« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月31日 (火)

夏野菜の定植

朝から名古屋で仕事。夕方、帰って来てから夏野菜の苗を植えた。

親の畑では、今年の夏野菜が壊滅状態らしい。
採れるのはトマトとオクラとカボチャくらいで、ナスもキュウリもピーマンも枯れてしまったらしい。

長雨、暑さ、台風といろんなことがあったが、この時期に、夏野菜が不足しているなんて理解不能だ。
そんなわけで、ナスの第2陣は私の畑に植えることにした。
シシトウ(伏見甘長)の苗も余っていたので一緒に植えた。75mmのポリポットで、高さ30cmに育つまで放置されていた苗だ。

2018年7月30日 (月)

鉢のBaldwin

台風12号対策で軒下に避難していた鉢を元の場所に戻した。

5号鉢のBaldwin(RE)には食べごろの実がなっていたので収穫。

Baldwinは植木鉢でもそこそこ大粒の実がなるようだ。だが植木鉢だと晩生でタネが目立つ。
これが地植えだとむいろ早生気味だし、タネもまったく目立たない。ブルーム控えめで丸くて大粒の実は、まるでブドウのように圧巻(だった)。
まあ、うちの地植えBaldwinは今年、カイガラムシにやられて丸坊主なんだけどね。

トウモロコシ第3陣(ピーター910)がまた傾いていたので、もう一度起こして土寄せした。

2018年7月29日 (日)

複色風苦手説

台風12号の影響でまだ時折、強い風が吹く。まだ鉢も退避したままだ。

カリブラコアやサフィニアは、暑い夏は得意だが、強い風には弱いらしい。
花が痛むだけだと思っていたら、かなりの茎が折れてしまった。
中でも複色の品種は弱い。サフィニアのももいろハートや、カリブラコアのホーリーモーリーは、ずいぶんみすぼらしい姿になってしまった。
サントリーの単色品種と、複色のレモンスライスは風に強いようだ。
どれも同じ場所で台風をやり過ごしていたのだが、どうしてこうなったのか。

推測だが、複色の品種は単色の品種に比べて、多少の短所には目をつぶっているのではないか。美人妻だったら料理がヘタでも構わないんだが…。なんの話だ
これからは風にも気を付けて栽培しよう。

2018年7月28日 (土)

台風一過

台風12号が去ったので、畑の様子を見に行った。
植えたばかりのオクラやトウモロコシ第4陣(品種=ピーター610)は、背が低いので異常なし。

出穂間近のトウモロコシ第3陣(品種=ピーター610)だけが傾いていた。

Corn3rd2018tilt

この程度なら大丈夫だろう。茎を起こしてちょっとだけ土寄せしておいた。
まだ時折、強い風が吹くので、丁寧にやってもしかたがない。

2018年7月27日 (金)

立ち合い

近所の方が家を建てるため、土地の境界を決める立ち合いがあった。
測量会社の方、市役所の方、隣接した土地の所有者が集まって、土地の境界を決めるらしい。
みんな田舎の人なので、30分も前から集まってきて、測量が始まるまで10人ほどが立ち話をしている。

私は時間まで畑の草取りをしていたのだが、その畑の地主さんも立ち合いに呼ばれている。
ちょうどブラックベリーとブルーベリーが色付いていて、畑の地主さんに立派な畑アピールができた。
せっかくなので収穫したブルーベリーを差し上げた。

市の方が、道路は幅4mが云々と話すのだが、その場にいた人全員が好きに決めてくれとのこと。
どの土地の所有者も、指示された分だけ境界を下げる(土地を国に提供する)というので、トラブルもなく作業が進んだ。
うちも含めて、ほとんどのお宅はそれを見越して家を建てている。

そこまで気が回っていないお宅は、増改築した時に境界を下げることになる。境界ぎりぎりに家を建てるのが悪い。

2018年7月26日 (木)

