« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月30日 (土)

ももいろハートその後

先日、拾ってきたサフィニアが大きくなってきたので、摘蕾をやめて花を咲かせてみた。
この品種は調子が上がらないと、ハート模様がうまく出ないらしいが、ご覧の通り。
Momoiroheart

拾った時はアブラムシが付いていたので、ウィルスの感染を心配していたのだが、この様子だと大丈夫そうだ。
この株は、カリブラコアと同じ酸性の土で植えてみた。よく育っているところを見ると、サフィニアも酸性気味の用土を好むのだろうか。

 

2018年6月29日 (金)

カラス

トゲなしウコギを挿し木した。挿し木して近所の山に植えるつもりだ。
枝を切って気付いたのだが、まったくトゲがないわけではなく、小さな太短いトゲが少しある。

トウモロコシの第1陣はそろそろ収穫期だが、カラスが毎日のようにやって来て食べている。
この分だと人が食べる分は残らないだろうなあ。
まあいい。サッカーのワールドカップで、日本が敗退するまでは許してやる。

JFA(日本サッカー協会)のトレードマークはカラス。八咫烏(やたがらす)といって足が三本ある。曲はサッカーの応援歌としておなじみのアイーダ。
これが、じつはauのCMで、全員が三太郎シリーズの登場人物ってことはブログを書くまで気付かなかった。

2018年6月28日 (木)

自衛隊の株分け

首をはねたアグラオネマは、新芽を二つ伸ばして順調に育っている。
大きくなって窮屈なので、株分けした。
▽あとで写真
日本ではすごく過保護に育てている人が多いが、タイの園芸店では普通に並んでいるらしい。そんなわけで、我が家では屋外で栽培している。

2018年6月27日 (水)

リュウグウ到着

はやぶさ2が、小惑星リュウグウに到着したそうだ。
2014年12月3日に打ち上げられてから、約2億8千万kmもの旅をしての到着。
これから惑星の探査を行なった後、地球への帰還を目指すことになる。

予定されている試料採取の手順をどうぞ。音声なし。
アマチュアが作った動画もあるので後日、紹介したい。

2018年6月26日 (火)

マムシ

深夜、仕事から帰ってきたら、家の裏の道路にヘビがいた。
一見、マムシっぽいが、アオダイショウの幼蛇やジムグリかもしれない。念のため、車から降りて確認したが、間違いなくマムシ。

逃げようとしたので棒切れで道路の中央へ。マムシは威嚇態勢を取っている。

もう一度車に乗り、マムシの上を通って帰宅した。

2018年6月25日 (月)

事件

6月25日夕方、合コン会場に男が乱入し、来場者に遅いかかるという事件が発生しました。
被害に遭ったのは約100匹の独身コガネムシで、結婚相手を求めてパーティが最高潮に達した時に、捕虫網を持った男が乱入した模様です。

▽あとで写真

被害に遭ったコガネムシは80匹以上、いずれも致命傷を負っていました。
男は事件直前まで会場を整備しており「幸せそうなので腹が立った」などと供述しているとのことです。

2018年6月24日 (日)

ゴマちゃん再び

うちのブルーベリーの主力、2m級のPowderblueの根元がこんな状態になっていた。

Bbgomafu

オレンジ色のこれはゴマフボクトウの糞だな。農薬のスミチオンを注入しよう。
こいつはガの幼虫だから、毒性が気になるならBT剤とかプレバソンでも構わない。

Bbgomafukill

薬剤はスポイトで注入してもなかなか入らないが、まず最初にスポイトで空気を抜いてやればいい。

内部を負圧にしてやれば、あとは勝手に薬剤が吸い込まれていく。

2018年6月23日 (土)

BBC

先日のブラックベリーソースを冷凍した。

▽後で写真
キューブ状に凍らせたものを、ビニール袋に入れて保存。ビニール袋は砕氷の空き袋を再利用。
BBCとはブラックベリーのキューブのこと。

2018年6月22日 (金)

