« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月

2017年12月31日 (日)

シャンピニオン

スーパーで投げ売りになっていた巨大シャンピニオンを買って来た。
直径15cmくらいのシャンピニオンが100円である。明日は休みだし、こんなもの正月料理には使わんからなあ…。

ラベルにはシャンピニオンと記載されていたが、ようするにマッシュルームである。
マッシュルームというか、ハラタケは公園の芝生に生えているのをよく見かける。間違いなくハラタケだと思うのだが、まだ食べたことがない。今回はその予行演習のつもりで食べてみた。

カサをテキトーにスライスして、パスタソースで炒めて、バルサミコ酢で味付けしたものをステーキに添えて食った。
ヒダが胞子で茶色をしているし、炒めるとこれが黒くなって不気味だが、とてもうまいキノコだ。
こんなにうまいなら、逃す手はあるまい。来年こそ野生のハラタケを食べよう。

どうやらこれが、来年の抱負らしいな。

2017年12月30日 (土)

サザエさん

昨日、近所の方が亡くなった。
連絡を受けた私は、通夜や告別式の日時、会場などを聞き取り、メモを取って母に伝えた。
今日、母が通夜に行ったのだが、私が死んだ人の名を聞き間違えていたようだ。
母は道中の案内板の名前を見て、もしかしたら会場を間違えたのかと思ったそうだが、途中でお坊さんに出会って、そこで名前の間違いが発覚した。

連絡を受けた時、私はきちんと復唱して確認したのだが、復唱しても似た名前だから間違いが発覚しなかったようだ。

死んだはずの人も参列していた。まるでサザエさんのワンシーンである。

電話機が不調なので、新しい電話機を買った。
ファクシミリ付きで3万円程度の製品を購入したのだが、こんなことなら先日のプリンタを複合機にすればよかった。
もしかしたら複合機の子機は不当に高いのかもしれないが。

ツノ丸が持ち帰ったモチ米で餅つきをした。時間の関係で今日は2kgだけ。

2017年12月29日 (金)

用土センサ

我が家の年賀状をようやく書き終えた。
今日書き終えたところで、投函された年賀状が回収されるのは翌日。
12月30日から元旦までわずか二日しかないが、郵便屋さんは優秀らしいからがんばってほしい。

用土の温度や湿度を計測するセンサが届いた。マイコンボードに挿しやすいよう、ヘッダピンをハンダ付けして樹脂で固めた。

Soilsensor P1020029

センサ側(黒い方)の配線は、業者に防水コーティングしてもらったが、コーティング不良と思われる物がいくつかあった。

2017年12月28日 (木)

あいちのかおり

ツノ丸が正月のコメを持って帰省してきた。コメを持って帰省っていうのが、なんか戦争中みたいで笑える。

Riceaichi

ウルチ米の品種は「あいちのかおり」、モチ米の品種はツノ丸が忘れたので不明だ。
大学の農場で生産されたコメはとても安い。

あいちのかおりは、品種名がとても残念だ。博多の女とか、声優のアイコみたいなネーミングはやめていただきたい。名古屋感が漂っている。
ご飯の味はキヌヒカリに似ている…ということはコシヒカリにも似ているのだろう。
個人的には東郷3号がずっとおいしいと思う。

2017年12月27日 (水)

年賀状2018

ようやく他人の年賀状作りが終わった。
これから我が家の年賀状を書かねば。
年賀状を元旦に届けるためには、12月25日までに投函しなければならないとか。

来年の干支は犬だから、レジーの写真を撮ることにして…あ、その前に伸びた毛をトリミングしなければ。
…という状況なので、元旦に届くとは思えない。

Reggiesmile2 <はよ書けや!!

