニコ動やYouTubeで見ると、チャット画面もそのまま残っているので雰囲気がわかる。
しかも親切な人が、コメント欄に流星が流れた時間を書いてくれているから、それをクリックするだけで流星が観られる。

2018年8月13日 (月)

ペルセウス座流星群

ツノ丸と一緒に、みえ県民の森までペルセウス座流星群を観に行った。
メモリいっぱいまで写真を撮ったので、本日のベストカットをお見せしよう。

▽あとで写真

…。
何万枚も撮影した写真の中から選んだベストカットがこのレベルである。難易度たけーよ。
でも、モモコさんの時は、うまく撮れたからあまり文句は言わない。

2018年8月11日 (土)

RaspPiでPSG #4

LPC810をPSG代わりにして、RaspberryPiで曲を演奏したいが、RaspberryPiではまともなタイマ割り込みが使えないため、音源ICがあっても音楽演奏するのは難しいようだ。
タイマ割り込みを普通にやると割り込み間隔は10ms程度になる。

テンポ120は、1分間に4分音符を120個演奏できるという意味である。音の間隔は、60sec / 120 = 0.5sec = 500ms となる。
32分音符を演奏するには、その1/8なので62.5msだね。
音と音の切れ目を、音長の1/8程度入れたいなら、さらに1/8して7.8125msとなる。
これくらいの精度が出せるのタイマ割り込みが欲しいのだ。

しかたがないので、タイマ割り込みのことはいったん忘れて、全力で音楽演奏してみよう。
タイマを監視して、その値を見て演奏のタイミングをはかればいい。

int timeLap, timeNow, timeOld;
struct timeval tim;
//	----------------------------------------
// ---------------------------------------- void usTest() { static int count = 0; gettimeofday(&tim, NULL); timeNow = tim.tv_sec * 1000000 + tim.tv_usec; timeLap = timeNow - timeOld; printf( "%dus", timeLap ); timeOld = timeNow; count++; if((count&7)) printf(", "); else printf("\n"); }

こんな感じのコードを書いて1000回ほど実行すると、こんな結果になった。

>gcc xevious.c -o xevious.x -l wiringPi
>sudo ./xevious.x

0us, 62us, 3us, 3us, 3us, 3us, 2us, 3us
42us, 4us, 2us, 3us, 3us, 3us, 2us, 3us
65us, 4us, 3us, 3us, 3us, 2us, 3us, 3us
51us, 4us, 3us, 2us, 3us, 3us, 2us, 3us
45us, 4us, 3us, 3us, 4us, 2us, 3us, 3us
46us, 4us, 2us, 3us, 3us, 2us, 3us, 3us
44us, 4us, 6us, 3us, 3us, 3us, 4us, 2us
45us, 4us, 3us, 3us, 2us, 3us, 3us, 2us

単位はmsではなくusだ。思っていたより高速だな。
左端の値が大きいのは、改行時に画面の更新が入るためだろう。

2018年8月10日 (金)

湿地畑の草刈り

秋の総役(地区全体で行なう用水路の掃除)の日が近いので、湿地畑の草を刈った。
この時期の畦の雑草は、タネも少ないから畑に入れるといい。
畑の雑草は畑に放置するとタネを落とすから、湿地畑に積み上げるといい。
畑の草は湿地では育ちが悪い。湿地の草は畑だと育ちが悪いから、互いに入れ替えることで雑草を抑えることができる。

2018年8月 9日 (木)

RaspPiでPSG #3

LPC810をPSG化したら、RaspberryPi3に接続して音を出してみよう。
LPC810から見た結線図はこんな感じ。

LPC810----RaspPi3
-----------------
1.SCL---------SCL
2.SO---R510---SPK
6.VDD--------3.3V
7.VSS---------GND
8.SDA---------SDA

raspi-configで、I2Cを選択して、有効(enable)にする。

>sudo raspi-config

Interfacing Options→I2C→enable? [OK]
として、I2Cデバイスを有効にする。
I2Cデバイスが有効になっているかどうか調べてみよう。