裂果

ラビットアイ系のブルーベリーが熟してきた。FrolidaRoseとSavoryが早く、それにVernonが続く。

これらの品種は、晩生のハイブッシュ系品種、CarolineやMagnolia、Ozarkの収穫期と重なるから、途切れずにブルーベリーを収穫できる。
それにしてもラビットアイ系の大粒品種はよく裂果する。SavoryやTitanのような大粒品種は、雨が続くとおもしろいように裂果する。
Bbsavorypick

それを防ぐためには、雨を防ぐのが一番だが、逆に水やりを増やすことでも改善できる。
乾燥気味で栽培してたところに雨が降ると、ブルーベリーが一気に吸水して裂果してしまう。
だから普段から水やりをして、十分に吸水させておけば裂果は少なくなる。

ところで、傷口が乾いている粒は捨てなくて済む。

Bbsavorycrack

このような粒は水分が減っているためか、むしろ甘くておいしい。そのまま食べてもいいし、加工用としても使える。

同じく大粒のVernonは裂果しにくいが、上記2品種に比較すると果皮が固い。だから裂果しにくいのかも。
ColumbusやOnslowが大粒という人がいるが、うまく剪定したBaldwinより小さい気がする。
うちのColumbusとOnslowは大関ナーセリー出身だから、品種間違いはないと思う。

そういえば、Baldwinも大粒になると裂果が目立つことがあった。

2018年6月21日 (木)

ヒオウギ

借りた畑の片隅にヒオウギが植えられていた。
地主さんが植えていたものだが、お寺の祭事で使うそうで、毎年、見知らぬ人が花を切りに来る。

地主さんにいつももらっていたとのことなので、何十年も続いているのだろう。
そのヒオウギだが、ここ数年、育ちが悪くなってきたような気がする。もしかしたら連作障害かもしれない。別の場所に植え替えることにしよう。
処分した思われるといけないので、わざわざ道路沿いの目立つ場所にお引越し。
▽あとで写真

ところでこのヒオウギは、時々、開花がずれて、お寺の祭事に花が終わっていることがある。
できれば開花期がズレた個体を確保しておきたい。

調べたところ、古くはヒオウギ属だったが現在はアヤメ属に分類されている。アヤメ属との交配も容易で、交配種がキャンディリリーの名で流通しているようだ。
ということは、キャンディリリーと交配すれば、ヒオウギ独特の草姿を維持したまま、開花期をずらしたり、変わった花色の個体が作れるかもしれない。
お寺で使うためだけに、ヒオウギの育種をするのも楽しそうだ。

2018年6月20日 (水)

ツノ丸に野菜

ツノ丸からメールが届いた。デスクトップPCのメモリと野菜とブルーベリーを送ってほしいとのこと。
野菜はジャガイモとタマネギ、ジャガイモは品種が指定されていた。シンシアを所望らしい。

収穫したブルーベリーの中から、おいしそうな実だけより分けて送った。
今回のブルーベリーはLegacy(NH)が中心。Legacyはなかなかおいしい品種だと思う。
シンシアは私ではなく両親が育てていた品種だ。両親のジャガイモはデキがイマイチなので、代わりにシェリーを送ることにした。

2018年6月19日 (火)

ペンギン・ハイウェイ

今月は映画の「いぬやしき」を観る予定だったが、気付いたら上映が終わっていた。
ワールドカップのことで頭がいっぱいで、すっかり忘れていた。

次に観たいのはペンギン・ハイウェイあたりか。8.17(Fri)ロードショーらしい。

夏休みの自由研究が好きなら観ておきたい。

ワールドカップ、日本はコロンビアに2-1で勝利。やったー。

2018年6月18日 (月)