年賀状なんて年内に投函できればいいのだ。21世紀になってから、25日までに投函したことはない。
てか、郵便局はあんなに年賀状を売ろうとしているのに、どうして配達に何日もかかるのか。
どうして毎年、隣の家の年賀状が混じるのか。
毎年、正月には間違って届いた年賀状をお隣さんと交換している。

2017年12月26日 (火)

ボタリング

我が家の年賀状がようやく完成した。
今年新しく導入したプリンタEW-M571Tで印刷したが、印刷のスピードが速くて快適。
画像の再現性がイマイチ。画面で見た画像と印刷物の差が大きい。ランニングコスト1/10なら許せるが。
許せないのが、黒インクがやたらとボタること。

Ewbotaring

ボタる確率は5枚に1枚以上。いくら安くても許しがたい。
黒インクだけインクの質が違うからそれが原因なのか。
設定でヘッドの高さを調整して回避できるのかもしれないが、サイトの説明はわかりにくいし、それだけで解決できないように思う。

2017年12月25日 (月)

MicrosoftID

仕事でVisualCを使わねばならない。うちのPCには無料で使えるVisualStudioCommunityがインストールされているのだが、久しぶりに使おうと思ったら試用期限が切れていた。
使用期限が切れていても、MicrosoftIDを取得すれば無料で使えるというので、さっそく取得した。
すると、今度はSkypeが強制的にログアウトさせられた。
SkypeはMicrosoftに買収されており、それ以来、MicrosoftIDにかかわるいろんなソフトと連動するらしい。
Skypeがないと仕事ができない。復旧に何時間もかかってしまった。

2017年12月24日 (日)

BiSH@名古屋

詳しいことは知らないが、今日はBiSHがZepp名古屋に来てる。
詳しいことは知らないが、BiSHは来月も名古屋に来る。
詳しいことは知らないが、私が清掃員のカッコしてるのは年末の大掃除だから。

2017年12月23日 (土)

プリンタでコピー

母がおせち料理の黒豆のレシピを友達に渡したいと言ってきた。レシピは丹波の黒豆に付いてきたリーフレット。
プリンタでコピーもできると言ったら、レシピを紙に書き写したものを持ってきた。
わざわざそんなことしなくても、EW-M571Tなら、リーフレットをそのままカラーコピーができる。ランニングコストだって1円。
ただし表示用の画面がとても小さいから、コピー操作には虫メガネ必須だけど。

2017年12月22日 (金)

キーボード買った

タッチパッド付きのキーボードを買った。前回と同じLogicool K400pBKである。
無線でケーブルなし。タッチパッドのおかげでマウスも不要。RaspberryPiには最適だと思っている。


母が参加しているNPO団体が県で表彰されたそうだ。準優勝らしい。 地区予選があっただけのことはある。

2017年12月21日 (木)

USBからWin8.1

DELL OptiPlex7010/SFF、CPUはCore i5-4590/3.30MHz、メモリは4GBである。
事情があって、こいつにはWindows8.1をインストールしたい。だが今回のPCはハズレだったのか、DVD-Rに入ったWindows8.1が読めない。
まあ、中古PCなのでこれくらいのトラブルは日常茶飯事だ。

別のDVD-Rにコピーすれば解決するかもしれないが、DVD-Rを使い捨てにするようでもったいない。USBメモリからインストールしよう。
インストール用のUSBメモリは、ユーザが各自で作ることになっている。
Microsoftから、起動メディアを作成するツールをダウンロードすれば、あとはWindows10だろうが、Windows8.1だろうが、Microsoftから自由にダウンロードできるし、インストール用のDVD-Rを作ることも可能だ。
どうしてこんなに太っ腹なのかわからないが、とても助かる。

今回のようにWindowsのDVDがある場合は、WinToFlashというソフトでUSB化してもいい。

インストール時はインターネットに接続して、ライセンス認証を受ける必要がある。
DELLのPCの場合は、PC本体のどこかにCOAシールが貼られていて、そこに固有のIDが記載されているから、それを入力すればいい。
COAシールのプロダクトIDが通らない場合は、電話でライセンス認証すれば通る。電話の相手は機械だから気軽に電話すればいい。

2017年12月19日 (火)

Win10で実験

DELLのPCに付属のWindows10を「クリーン」インストールする手順をメモ。
Windows10以前のメーカ製PCには、HDD(ハードディスク)にリカバリ用のディスク領域が確保されていて、そのままではWindows10がインストールできない。
いったんHDDを初期化してから、Windowsをインストールする必要がある。

