« よんてつ二日目 | トップページ | 落ち穂拾い »

2017年9月10日 (日)

秋ジャガ定植

湿地畑に秋ジャガ(品種=ニシユタカ)を定植した。種芋は1.0kgで14個。
ジャガイモは茎の本数が2-3本になるように間引きして育てることが多いが、芽が出ている芋なら、植える前に芽かきをしておくと少し楽だ。

イチジク(品種=バナーネ)の苗木を移植した。

当地では8月には稲刈りが始まっていて、ほとんどの田んぼの稲刈りが終わっている。
だが湿地畑の隣の田んぼは、なかなか稲刈りをしてくれない。早く刈ってくれないとイナゴが捕れないんだが。
とぼやいていたら、夕方、ようやく稲刈りを始めた。
稲刈りをすると、田んぼにいたイナゴが居場所をなくして、湿地畑にやって来る。
私はそれを捕まえて佃煮を作ろうというわけだ。

« よんてつ二日目 | トップページ | 落ち穂拾い »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋ジャガ定植:

« よんてつ二日目 | トップページ | 落ち穂拾い »