大阪の地震

大阪で震度6弱の地震があった。ツノ丸はこの春就職して大阪に住んでいる。
母は孫は大丈夫か気にしているが、問い合わせたところでどうにかなるものでもない。台風の日に、田んぼや船が心配になって見に行く奴と同じだ。ほっておいた方がいい。
しばらくして、ツノ丸から無事だという連絡があった。

トウモロコシ第3陣を定植した。チンゲンサイ第2陣の収穫が始まった。
なんとなくイチゴを収穫して冷凍した。冷凍庫を整理していたら、昨年のイチゴを発掘。うーん。
トウモロコシを除房した。除房したものはヤングコーンとして食べる。

2018年6月17日 (日)

赤いブルーベリー

赤い実を着けるブルーベリーとして有名なFrolidaRoseだが、私の評価は低かった。
我が家でもリストラ寸前だったが、そんなに悪い品種ではないということがわかってきた。

この品種はラビットアイ系品種の中では群を抜いて早く熟す。その上、果実が赤いため、収穫期を逃してしまうようだ。
今までうすら甘いと評価していたが、それは過熟により糖度が下がったものを食べていたようだ。
粒の半分が白い実を食べてみたが、ラビットアイ系品種としてはまあまあの味だった。
とても大粒だし、パックの中に何粒か混ぜればいいアクセントになるだろう。

この時期、ハイブッシュ系の晩生品種が採れるから、その中に混ぜるのは勝ち目がない。ラビットアイ系の極早生品種に混ぜたいところ。

2018年6月16日 (土)

味さんご

キュウリの収穫が始まった。キュウリの収穫が始まったら、第2陣のタネをまくとちょうどいい。
深夜の食卓で、キュウリの第2陣のタネをまいた。
ここ数年、キュウリはお気に入りの品種を模索中だ。今年は「味さんご」という品種を試すことにした。短型四葉の新品種だ。

大量のキュウリが採れるようになったら、おき漬けにして保存する予定だ。

たしか去年も同じようなことを言っていたし、おき漬けの動画も同じ。あまり期待はできないが。

てか、動画の続きはいつ公開されるんだろう…。

2018年6月15日 (金)

ブラックベリーソース2018

ブラックベリーはいい粒だけを選んで冷蔵庫へ。それ以外はソースに加工した。

水洗いして、砂糖を少し入れて煮た後、ジューサーにかけて、ザルで裏ごし。
▽あとで写真

慣れてくると、サッカーの試合のハーフタイムにちょうどいい作業だ。

ソースは冷凍庫でキューブ状に凍らせて袋詰めして保存する。じつに簡単な作業だが、冷凍庫に空きを作るのは簡単なことではない。

2018年6月14日 (木)

ブラックベリー2018

イチゴやブルーベリーに加えて、ブラックベリーの収穫も始まった。
うちのトップは早生品種のNatchez。Natchezは大粒で、雨でも傷みが少ない。雨の合間に収穫してもこんな感じ。

Berryz2018

小粒に見えるし、たいした量にも見えないのだが、それはベリーが大粒だから。

Rubusnatchez2018 Bbcrop180615pick

雨の間に野菜も収穫した。シシトウやブロッコリの収穫も始まった。

Broccolicrop

この時期にプロッコリを育てるのは初めてだったが、こんなにモンシロチョウがやって来るとは思わなかった。モンシロチョウをいかに封じるかが栽培のコツだと思う。

2018年6月13日 (水)

シェリー収穫2018

ジャガイモのシェリーを収穫した。

傷が付いてしまった芋は夜食になる…というか、夕食以外、ずっとジャガイモを食べているような気がする。
収穫時に傷付いてしまったものは、とりあえずゆでて一週間かけて食べる。
シェリーは赤いから、ゆでるとこんな感じになる。

Potateboild2018

甘味のある品種なので、ゆでて皮をむき、砕いたものに味付けして、オーブンで焼いて、バターを載せて食べるとうまい。

2018年6月12日 (火)

