« 山のエビネ | トップページ | メヒカリ »

2018年4月21日 (土)

花ひろば

自動車のタイヤを交換をしなくてはならない。近所の店には在庫がなく、店を探しているうちに道に迷ってしまった。ようやく知っている場所に出たと思ったら花ひろばだった。
しかたがない。せっかくなので買い物をしていこう。こんなこともあろうかと、家を出る前にスタンプカードも持ってきた。

この時期の花ひろばはペチュニアの仲間ががすごい。カリブラコアとサフィニアを含めて、ありとあらゆる品種が並んでいる。
しかし今日は今回は嫁もいるのでスルー。
嫁が寄せ植えを作りたいと言うので、何かテキトーな花を買うことにした。

嫁が気に入ったのは、デルフィニウムのミントブルー。デルフィニウムの登録品種だが、育種の進んだペチュニアとは違って、タネで増殖しているらしい。
店頭のパレットを見ると、二重咲きや奇形の個体もあって、まだ特性が固定していないように感じる。
花期は4-6月で、夏越しすれば来年も咲くらしいが、夏の暑さが苦手なので普通は無理だろう。
…という話を嫁にしたが、ピンと来ていないようで「私はこれがいい」という顔をしている。
私は1年で枯れる花は好きではないが、極めて反論しづらい状況なので、これをメインにしよう。

銀色の葉で有名な、コンボルブルス・クネオルム。花期は5-6月となっているが、銀色の葉を愛でる植物だから花なんてどうでもいい。
私が知っている銀葉の植物の中で、もっとも美しい銀色をしている。わりと好きな植物なので、ついでに買っておこう。

あとはピンクや黄色の花を足したいところだが、どうせ夏にはデルフィニウムが撤収する。残りは庭にある植物でしのいで、夏にまた考えよう。
ミニトマトのぷちぷよの苗が売っていた。我が家ではいつもタネから育てていた。苗があるならこれを買っておこう。

« 山のエビネ | トップページ | メヒカリ »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/73411081

この記事へのトラックバック一覧です: 花ひろば:

« 山のエビネ | トップページ | メヒカリ »

最近のトラックバック