« NT京都2018 | トップページ | オニユリ移植 »

2018年3月26日 (月)

カキの剪定

キャバクラ畑のカキの剪定をした。品種は、次郎×2、蜂屋、平無核、早秋の計5本。

蜂屋は台風にひどくやられて木が傾いてしまった。植え直すことも考えたが、主幹を斜めのまま仕立て直すことにした。
軽トラいっぱい分くらいの枝を下ろしたので今年は実が期待できない。今年の干し柿やあんぽ柿は、平無核で作ろうと思っている。

そういえば、早秋の調子がいい。肥沃な土地にカキを植えると、生理落下がひどくて、結果までに年数がかかることがある。
私の場合は鉢植えで実をならせて、それを畑に植えるようにしている。この早秋も植えた年からずっと実がなっている。

ウメもついでに剪定。品種は豊後と南高。年に5個くらいしか実がならないが、来年から真面目に剪定したい。

« NT京都2018 | トップページ | オニユリ移植 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カキの剪定:

« NT京都2018 | トップページ | オニユリ移植 »