除房

トウモロコシを1株1果になるよう除房した。ヤングコーン的にいうと、これも一種の収穫だが。

果房の根元の部分を、ウサギのミケに与えると喜んで食べる。

除房が終わったら農薬をかける。ちょうど手元にあったスミチオンで十分。葉の根元にちょっと農薬がたまるくらい。
もしトウモロコシの茎に穴が開いていたら、そこにも注入しておくといい。

2018年6月11日 (月)

観賞用ブルーベリー

庭に観賞用のブルーベリーが植えてある。人に見られる場所なので、早生で大粒の品種がいい。
以前は大粒のChandler(NH)を植えていたのだが、大粒の品種はちょっとした風で落果してしまうことがわかった。
そんなわけで少しだけ小粒のSpartan(NH)に変更した。

Bbspartan2018 Bbspatan2018b
摘粒すると、Spartanでも結構大きくなる。1.5mほどの木に、こんな感じの果房が20くらいなっている。

2018年6月10日 (日)

初心者で遊び人の研究員

ヘッドレスのRaspberryPi3で何か怪しい装置を作るという仕事をやっている。
RaspberryPiは、Pythonというプログラミング言語で制御作するのが普通らしい。Paythonなんてさわったことはないが、まあ、プログラミング言語は方言みたいなもんだ。すぐに慣れるだろう。

とりあえず、Paythonについて予習しておこう。
配列操作は覚えることが多いな。ネットで解説サイトを検索していたら、私にピッタリの解説があった。

この解説は、プログラミング言語を理解できるPython初心者で遊び人(※1)の研究員(※2)にしか役立たない。そんなニッチを狙っていることが驚き。そんな奴が世の中に何人いようか。

※1. ギャンパレヲタの通称
※2. BiSヲタの通称

2018年6月 9日 (土)

ピーター610

深夜の食卓でトウモロコシ第3陣をまいた。品種は夏作に向くというピーター610。

この品種は93日型なので収穫はほぼ三か月後になる。

2018年6月 8日 (金)

バラゾウムシ

この時期、ブラックベリーは地中から新しいシュートを伸ばしてくる。
新梢は柔らかく、チョッキリと呼ばれるゾウムシの被害を受けることが多い。一定の高さまでは消毒するのがオススメ。
収穫期でなければ農薬が無難だと思うが、木酢液をかけるだけでも効果はある。木酢液をかけてしまえば、害虫にはそれがバラ科の新梢であることがわからなくなるからだ。
ただし木酢液がブラックベリーの実にかかると、煙臭くて台無しになるから、必要最小限にしたい。

これはブルーベリーにも言える。
すべての新芽に薬剤をかけるのは大変だが、とても大切な勢いのあるシュートにだけ、せっせと木酢液をかけていれば、シャシャンボツバメスガは来ない。

2018年6月 7日 (木)

ゴジラ 決戦ナンカ

映画のゴジラを観てきた。
このゴジラは三部作ということになっていて、2017年11月の第1章に続いて、今回は第2章。

なんてゆーか、いまどきー。
化学を専攻していた電子工作好きな生物ヲタクには、到底、納得できない部分が多いが、おもしろければそれでいい。

ゴジラといえば、アイドルグループのBiSにもそんな名前のコがいたな。

これは昨年のMVだから、今のグループとは少し違っている。
歌がうまくて一番かわいかったプー・ルイが引退して、一番カッコいいサキ様が脱退して、アヤが復帰して、グループが二つに分かれて、モモランドが失踪して、メンバーにYUiNA-EMPiREが加入して、さらに新人5人が加入するはずだったけど一人辞退で…。

まるでコントのような地下アイドルグループである。このBiSは現在、全国ツアー中。
しかも今月末には三重県にやって来るというから、たまにはライブも悪くないかな…と。

私は研究員(BiSヲタの呼称)ではないので、前日にチケットが残っていたらゴ・ジーラを観に行こうかな…というテンションだが。
ちなみにゴ・ジーラっていうのは、ヒマラヤスギの木の下で痛そうにしている三番目のコ。


