« 泥エミュ専用機 | トップページ | トイレ工事 »

2017年4月22日 (土)

カンキツガチャ

三重県北部は暖地ではない。ミカンの栽培がなんとかできる程度の気候である。
キャバクラ畑には、文旦やメイポメロ、グレープフルーツなどが植えてあるが、これらは正月までに収穫し、春まで貯蔵してから食べる。
そうすることで木の負担が減り、より寒さに耐えられる。
だが今年は、父が品種を区別せずに保管していたため、品種がまったくわからなくなっている。

Citrus7

市販の文旦とグレープフルーツは、誰でも区別できる。グレープフルーツにはワックスや防カビ剤がかかっているからだ。
だがそういった処理がないカンキツ類は、貯蔵すると光沢がなくなって区別が付きにくくなる。
甘くておいしい文旦やメイポメロは当たり。酸っぱくて苦みのあるグレープフルーツがハズレ枠である。
判別が容易なものから食べていくので、4月も終わりに近づくとより難易度が上がる。
今日は判別をあきらめて、手当たり次第に皮をむいてみた。

Citruspeel

小鉢が文旦、鍋はグレープフルーツである。
グレープフルーツは酸味が強いので、砂糖を加えてコンポートにして食べる。

« 泥エミュ専用機 | トップページ | トイレ工事 »

園芸」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/70498401

この記事へのトラックバック一覧です: カンキツガチャ:

« 泥エミュ専用機 | トップページ | トイレ工事 »

最近のトラックバック