« アマドコロとか収穫 | トップページ | 春の溝役2018 »

2018年4月 7日 (土)

同窓会

毎年、ミツバチの巣箱でアシナガバチを飼っている。
今年もセグロアシナガバチが営巣場所を探していたので、ミツバチの巣箱を置いてみた。
巣箱を置いた時には、1匹しか飛んでいなかったが、数時間後に中をのぞくと巣箱の中はこんなことになっていた。

P4020069 4月2日

私の勝手な想像だが、彼女たちのほとんどはこの巣箱の出身だろう。
気温が上がって営巣場所を探すにあたり、自分たちが巣立ったのと同じような場所に集まってきたのではなかろうか。
全員が女王蜂だから、本来は一緒に営巣することはない。各自がそれぞれの場所で営巣するのが普通だ。この先、どうなるのか観察を続けてみよう。

二つの巣箱を並べて置いたのだが、翌日には二つの勢力に分かれたようだ。
いずれの巣箱にも小さな巣ができており、複数の女王蜂がみんなで世話をしているように見える。

▽後で写真×2

もしかしたら世話をしているのではなく、隙を見て他人が産卵した卵を捨てている可能性もあるわけだが。

« アマドコロとか収穫 | トップページ | 春の溝役2018 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 同窓会:

« アマドコロとか収穫 | トップページ | 春の溝役2018 »

最近のトラックバック