2018年6月 6日 (水)

環境に悪い肥料

先日の海岸清掃で、マイクロプラスチックによる環境汚染の話を聞いてきた。
マイクロプラスチックというのは、大きさが5mm以下の小さなプラスチックのこと。
マイクロプラスチックは有機水銀やPCBなどを吸着しやすい。
それを生物が飲み込むと、消化されることなく排泄されるのだが、有害物質は体内に残る。それを食べる生物がいればさらに濃縮され、次第に危険なレベルになる。
もしかしたらその魚を人間がおいしくいただいて罰が当たるという可能性もある。

海岸に流れ着くマイクロプラスチックには、どんな物が多いのだろうか。
30年前は、プラスチック製品の原料として使われるレジンペレットなんかが多かった。
当地は化学コンビナートで有名な四日市市である。
しかし今はそんなに多くはない。
一般的なプラスチックや発泡スチロールの粒はそこそこある。あるにはあるが、もっと圧倒的に目立つ物があった。
直径3mm程度、カブトムシの卵そっくりのこれ。

Fertilizershell

これは化学肥料をコーティングしていたプラスチックの殻だ。
畑で長く効く、黄色い粒が混じった化学肥料に見覚えはないだろうか。あれの中身がなくなったやつだ。

即効性の化学肥料は問題ない。成分的に分解が遅いIB化成も大丈夫だし、ク溶性の成分が多いマグアンプなんかも問題なし。
だが一か月以上も肥効が続く化学肥料は怪しい。じわじわと肥料が溶け出すよう、薄いプラスチックでコーティングされていることがある。肥料が溶け出した後、残りのプラスチックの殻だけが残って自然界に流出する。
水田で広く使われるようになったイッパツナントカ、鉢物用のナントカコートという肥料が恐いな。
私も知らずに使っていたが、今のやつがなくなったら二度と使わない予定。

2018年6月 5日 (火)

TRONで音楽

STM32でTOPPERS/ASPカーネル、簡単に言うとARMでTRONを動かしている。
その上で動作するMusicDriverを作るのが最終目標だが、今のところ作り方がよくわからない。
タスクとして動作させてみたが、タスクだと割込み間隔が1msなので無理っぽい。
勝手にタイマを一つ奪って割込みルーチンを書いてみる。

STM32F401REだと、クロックが84MHzなので、PSC=840-1と設定する。
84MHz=84,000,000Hzだから、84000000 / 840 = 100000Hzでカウンタが進むことになる。
ラの周波数は440MHz、高いラだと×2、圧電ブザーをONとOFFするなら×2として、
圧電ブザーを1960HzでON/OFFするのにかかる時間は1/1960sec。これがカウンタ何回分なのかを数えると、

1/1960÷1/100000→100000/1960=104回

となる。圧電ブザーの音としてはちょうどいいペースかな。試しに発音するコードを書いてみるとイケる感じ。
このままでは処理が重いので、割込みルーチンをやめてPWMでスピーカをON/OFFしてみた。
CPUはスピーカのON/OFFから解放され、演奏時間だけを処理すればよくなった。
PWM可能なピンは複数あるから、三重和音なんかもできそうだ。
ここまではTRONを無視して単独でテストしたのだが、問題はTOPPERS/ASPカーネルで、どうやってレジスタを叩けばいいのかわからないこと。

2018年6月 4日 (月)

ショウガ定植

ショウガを植えた。あと半月早く植えたいところ。
両親が毎年ショウガを植えるのだが、いつも早めに種芋を買ってきて腐らせてしまう。今回もまたやらかしていたので、途中で種芋を没収した。
半分ほどに減った種芋を芽出しして、芽が出た種芋だけを植えつけた。