>sudo i2cdetect -y 1

無事に接続できていれば、こんな感じの表示になる。
LPC810がI2Cデバイスとして、0x50-51を使っているのがわかる。

     0  1  2  3  4  5  6  7  8  9  a  b  c  d  e  f
00:          -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
10: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
20: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
30: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
40: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
50: 50 51 -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
60: -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- -- --
70: -- -- -- -- -- -- -- --

あとは音を出すだけ。
アンプとかよくわからないので、ブレボにイヤホンジャックを載せて、あとは外付けアンプとスピーカ任せで音を出せばいい。

Psgtest

アセンブラでPICマイコンをいじっていた時から、音ネタの第一歩はXEVIOUSと決まっている。スイッチ二つと赤いLEDは必須。

2018年8月 8日 (水)

RaspPiでPSG #2

トラ技が届いたので、LPC810が1個手に入った。
このLPC810に、PGGとSCCをエミュレートするファームを書かねばならない。
ファームを書くにはLPCライタが必要になるが、LPCライタは次の号の付録らしい。ディアゴスティーニみたいだ。
専用のライタは便利だが、LPC810はじつによくできている。
起動時にPIN5をLOWにしておけば、シリアルに流れてくるデータをファームとして書き込めるらしい。
中華製USBシリアルモジュールがあったので、それでやろう。

 

LPC810----FT232RL
-----------------
2.TXD---------RXD
5.ISP---------GND ←これでISPモードに
6.VDD--------3.3V
7.VSS---------GND
8.RXD---------TXD

PIN5をGNDに落として起動=USBケーブルを接続すると、LPC810がISPモードになる。

Lpc810ftdi

FlashMagicでHEXファイルを書き込めばPSGのできあがり。
転送速度などはマイコン側が自動判別するが、COMポートはデバイスマネージャでFT232RL(COMx)を探して指定しなければならない。

2018年8月 7日 (火)

キュウリのタネまき

深夜の食卓でキュウリのタネ(品種=xxx)をまいた。これが今年最後、第4陣になる。
秋に収穫するつもりなら、地這性の品種がいい。
トウモロコシのタネが少し残っている。トウモロコシ、特にスイートコーンのタネは、タネを残しておいてもほとんど発芽しない。
このまま残しておいても捨てるだけなので、それもにまいた。トウモロコシとしては遅すぎるから、収穫できないかもしれない。
品種はピーター610、第5陣ということになる。

先日植えたオクラが絶好調。あまりに絶好調なので、花を咲かせる気配がない。

75mmポリポットでは、花を咲かせて実がなっていたというのに、畑に植えたらそのことは忘れてしまったようだ。凄まじい勢いで成長している。

2018年8月 6日 (月)

RaspPiでPSG #1

先日、STM32F401RExで、三重和音の曲を演奏することに成功したので、RaspberryPiでも同じことを試してみたい。
だがRaspberryPiには、同時に使えるPWMが二つしかないようだ。二重和音である。

外付けの音源ICを…とも考えたが、たとえばPSGを制御するだけでも大量の信号線を接続しなければならない。
RaspberryPi単体でも二重和音が出るのに、信号線を10本以上使って三重和音ではコスパが悪い。
いい方法がないか調べていたら、SoundCortexというものがあった。
LPC810というマイコンにPSGをエミュレートさせるファームを焼いて、それを音源ICとして使おうというものだ。
接続方法はI2Cのわずか2線だけで済む。これはいいぞ。

まずはLPC810を入手しなくてはならない。だがLPC810は既にディスコンとなっていて、そう簡単に入手できないようだ。
海外から輸入できるようだが、届くのがいつになるのかわからない。

トランジスタ技術の2014年2月号に付録として付いているらしい。とりあえずバックナンバーを購入した。

2018年8月 5日 (日)

墓掃除

朝7時から、私は地区の墓掃除と稲荷神社の清掃。田舎はこういう行事がたくさんある。
嫁は海岸清掃に出かけて行った。

母も早起きしてブルーベリーの収穫。
大きなザルに2杯、4kgほど収穫したところでギブアップ。
母は日焼けを嫌うので、日が昇ってくると逃げるように帰ってくる。
まあ、熱中症で倒れるよりずっといい。

2018年8月 4日 (土)

