« 動く(予想通り) | トップページ | 雑種ネギ »

2017年5月26日 (金)

キャンディーランタン

昨年、栽培したキャンディーランタンはなかなかうまかった。今年も育てることにした。
食用ホオズキの栽培方法に関しては、大和農園のキャンディーランタンのページが詳しい。
要約すると、こんな感じだ。

  • 早期落果→ホウ素不足
  • でべそとか不細工→カルシウム不足
  • 裂果→乾燥からの過湿

株が小さいうちは実をならせないとか、主枝が2-3本となるように剪定するとか。
昨年はキャンディーランタンを1株だけを育てていたのだが、いびつな果実に悩まされた。
一株しか育てていなかったので、そういう個体だと思っていたが、どうやらカルシウム不足だったらしい。トマトでいう尻腐れ(※1)である。
痛風と同じで、どうして気付かなかったのか不思議なくらいだ。

トマトのカルシウム不足には、肥料にカルシウムを添加したり、カルシウム剤をかけるのが一般的だが、じつはあまり効果的ではないそうだ。
葉から果実に移動するカルシウムは少ないため、果実に直接かける方が効果的らしい。
あと、カルシウム剤はマイナーだが、市販の尻腐れ防止用の薬剤を見ると、ただの炭酸カルシウムのようである。
ということは、坂道に置いてある融雪剤をまけばいいのか。開封して雨ざらしになっているようなものがあれば利用するといい。
当地にはないが、寒冷地では凍結防止剤と称して、塩化ナトリウムが置いてあるので間違えないように。

※1. カルシウム不足によって、トマトの果実の下部が割れたようになる症状。病気ではないので、尻腐れ病という言い方は正しくない。

« 動く(予想通り) | トップページ | 雑種ネギ »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/70777386

この記事へのトラックバック一覧です: キャンディーランタン:

« 動く(予想通り) | トップページ | 雑種ネギ »

最近のトラックバック