ラズベリーを収穫した。品種はCaroline。
Tulameenの方が品質のいい実がなるのだが、この時期の収穫はイチゴやブルーベリーと重なってしまう。
秋果目当てで、二期なりのCarolineをメインに植えている。

スイートコーンの花穂が出ていた。害虫のアワノメイガは、花穂と葉の付け根に米ヌカをふりかけておくと防除できる。
米ヌカにBT剤を混ぜれば完璧だと思う。
BT剤は毒性も低いし、花粉を集めるミツバチにも無害どころか、ミツバチの害虫であるハチノスツヅリガまで殺せるかも。

2018年6月 3日 (日)

海岸清掃

某海岸で海岸清掃。ゴミ拾いは他の人たちに任せて、私はひたすら外来種の駆除。コマツヨイグサを徹底的に抜く。
今日は馬グワとプラ鉢10号を持ってきた。馬グワを使って砂を引っかいて、コマツヨイグサを拾ってプラ鉢に入れる。
プラ鉢を適当にゆすると鉢底から砂だけが落ちる。これは便利だ。作業が捗る。
いちいち袋を持ち歩かなくていいし、来月から10号鉢を複数持って来ようと思う。
というか運営で用意したらいいのに…と思う。プラ鉢は安いし、収穫カゴと違って重ねて保管もできる。

学習会の講師は四日市大学のY先生だった。テーマはマイクロプラチックの話。
今回の海岸清掃とは無関係だが、この記事とほぼ同じ内容だと思う。
マイクロプラスチックの話については、衝撃的だったので後日また記事にまとめる予定。

2018年6月 2日 (土)

ヨシマルチ

今年からブルーベリー畑にヨシを敷き詰めている。今日も川まで自転車で2往復してヨシを追加した。
夏草を完全に抑えるには、もっと敷いた方がいいかな。

Yoshimulching

ブルーベリーが色付いてきた。Cooper(SH), Duke(NH), Gulfcoast(SH), Rancocus(NH), Spartan(NH)あたりが早かった。

いくつか食べてみたが、連日の雨のせいであまり甘くない。
中でもDuke(NH)は、特に糖度が上がりにくい印象。

2018年6月 1日 (金)

畑ログ2018年6月

x. イチジク│サトイモ(伊予美人)──────────│空き──────
f. 未使用│スイセン (Galilee)───┼イチョウ────────────
e. スイセン(FR/IF│Camelot)────┼ヤマイモ(治田芋)のムカゴ────
d. コーン(ゴールドラッシュ)────┼ホウレン(ST)─│ヤマイモ(治田芋)
c. チンゲン│──────│チンゲン┼BB(Nat.)───│────────
b. ブロッコリ(緑積)──│ブロッコリ┼スイセン(不明)│────────
a. 空き────│ニラ───────┼スイセン│シシトウ(伏見)│トマト
9. ネギ(坊主不知)─│───────┼空き────────────空き
8. サトイモ(伊予美人)───│ウコギ┼ジャガイモ(シェリー)──────    ←ウコギ移動
7. フキ (IK2)──────│ネギ(SH)┼コーン(ゴールドラッシュ)────
6. 空き──│フキ (IK2)│ネギ(SH)─┼ジャガイモ(シェリー)│ニラ───
5. 空き───│クリ│イボタ│イチゴ┼ニラ────│アマドコロ────
4. BB (Natchez)│クリ(JCF2)│ピスタ┼ジャガイモ(シェリー)──────
3. BB (Natchez)──│オニユリ───┼イチゴ─────│空き─────
2. BB×5(FFFFF)─────│ニラ──┼ピートモス───│BB×5(CDCDC)─
1. フキ(愛知早生)│マルメロ(かおり)┼ブルーベリー(ラビットアイ系)──
0. BB(Navaho)───────│花菖蒲┼ニラ──────│シラン│アヤメ

ウコギを移植した。畝4、畝8、畝12に木があれば目印になる。

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

最近のトラックバック