台風の準備

台風12号が来るのは避けられないようだ。
鉢を軒下に固めて並べた。鉢棚に並んでいたベリーは地面に移動。
畑の野菜は少しだけ土寄せしておいた。

台風が来るとブルーベリーが落果してしまう。それを知った母は、早起きして、まだ暗いうちからブルーベリーを収穫していた。
ブルーベリー畑の主力は、2mを超えるPowderblue(RE)だが、大きなザルに5-6杯収穫してもまだたくさん残っている。
母は背が低いため、高い枝にはブルーベリーがビッシリと実っている。
遠目にはまだブルーベリーを収穫していないように見える。

2018年7月23日 (月)

囮コーン

トウモロコシ第2陣(品種=ゴールドラッシュ)をすべて収穫した。

Corn2nd2018crop Corn2nd2018zip

アワノメイガが何匹か入っていたが、いつも通り。予定通りの収穫でひと安心だ。
トウモロコシの何本かに、カラスがつついた跡が残っている。網をかける前に、カラスが中身を確認したらしい。

トウモロコシを収穫したら、すぐにトウモロコシの茎をハサミで刻んで、畑にすき込んでおく。
そうしないとアワノメイガが成虫になって、第3陣を襲うからだ。
だが今回はもう一週間、このまま畑に置くことにした。囮として、もっとアワノメイガに産卵させてから、畑にすき込むのも悪くない。

2018年7月22日 (日)

ピーター610

朝、日の出前から畑を耕して畝を作った。

夕方、トウモロコシ第4陣を定植した。品種はピーター610。
稲刈りが始まると水田にいたイナゴが畑にやって来る。なるべく水田から離れた場所を選んで植えた。
トウモロコシは連作できるし、その気になれば収穫した直後に畑を耕して、またすぐに苗を植えることもできる。
この時、土が痩せるから腐植質をすき込みたい。うちは堆肥を使っていないので、主に朽ちた刈り草をすき込んでいる。
ついでにオクラも定植。


2018年7月21日 (土)

ゴールドラッシュ

ツノ丸が送ってくれたピュアホワイトを食べ終わった。次は畑のトウモロコシだな。
トウモロコシ第2陣(品種=ゴールドラッシュ)を収穫した。
ワールドカップも終わったので、防鳥ネットもかけてある。アワノメイガが入っているトウモロコシもあるが、自家製ならこんなもんだろう。

Corn2nd2018boild

ブロッコリーをすべて収穫した。
わき芽の収穫がずっと続いているが、そろそろ飽きてきたので撤収したい。

雨が降らないので、フキの葉が枯れてしまった。隣の里芋も葉が枯れそうに見える。
畝の間に土を盛ってその間に水を流してやった。

2018年7月20日 (金)

農痴呆

私が耕作している畑は借り物で、いつか返却しなければならない。
そんな畑にカキやミカンを植える気にはならない。寿命の長い果樹を植えられる畑が欲しい。

そんなわけで、町内の土地相場を調べてみた。駅まで21分の宅地だと3万円/坪となっている。
田んぼ1枚を1反といい、1反=991㎡=300坪だから、田んぼ1枚は900万円ということになる。宅地だとベンツを買うくらいの費用がかかるらしい。
いくら道楽とはいえ、この方法は無理だな。

田畑だと、立地が悪い場所なら、1万円/坪くらいから。田んぼ1枚300万円の計算だ。これならなんとか手が出る。
我が家の周囲には耕作放棄されている水田が多く、宅地にできないため、持ち主も水田を売りたがっている。
にもかかわらず、田畑は買うことができない。
農地法というのがあるからだ。農地法では、農家以外が50a以下の農地を取得することを禁じている。また農地法では、農地を宅地に転用することも禁じている。

キャバクラ畑を手に入れた時はこんな方法を取った。
母側の祖父の名義で、田んぼを買ったのである。祖父は50a以上の田畑を持っていたので、田畑の購入は自由である。手に入れた水田を埋め立てて、キャバクラ畑を作った。
キャバクラ畑は、祖父が亡くなった時に相続し、今は母の名義になっている。