使用したPCは、DELL OptiPlex7010/SFF、CPUはCore i3-3220、メモリ4GB、HDDは250GB。
Windows10は、DELL純正のDVDを用意した。エンベロープ(DVDの紙パンツ)には、以下の記載があった。

DellP/N 07PF46
CN-07PF46-02141-78T-002M
REV A01

PCを起動したら[F2]連打でBIOSメニューを表示する。
General→Boot SequenseとしてBoot List Option中のUEFIを選択して保存

PCを起動したら[F12]を連打してBoot Selector画面を起動する。
DVDドライブが二つあるかもしれないが、UEFI BOOTのDVDドライブを指定して、Windows10のDVDを起動する。起動したら、

言語→日本語(日本)
キーボードレイアウト→Microsoft IME
オプションの選択→トラブルシューティング→詳細オプション→コマンドプロンプト

と指定する。
HDD専用ツールが起動し、真っ黒の画面にコマンドを入力する。

X:windows\system32>diskpart [Enter]
DISKPART>list disk [Enter]
容量を見てインストールしたいディスクを決める(普通はDisk 0)

DISKPART>select disk n [Enter]
nはディスク番号を入力する。通常は0だ。
"Disk n is now the selected disk."と表示される。

DISKPART>list disk [Enter]
選択したディスクに'*'が付いているのを確認。

DISKPART>clean [Enter]
"DiskPart succeeded in cleaning the disk"と表示される。

DISKPART>create partition primary [Enter]
"DiskPart succeeded in creating the specified partition"と表示される。

DISKPART>format fs=ntfs quick [Enter]
※'='という文字が入力できないことがある。キーボード右上の[へ]を押せば'='が入力できる。
"100 percent completed"
"DiskPart successfully formatted the volume."と表示される。

DISKPART>exit [Enter]
"Leaving Diskpart..."と表示される。

X:windows\system32>exit [Enter]

コマンドプロンプトを終了し、再びWindowsの画面に戻る。
オプションの選択→トラブルシューティング→
ドライブから回復する→ファイルの削除のみ行う→[回復]
このPCを回復しています(xx%)と表示され、Windowsのインストール開始。

※TPM搭載PCでは、"configuration change was..."と表示されることがある。
 その場合は[Esc]でスキップすればいい。

順調に行けば、ここからはWindows10の支配下だ。
"Hi there"と表示され、もう一度、言語を選択する画面が表示され、ユーザなんかを登録すればおしまい。

▽あとでキャプ画

ライセンス認証済みになっているが、一度もプロダクトIDは入力していないのが気がかり。

※同じPCで追試してもムダらしいので、もう2-3台、条件を変えて追試したいと思っている。

2017年12月18日 (月)

レンコンの山

隣の畑の方がレンコン掘りに出かけて、その帰りに立ち寄ってくれた。
コンテナをひっくり返して「全部、処分しといてくれ」とのこと。
レンコンは大好きだから、とても助かる。

Renkonwash

レンコンは湿った砂の中で保存すると長持ちするが、傷が付いてしまったものは洗って水に沈めて保存するといい。
水は毎日換えたいが、気温が低ければあまり気にしなくても大丈夫。
大きいレンコンは正月のおせちに使おう。

折れたレンコンは早く食べないといけないので、この日はナスとレンコンのパスタを作った。

2017年12月17日 (日)

DELLにWin10

ヤフオクで落札したDELL OptiPlex7010/SFFが届いた。CPUはCore i3-3220、落札価格は1万円ほどである。
このOptiPlex7010/SFFには、Windows7のCOAシールが貼られている。

HPやDELLなんかのメーカー製PCには、COAシールが張られていて、そこに記載されたプロダクトIDで、Windows10がインストールできるらしい。
つまり、Windows7がインストールされた中古PCであれば、Windows10がタダってことになる。実際にWindows10をインストールして実験してみよう。

