« ブロッコリー | トップページ | エビネメモ2018 »

2018年4月16日 (月)

カリブラコアの植え替え

先日買ったカリブラコア(品種=レモンスライス)×2を植え替えた。
このカリブラコアは、母の日のプレゼントにするつもりだが、今から7号鉢に寄せ植えするとバレてしまう。まずは買ってきたポリポットから、5号鉢に植え替えて様子を見よう。
花が咲いたら目立つので、すべての花蕾を摘み取った。

昨年は、母にペチュニアを贈った。ペチュニアは花が終わるとタネを着ける。
花ガラを摘み取らないと、養分がタネに奪われてしまい花が少なくなる。ガサツな母に、花ガラを摘み取ってもらおうと考えていた私がバカだった。

その反省を踏まえて、今年は不稔性のサフィニアやカリブラコアを贈ることにした。サントリーが育種したミリオンベルなどはおそらく不稔性だ。不稔性なのでタネが実らない。よって花ガラを摘まなくても、草勢が衰えることはない。

カイブラコアやサフィニアは、ペチュニアよりも耐寒性があって越冬しやすい。何年か前に贈ったカリブラコアは何株にも増えて庭を飾っている。
増殖は違法だが、枝の途中から発根して勝手に増えるんだからしかたがない。

« ブロッコリー | トップページ | エビネメモ2018 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カリブラコアの植え替え:

« ブロッコリー | トップページ | エビネメモ2018 »