私が田畑を手に入れる方法として期待しているのは農地法の特例。

(1)遊休農地等が相当程度存在する区域について、
(2)当該区域内の位置及び規模からみて、小規模農家の増加により、区域内及び周辺の農地等の効率的かつ総合的な利用の確保に支障を生ずるおそれのない場合に、
(3)任意の面積(10a未満でも可)で設定が可能。

せっかくの特例だが、農家でないと無理だという話を聞いた。なんのための特例なのかわからない。

2018年7月19日 (木)

ピュアホワイト

ツノ丸からトウモロコシが届いた。ピュアホワイトという名のスイートコーンだ。
ツノ丸が働く会社が経営している農園で採れたものらしい。

Cornpurewhite

ピュアホワイトを食べるのは初めて。みんな興味津々で食べたが、味はまあ普通だな。
ピュアホワイトを朝採りしてクール宅急便で送ろうとも、私が道楽で育てているゴールドラッシュだったら、収穫して30分もあればゆでて食卓に並んでいる。

ところで、右から2本目のピュアホワイトには、黄色の粒がある。
この黄色の粒をまくと、黄色が3/4、白色が1/4の割合になる二色のトウモロコシが実る。

2018年7月18日 (水)

コーンの種まき

深夜の食卓で、トウモロコシのタネをまいた。今年の第4陣、品種はピーター610だ。
この品種は夏の暑さに強い品種だが、他の品種に比較すると草姿が貧弱に見える。
肥料切れ、あるいは長雨のせいかもしれないが、畑での見栄えが悪いのでなんとかしたい。

この品種は93日型だから、10月半ばの収穫になる。
10月の気温が低いと、収穫期が遅れたり、甘味が乗らなかったりして不作になる。
台風や、稲刈り後の水田からイナゴもやって来るから、そこそこ難易度が高い。

今日は午後からの出勤だった。昨日は職場のエアコンが壊れていて大変だった。
問題のエアコンは、昨日から一晩中稼働させていたらしく、職場は涼しくて快適だった。
昨日はあまりの暑さで、どこのフロアもエアコンをフル稼働させたが、それでも室温は下がらなかった。
効かないエアコンをフル稼働させた結果、たった一日でビル全体の電気代が36万円かかったという話…。

2018年7月17日 (火)

エアコン死亡

朝、職場のエアコンが効いていなかった。
土日月と三連休だったので、ビル全体のエアコンを停めていたそうだ。室温が下がるまで時間がかかるらしい。
朝イチには間に合わなかったが、あと1時間もしたら冷えるのではないか。

…という話だったが、残念ながら1時間たっても暑かった。
むしろ日差しと共に室温が上がっているように感じる。まあ、午後にはなんとかなるだろう。

…という話だったが、午後になっても日差しに負けている感じ。この調子だと、日差しが和らぐ夕方までかかるのではないだろうか。

…という話だったが、日が落ちても暑いまま。朝よりひどい。

そして帰宅の時間になったわけだが、明日は温度計を持参しようと思う。

2018年7月16日 (月)

ブルーベリー狩り2018

近所の方が、ちびっ子を連れてブルーベリーを摘みに来た。
ヨシを敷いたおかげで草も生えていないが念のため、畑の周囲を鎌で刈り直してマムシがいないことを確認した。

ちびっ子に今日の炎天下は厳しい。
水が使えるよう手洗い場も用意してあったが、ちびっ子には届かないことがわかった。
来年までになんとかしておきたい。

2018年7月15日 (日)

キノコのBBQ

私は某キノコ研究会に所属しているのだが、そのキノコ研究会は、会長の年齢も高くなっているので終活中。
他の研究会の観察会などには遠征するが、我が研究会の主な活動は飲み会である。

毎回、酒も料理も持ち寄るというルールになっているが、いつも料理は大量にある。
そんなわけで私は薬味と調味料、道具だけ持参することにした。

ミョウガ、青ジソ、バジル、ニラ、伏見甘長唐辛子、山椒、クレイジーソルト、ナイフとトング、小さ目のまな板、竹串。それからナマズの蒲焼と奈良漬。

案の定、現場には大量の料理が並んでいた。キノコが不自然に多いのはいつものことだが、今回は肉がおかしい。飛騨牛と神戸牛と松阪牛とさくらポークがどかどかと置いてあった。