Windows10のインストールに数時間、それからアプデに数時間かかって、トータルで12時間もかかったが、インストールには成功した。
一度もプロダクトIDを入力しなかったが、ライセンス認証済みになっている。

▽あとでキャプ画

一応、インストールには成功したのだが、プロダクトIDを入力していないというのが引っかかる。こちらはWindows7のプロダクトIDでインストールしたいのだ。
Windows10でライセンス認証を受けたPCでは、HDDを交換してWindows10を再インストールしても、プロダクトIDを要求されることはないらしい。
このPCにはWindows7がインストールされていたが、元のユーザが一度、Windows10にアップデートした可能性もある。

もう少し実験したいが、同じPCでは追試ができない。もう2-3台落札してみるか。

2017年12月16日 (土)

スマホをかった

今年の10月、私のスマホはこんな姿になってしまった。このスマホは、バグも多かったが、作りもイマイチだった。

Smaphoopen

そんなわけで、すぐに新しいスマホを買った。1年と2か月で勝手に分離したのに自腹で直すのは納得がいかないが、しかたがない。
にもかかわらず、新しいスマホをかってしまったのである。
漢字で書こう。刈ってしまったのである。

▽あとで写真

サイドに大きな傷が入ったが、液晶画面が割れるという最悪の事態は避けられたようだ。
大きく凹んだのは私の心くらい。
どうやら私は、新しいスマホが手に入る度に余計なモノを刈ってしまうようだ。
まあ自分の指を刈るよりマシだけど。

2017年12月15日 (金)

OptiPlex落札

次世代PCの機種は決めたが、とりあえず何台か取り寄せてみるか。ヤフオクで中古PCを探した。
目標はDELL OptiPlex7020/SFFあたり。CPUはi5ということにした。

オリックスのリース切れ商品で値段の目安を調べておくといい。
それによると相場は32,000円(税込)、ヤフオクよりも信用できるショップでこの値段だから、ヤフオクではこれより安く買うというのが目標になる。

DELL OptiPlex9010/SFF, OptiPlex7020/SFFを3万円以下で落札した。
中古PCは2-3月に在庫が増える。年度末だし、教育関係だと春休み。教室で使われていたPCは、タバコ臭いこともないし、稼働時間も短い。
家じゅうのPCを置換するのは、それからでいい。

できれば格調高い…じゃなかった、拡張性の高い大型のMTタイプが欲しいのだが、SFFタイプより5千円ほど高くなる。

2017年12月14日 (木)

あまのじゃく担当

チケットを拾った。某専門学校の学園祭のチケットらしい。机の上に落ちていた。

HAL(正確に言うとモード学園)の学園祭のチケットだ。
ここの学園祭には毎年、ゲストを呼んでライブがある。今年のゲストは、BiSHがやって来るらしい。
誰だよBiSHって、アイドルとか詳しくないからぜんぜん知らない。

HALのCMは何十年も「就職ならHAL」でおなじみなんだが、このモモコグミカンパニーのコールがまるでHALにケンカを売っているようだ。

それにしても、Babyナントカとか、Littleナントカではなく、BiSHなのか…。avexなのによく呼べたな。

ライブは午前と午後の2回、大阪も東京も行くというなら6回もある。
机の下とかに大阪と書いたチケット落ちてないかな…。

2017年12月13日 (水)

麗光殿

先日置いた鉢棚だが、レジーが2段目の棚に前足をかけて立っていたという報告があった。
これはまずいな。2段目にはサボテンでも置いておくか。

▽あとで写真

この白くてモコモコしたサボテンは麗光殿。
遠目には白くてもこもこしてかわいいいのだ、そのもこもこの中に、カギ爪付きのトゲを持っている。
ちょっと服の袖がひっかかっただけで、株ごと抜けてくる。
ところで、麗光殿で検索すると、大きくてキレイな花のサボテンがヒットするのだが、うちの麗光殿は花も小さくて地味だ。

ウズ丸が18才の誕生日に誰かからもらってきたから育てているが、もらわれてきた家が家だけに、枯れる気配もなくどんどん巨大化している。
できれば今度は、大統領とか春雨とか和光丸とか、テロカクタス属のサボテンをもらってきて欲しい。

