« フキの下処理 | トップページ | カリブラコアの花がら »

2018年5月 6日 (日)

鷹の爪とか

フキを煮る準備をしなければいけない。
昆布を刻んで、自家製の鷹の爪のタネを抜いた。鷹の爪というのは、唐辛子の品種名である。
鷹の爪は彩りとしてたくさん入れたいが、そのままではきゃらぶきが辛くなってしまう。そこで鷹の爪のタネ(と胎座)を取り除いて、辛さを抑えようというわけだ。

Takacut Takataida

唐辛子はタネが辛いのではない。タネがくっついている胎座、スジのようなとこが辛い。
素手ではさわりたくない。ハサミとピンセットを使って注意深く作業した。

夜、ルータとPCを持った客が来た。
インターネットを契約したが、うまく接続できないということらしい。
無事に設定が終わったが、それはあくまでもうちの回線の話。自宅でうまく接続できるといいのだが。
PCを設定しながら、その合間に小鍋で少しだけきゃらぶきを煮て、お土産として渡した。

帰宅してからすぐ、まだ接続できないという連絡があった。

« フキの下処理 | トップページ | カリブラコアの花がら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/73482302

この記事へのトラックバック一覧です: 鷹の爪とか:

« フキの下処理 | トップページ | カリブラコアの花がら »

最近のトラックバック