誰が持ってきたんだろう…。ありがたや。

信じられないほどの高級肉なのに、刻んだニラやミョウガ、それれクレイジーソルトをかけて食った。そこらを走り回っていたシカやイノシシと同じような味付けである。
が、信じられないほどおいしかった。牛さんってすごい。

そういえば、ナマズは食べるのを忘れて持ち帰って来た。

2018年7月14日 (土)

TRONで音楽 #3

Nucleoボード、STM32F401RET6でMusicDriverを作っている。
リアルタイムにMMLを解析しながら演奏するのではなく、
MMLを解析していったん曲データをバイナリデータに変換してメモリに配置する。
それを別の関数で再生するという方法を取る。
まあ、関数名だけでわかると思う。

int setTrack(int track, char *mml);
int bgmSet(int ch, int track);
int bgmPlay(int ch);
int bgmStop(int ch);
int sePlay(int track);

同時に3chをON/OFFできる。三重和音すべてを演奏するならbgmPlay(7)を指定。
sePlay()は効果音を演奏する。ch.2を停止して効果音を演奏する。
データフォーマットはこんな感じにした。

//    ----------------------------------------
//    MMLをバイナリに変換
//    c4=ドの四分音符, b8=レの♪
//    MMLについては以下を参照
//    http://www15.big.or.jp/~annex-hp/anxmid/nyumon.html
//    ┌──┬──┬──┬──┐
//    │ffnn│nnnn│cccc│cccc│
//    └──┴──┴──┴──┘
//    f=func, n=note, c=count(length=1-192)
//    ----------------------------------------

以前、同じことをPICマイコンでやろうとしたことがある。
が、メモリが少なくて、MMLをリアルタイムに変換するのはできなかった。
arduinoでも同じことを経験した。
今回のSTM32は三度目の正直である。
続きはお盆明けの予定。

2018年7月13日 (金)

ポポーに実

植える場所がなくなってしまい、植木鉢に植えたままのポポーがある。

8号の植木鉢だというのに、立派な実が6個もなっている。
さすがにこのまま収穫するのは無理だ。一つを残して摘果した。
早く畑を買わねば…。

ポポーは水切れに弱い。また鉢の温度が高くても突然死することがある。
鉢に日が当たらないような場所で管理した方がいいと思う。

2018年7月12日 (木)

ちびっ子対策

畑に残っていたトウモロコシ第1陣を撤収した。葉と茎は刻んで畑にすき込んだ。

ブルーベリー畑では、ラビットアイ系品種が色付いてきた。FloridaRose, Savoryはほぼ終了。Savoryは長雨できれいに裂果した。
Vernonは最盛期、Delite, Grolia, Nobilis, Powderblueが少しずつ色付いてきた。
来週、ちびっ子たちがブルーベリーを摘みに来るらしい。ちびっ子のために畑をきれいにしておかねば。
ブルーベリー畑はヨシが敷き詰めてあるので草はほとんどない。畑までの通路と周辺の雑草を片付けた。
あとは当日、マムシのチェックをすれば大丈夫かな。

2018年7月11日 (水)

ミョウガ収穫

ミョウガ(品種=陣田早生)の花が咲いていた。
ミョウガは収穫期が異なる2品種を栽培している。夏は陣田早生、秋は舞鶴という斑入り品種だ。
品種の区別がつかない作物は、一方を斑入りにすれば一目瞭然。
アマドコロも同じ方法で区別している。
以前は北勢早生(当地の在来種)を栽培していたのだが、3年がかりで陣田早生に切り替えた。
陣田早生の方がやや収穫期が遅くて小粒、耐病性が強い…ような気がするが、北勢早生の方が品質がよかったな。