2017年12月12日 (火)

次世代PC

私が使っているPCは数台。メインの自作PCはi5-2400。
サブとなるPCとして、Inspiron545が色違いで数台。Core2Duo-E8500あたりが載っている。
速度的な不満はないのだが、この世代はUSB3.0が使えないので、大きなファイルをやりとりするのに時間がかかる。
たまに電源から異音がすることもあり、そろそろ買い換えを検討している。
自作する元気はないが、修理するくらいならできる。市販の中古PCで十分だ。

性能ならHPやFUJITSU、値段ならDELL。
前回は色が豊富なDELL Inspironだったが、現在は地味な機種しか残っていない。
デザインでDELL OptiPlexを調査することにした。
数年前のOptiplexには、9020/7020/3020の3系統があり、CPUには第4世代のCorei7/5/3が搭載されている。
上位機種となる9020は高速なCPUとチップセット、さらにビデオカードも搭載されており、今でも十分に通用する性能を持っている。7020、3020と数字が小さくなるにつれて、低速なCPUが多くなる。

ケースは共通となっていて、大小3種類から選択できたが、上位機種ほど拡張性の高いMT(mini-tower)が多く、下位機種ほど小型のSFF(small form-factor)が多いようだ。

中古市場では、拡張性の高いMTタイプは高価だが、SFFタイプは安い。
メインボードはほとんど共通(※1)だし、同じCPUなら9020より7020の方が安くて助かる。
また第3世代のCPUを搭載した9010/7010/3010シリーズも悪くない。

というあたりに落ち着いた。
タイトルの次世代PCというのは、我が家の次世代という意味である。世間やIntelから見れば4世代も前のPCである。

※1. チップセットが微妙に異なるが、仕事に使う分にはほとんど性能差はない。

2017年12月11日 (月)

謎肉の解体

うちの冷蔵庫に入っていた肉を解体することにした。
いまだにどこから届いた肉なのかわからないのだけど、田舎はそんなこと気にしない。
見たところ、イノシシのモモ肉らしい。きれいな皮下脂肪でくるまれている。

Inonikucut0

骨もないので、脂身をはがして、肉とスジを分離すれば完了。

スジは加熱すると固くなるから、丁寧に取り除いてから食べるという考えは改めた。今はその逆、スジ以外の柔らかい部分を(ステーキ肉として)取り除くつもりで作業している。
残ったスジにはたくさんの肉が残っているが、適当な大きさに切って圧力鍋でゆで、ドテ煮にして食べる。どうせ食べるなら、丁寧に分ける必要もない。

Inonikucut2

肉は水分を吸いとるクッキングシートにくるんで、冷蔵庫に入れておくとうまくなる。
焼いて食べる肉は、必ずこの処理を入れるようにしている。

2017年12月10日 (日)

祖母vs孫

祖母というのは私の母、孫というのはツノ姉のことである。

県の環境ナントカで、どこかのNPO団体を表彰しようという計画があるらしい。まずは各市町村で一つ代表を決め、それから県1位を決める。
地区によっては団体が一つしか存在しないため、そういった団体は自動的に県大会に進む。四日市市にはいくつもの団体があるため、地区予選のようなものがある。

先日、その地区予選が行なわれたのだが、それに祖母が所属する団体と、孫が所属する団体が共にエントリーしていたらしい。
結局、祖母が所属する団体が1位となり県大会へ進むことになった。
この大会には、知人が所属する団体もエントリーしていたようだ。世間は狭い。

2017年12月 9日 (土)

ニラにトンネル

今年はニラの畝にビニールトンネルをかけてみた。
ニラは寒くなると成長が止まるが、霜が降りるまでは枯れない。だからビニールトンネルを張るだけで延命できる。

Niradec2018

我が家では、ニラを炒飯、餃子、キムチ鍋に使う。
このキムチ鍋には白菜とニラを使うのだが、冬と夏の野菜を一緒に鍋にするのは難しい。
今年は白菜を11月から収穫し、トンネル栽培でニラを12月まで収穫している。