田舎のスマホ

地元でスマホを探したが希望の機種がない。一世代前の機種は在庫がなく、在庫があっても色がイマイチ。
最新機種を実質○円とか言って買わせようとしているのか。まったく田舎はこれだから…。
最新機種だと、1,500円(以上)×24カ月=36,000円以上の出費となる。

そんなわけで、名古屋にスマホを買いに行った。
一世代前の機種もたくさん並んでいるし、希望の機種、色も選択できた。500円×24カ月=12,000円ほど。

見習いという名札をかけた店員が対応してくれたのだが、地元の大手電気店やドコモショップとは、あまりにも能力が違いすぎて笑ってしまう。
パスワードを勝手に入力ミスして、自店舗で設定できなくするような店員なんていない。
不要なサービスを説明しながら解除してくれるし、スマホの支払い代金は元より安くなった。

ところで、購入したのはXperiaだったが、ボケモンGOが、GPSを探したまま沈黙。
XPeriaは消費電力を抑えるため、GPSの受信を制限しているらしい。
ポケGOは、それらを解除してやらないとまともに動作しないようだ。
家に帰ってOSを最新にアップデートし、GPSの設定をしたら無事にポケGOが動作するようになった。

▽あとで写真

スマホの色を見て、プラ容器に入れた時のウナギの色に似ていると思った。

2018年8月 3日 (金)

あじさんご収穫

キュウリの第3陣(?)の初収穫。品種はあじさんご、四葉系のF1品種だ。
四葉より短くて扱いやすい。来年からこの品種にしよう。

ところで、うちのキュウリは、私が苗を作って、親が栽培することになっている。
そのキュウリがここ数年、すぐに株が枯れてしまう。そもそも、こんな時期に第3陣とか意味がわからない。
そのことを指摘すると、やれ今年は雨が多いだの、やれ気温が高いだのと言い訳をする。

毎年、バカみたいにスイカやカボチャ、バナナウリ、タイガーメロンなんかを栽培しているから、どうせ連作障害が出ているのだろう。
そのことを指摘しても、ここ数年はウリ類を作っていないと主張する。

畑の広さが1haくらいあるというなら理解できるのだが。

2018年8月 2日 (木)

ミケのおやつ

トウモロコシはポリポットで2本ずつ育苗し、それを分割して畑に植えている。

畝の長さだけ植えて、余った苗はそのまま育てる。

欲しい人がいたら引き取ってもらうが、そうでない場合は放置されて、こんな感じに育つ。

Cornpotjunk
こんなに大きく育った苗は畑に植えられないし、普通ならゴミだ。だが、うちではちゃんと利用される。

Mikecorn

何がうまいのかよくわからないが、これがあると市販のラビットフードには見向きもしない。

2018年8月 1日 (水)

畑ログ2018年8月

x. イチジク│サトイモ(伊予美人)──────────│空き──────
f. 空き───────────│冬瓜┼イチョウ────────────
e. ────────────────┼ヤマイモ(治田芋)のムカゴ────
d. ナス(千両 2号)───│シシトウ─┼ネギ(九条太)──────────
c. ────────────────┼BB(Nat.)───│────────
b. ブロッコリ(緑積)│───────┼スイセン(不明)│────────
a. 空き────│ニラ───────┼シシトウ(伏見)─────│バジル
9. ネギ(坊主不知)─│───────┼空き────────────空き
8. サトイモ(伊予美人)───│ウコギ┼コーン(ピーター610 )──────
7. フキ (IK2)──────│ネギ(SH)┼オクラ──────────│シシ
6. 空き──│フキ (IK2)│ネギ(SH)─┼空き─────│ニラ──────
5. ショウガ──│クリ│イボ│イチゴ┼ニラ────│アマドコロ────
4. BB (Natchez)│クリ(JCF2)│ピスタ┼コーン(ピーター610 )──────
3. BB (Natchez)──│オニユリ───┼イチゴ─────│空き─────
2. BB×5(FFFFF)─────│ニラ──┼ピートモス───│BB×5(CDCDC)─
1. フキ(愛知早生)│マルメロ(かおり)┼ブルーベリー(ラビットアイ系)──
0. BB(Navaho)───────│花菖蒲┼ニラ──────│シラン│アヤメ

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

最近のトラックバック