夏野菜の揚げびたしをよく作るのだが、それにはミョウガと青ジソが欠かせない。
最盛期になると、ミョウガの甘酢漬けを作る。ミョウガの甘酢漬けは、そのままで食べたことは一度もない。ミョウガ寿司を作るためだけに、甘酢漬けを作っている。

2018年7月10日 (火)

TRONで音楽 #2

STのNucleoボード、STM32F401RET6をいじっている。
このマイコンボードには、PWMが複数搭載されている。

PWMの出力をそのままスピーカに入れたら、CPUの負担なしに音を出すことができた。同時に複数のPWMを使えば和音の演奏も可能なはず。

Timer1-3それぞれにPWMを設定したところ、きれいな三重和音で曲を演奏することができた。

音源ICを使うことなく、そこそこの音楽を演奏できたのは大満足だが、こんなハイスペックのマイコンボードが、曲を奏でるだけではもったいない。

次は曲を演奏したまま、何かの処理ができるようにしたい。

2018年7月 9日 (月)

畦草刈り

湿地畑の畦(あぜ)の草を刈った。
畦は水田の手入れに必要だから、月に二度くらいは草刈りをしなければならない。
私は刈り草を利用するのでせっせと草を刈るが、隣の水田の地主はあまり草を刈らない。町内でも屈指のぐだぐだ農業である。
その方がこっちとしては気が楽でいい。

2018年7月 8日 (日)

新しい冷蔵庫

長雨が終わって、ようやく晴れた。
トウモロコシ第1陣を収穫した。たったの6本、しかもカラスの食べ残しである。

冷蔵庫を買ってきた。キッチンの色に合わせて色を決める。
この時点で候補がかなり絞られるのですごく楽だ。

私は両開きの冷蔵庫に執着しており、2台の冷蔵庫は共に両開きである。
左右どちらからでもドアが開けられるということは、ひじょうに便利だった。だが、大きな一枚ドアを開けるということは、冷気が大量に逃げる、すなわち電気代がかかる。
そんなわけで今回は観音開きの冷蔵庫を選んだ。
冷凍庫も製氷室だけを別に開けられるのを選んで省エネ達成率120%らしい。
変な色を指名買いしたため、今回もシャープ製だった。
シャープ製だから、プラズマクラスターで雑菌の繁殖を抑えるという怪しい機能や、タッチパネルを触れると勝手にドアが開くなどのムダ機能も満載。

そういえばこのパソコンの色と同じだな。
https://twitter.com/SHARP_JP/status/303748995652669442
このパソコンは、テレビ画面にパソコンの画面を重ね合わせができるムダ機能を持っていた。

シャープは台湾の鴻海(※1)に買収されて国内メーカーではなくなったから、
今度は20年も使えないかもしれない。
念のため家電屋の10年保証に加入しておこう。

※1. 鴻海(ホンハイ)科技集団 = Foxconn Technology Group

2018年7月 7日 (土)

二十歳の冷蔵庫

今日もひどい雨が降り続いている。大雨警報も時々出ている。

ふと見たら、冷蔵庫の下に水たまりができていた。ここは1階だから雨漏りではない。大雨とは関係がない。
冷蔵庫に問題があるようだ。調べたところ、野菜室のファンが不調で、野菜室の外側の空気を吸わなくなっている。
その結果、野菜室の引き出しが結露し、その水が床まで流れるようだ。
ファンを修理するのは難しい。床板が傷む前に、新しい冷蔵庫を買うことにしよう。

この冷蔵庫はシャープ製、1998年製造、容量440Lで両開きの冷蔵庫だ。
20年間も使えたなら上出来だ。
しかも冷蔵庫が故障したわけではなく、ただ結露がひどいだけ。親孝行な冷蔵庫だった。

2018年7月 6日 (金)

STM32F103C8T6の不具合

今年になってから、ARM系のマイコンボードばかりいじっている。
NucleoのNano型ボードを愛用していたが、STM32F303K8は1,600円と安くない。
最近気に入っているのは、STM32F103C8T6だ。
このマイコンボードは、クロック72MHz、Flash64KB、SRAM20KBで300円。じつにコスパがいい。