今年わかったことだが、トンネル栽培は湿気がこもりやすく、サビ病が出やすい。大き目のトンネルにするか、換気を工夫しないといけないようだ。

2017年12月 8日 (金)

バカ犬対策

冬至が近づいているから太陽が低い。廊下日が差し込んでいる。
その日光を求めて多肉植物の鉢を置いたら、すぐにレジーが寄って来て植木鉢に顔を突っ込んだ。
これは危険だ。レジーが届かないよう鉢棚を置くことにした。

Plantshelf

JAで定期預金をすると地元産のシクラメンがもらえる。それらを棚の下段に並べて重石代わりににしている。
多肉植物やチランジアはレジーが届かない上の段。

せっかくもらったシクラメンなのに、どこかに飾るわけでもなく、いかに元気に育てるかだけを考えている。来客に花が見えるかどうかなんて気にしない。

2017年12月 7日 (木)

筆まめ24でDVDを殺す

年賀状のために筆まめ24をインストールした。2017年の最新版は筆まめ28だから、4年前のソフトということになる。
筆まめ本体のインストールは10分ほどだが、イラストデータをインストールすると2時間かかる。
イラストデータは個々のファイルとしてDVDに格納されていて、それを一つずつコピーするので時間がかかるようだ。ファイル一つ一つをいちいちDVDから読むので、DVDドライブの耐久テストに見える。
アーカイブされたファイルを展開すれば高速にインストールできるはずなのに。

最新の筆まめ28では改善されているのかもしれないが。

2017年12月 6日 (水)

大根もらった

隣の畑の方に大根をたくさんもらったので、今日の夕食はおでんになるらしい。
大根をもらうって、どういうことだ。うちの畑にも大根はあるはずだが。
たしか9月頃にこんな会話をした。

母「大根(のタネを)まいたでな」
私「じゃあ、俺は1-2月用の大根まいとくわ」

母に事情を聞いたところ「台風のせいでデキが悪い」とのこと。
なるほど。台風ならしかたがない。あなたの畑は台風が通ったが、隣の畑は台風の進路からちょっとズレていて被害がなかったのだろう。

ちなみに私が育てている大根は普通に育っている。まだ小さいから食べられるのは来年の1月である。
きっと近所の人たちには、デキが悪い大根だと思われているはずだ。

2017年12月 5日 (火)

伊勢ギーク2017メモ

伊勢ギーク2017の感想というか、他の展示のメモ。

Tsukaさん...ビスマスで鋳物を作っていた。ビスマスの結晶はカッコいいので、小型の多肉植物と一緒に植え込むとカッコよさげ。金属で汚染されないかとか考えて今度買おう。

Shoさん...昔のパソコンSHARP X1シリーズの1/3模型が展示されていた。中身はCPLDやRaspberryPiで、ちゃんとディスプレイ付き。そこで動いていたゲームが、かつて自分がX1に移植したゲームだったりして感動した。

VectorProjectさん...テオ・ヤンセンのアレ。うちの会社のCMで使ったことがある。

HAL900さん...射出成型で何かを作る的な装置。今日うちで使っていたケーブルは、ここのケーブルである。NT京都で説明を聞いたので回らなかったけど。

Netwalker実験所さん...今回のお隣さんでした。いろんなプラットホームでLinuxを動かすというネタでした。ここでも上海のデモがあったので、上海が並んでいたことになる。話をする時間がなかったけど、説明はすべて隣で聞かせてもらった。

ロボ系のみなさん...ロボット音楽隊がクリスマスムードを盛り上げる音楽を演奏しており、これが会場のBGMとなってお祭り感が出ていた。

皇学館大学さん...Arduino用の拡張リレーボードを使ったアトラクション…でいいのかな。ギークに合わせてか、子供たちが楽しそうに遊んでいた。私の本業に近い。

Isegeek2017

他のイベントと連動してやっているので、NicoTECHよりも一般客が多い。他の展示もあるから、これ以上人が増えればギーク以外の展示に流れたと思う。

2017年12月 4日 (月)

格安ガーデンライト

近所の家電屋でガーデンライトを買って来た。お値段は三つでなんと540円(税別)。

Gardenlight

ガーデンライトは、ソーラーパネルにLEDとニッケル水素充電池、昇圧ICでLEDを点灯というのが一般的。
充電や昇圧はたった一つのICで実現できるが、それにしても安い。さっそく分解して中身を確認してみよう。

Gardenlightzoom

小さ目のニッケル水素充電池を基板に直付けしてコストダウンを図っているようだ。
ニッケル水素充電池を交換可能な単4電池にしている商品も多いが、実際使ってみると、電池よりも先にサビで寿命が来てしまうから、こういうのもアリだと思う。
内蔵のニッケル水素充電池を観察すると、容量(とは書いてないが)60mAhとなっている。箱にはフル充電で6時間点灯とあるが、60mAhでそれはちょっと疑わしい。

ちなみに単4型のニッケル水素充電池のeneloopは750mAh、廉価版のeneloop liteは550mAhである。

2017年12月 3日 (日)

伊勢ギーク2017

朝から伊勢へ遠征。現地特派員(ツノ姉)からの情報によると、今日は伊勢市でマラソン大会が開催される。
それを避けるために朝06:00に四日市を出た。まだ暗いうちに出たおかげで、09:00までには現地に到着できた。
会場入りして場所の確認。割り当てられた場所は会場の隅。前後を広く使えて理想的だ。
持参した電源タップを伸ばして電源を確保。テーブル筐体を配置して、長机にブレボを並べて準備完了。
設置が終わったら、嫁はどこかに行ってしまった(笑)。
ほとんどの回路は特にトラブルなく最後まで動作した。
会場の様子などはこちらでどうぞ。

運営の方々、お疲れ様でした。来年もまた新ネタで参戦したいと思っています。ありがとうございました。

2017年12月 2日 (土)

ギークの準備

伊勢ギークに持っていく物を嫁の車に積み込んだ。今後のためにリストにしておく。

▽展示物 No.1
テーブル筐体、八万キー×4、ゲーセンイス×2、SEGAコイン、コイン入れ

▽展示物 No.2
ArduinoでFM音源、スピーカ、ArduinoでXEVIOUS、Arduinoでカキフライ
ミニUSBケーブル×2、モバイルバッテリ×2、単3電池BOX、

▽展示物共通
展示資料、資料立て、展示ポスター、両面テープ、ハサミ、箱ティシュー、ゴミ袋、電源タップ×3本

▽時間つぶし
ブレボ、ArduinoNano、ワイヤストリッパ、配線、R500

2017年12月 1日 (金)

畑ログ(2017年12月)

x. イチジク(ビオレソリエス)│ジャガイモ(ニシユタカ)
f. スイセン+イチョウ+スイセン(ヒモ=旧ラッパ、南30cmにCamelot)
e. 空き──空き│ネギ(九条太)
d. サトイモ(伊予美人)│大根(白秋)
c. 空き──空き│Rubus(Natchez)│ラッキョウ
b. ホウレンソウ(アトラス│リード)│シュンギク(さとゆたか)│ニラ│空き
a. 空き──空き│白菜(富風)
9. ネギ(坊主不知)│ウコギ│白菜(富風)
8. イチゴ│空き──空き
7. ネギ(さつき姫)│ブロッコリー(緑積)
6. フキ(IK2)│ネギ(九条太)│ニラ←トンネル栽培
5. Rubus幼苗(Natchez)│イボタノキ│空き│ニラ│アマドコロ
4. Rubus(Natchez)│クリ│ピスタチオ│空き
3. Rubus幼苗(Natchez)│オニユリ│イチゴ│空き
2. BB×5(FFFFF)│空き│BB×5(CDCDC)
1. フキ(愛知早生)│マルメロ(かおり)│BB×20?+FloridaRose
0. Rubus(Navaho)│花菖蒲│ニラ│アヤメ

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

最近のトラックバック