ところが、このボードを認識しないPCがあるようだ。
うちのPCでは動作していたので、気付かなかったがワークショップでは都合が悪い。

原因はこういうことだった。

ようするにマイコンボードの不具合である。
マイコンボードの裏面を見て、R10というシルク印刷を探す。そこに付いているチップ抵抗の値が103=10KΩだったらアウト。
この不具合は、自分で修理することもできる。チップ抵抗を152=1.5KΩに交換すればいい。
チップ抵抗はサイズが色々あるが、0603 R1.5K=152 1/10Wが適している。
中国から輸入すると200個が200円。送料込みである。いったいどうなっているのだ。
届いたらまた書く。

2018年7月 4日 (水)

イオンナマズ

近くのイオンでナマズの蒲焼きが売っていた。昨年はバンガシウスという海外の養殖ナマズだったが、今回の蒲焼はニホンナマズである。

Namazukabayaki
パッケージには、
  • 炭火工程を入れ、ほど良い甘口たれで蒲焼にしました。
  • 完全養殖、近大発、鰻屋が焼いた!
  • なまずの蒲焼
…といった言葉が並んでいる。
ウナギより高いのだが、半額シールが張ってあったので助かった。
直火で焼き直し、自家製の奈良漬けと共に食べてみた。
うまいんだけど、これがウナギの味に似ているかというとそうでもない。うな次郎の方がずっと似ている。
どこかで食べた味だと思っていたのだが、どうやら子供の頃に食べたナマズの味に似ているような気がする。
というか、これは普通にナマズの蒲焼である。

2018年7月 3日 (火)

ただ食い

朝、明るくなるまでテレビでワールドカップを観戦していた。
アディショナルタイムに、日本が3点目を失った時には外はもう明るかった。

もうカラスにトウモロコシを食わせる理由はない。残っていたトウモロコシに網をかけてから仕事に行った。
トウモロコシはただ食いなのか。それともトウモロコシのおかげでトーナメントに出られたのか。

2018年7月 2日 (月)

コーン収穫

トウモロコシ(品種=ゴールドラッシュ)を収穫した。
ほとんどがカラスにやられていて、無害なのはほんの数本しかない。
今夜、日本が勝つなら、トウモロコシなんて安いもんだ。

2018年7月 1日 (日)

畑ログ2018年7月

x. イチジク│サトイモ(伊予美人)──────────│空き──────
f. 未使用│スイセン (Galilee)───┼イチョウ────────────
e. ────────────────┼ヤマイモ(治田芋)のムカゴ────
d. コーン(ゴールドラッシュ)────┼ネギ(九条太)──────────
c. ───────────│チンゲン┼BB(Nat.)───│────────
b. ブロッコリ(緑積)──│ブロッコリ┼スイセン(不明)│────────
a. 空き────│ニラ───────┼水仙│シシトウ(伏見)──│バジル
9. ネギ(坊主不知)─│───────┼空き────────────空き
8. サトイモ(伊予美人)───│ウコギ┼コーン(ピーター610 )──────
7. フキ (IK2)──────│ネギ(SH)┼コーン(ゴールドラッシュ)────
6. 空き──│フキ (IK2)│ネギ(SH)─┼空き─────│ニラ──────
5. ショウガ──│クリ│イボ│イチゴ┼ニラ────│アマドコロ────
4. BB (Natchez)│クリ(JCF2)│ピスタ┼空き────────────空き
3. BB (Natchez)──│オニユリ───┼イチゴ─────│空き─────
2. BB×5(FFFFF)─────│ニラ──┼ピートモス───│BB×5(CDCDC)─
1. フキ(愛知早生)│マルメロ(かおり)┼ブルーベリー(ラビットアイ系)──
0. BB(Navaho)───────│花菖蒲┼ニラ──────│シラン│アヤメ

都合により、ウコギを移植した。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

最近のトラックバック