« キャラゴボウ | トップページ | オクラ定植 »

2016年7月 9日 (土)

ベニバナボロギク

最近、知ったのだが、春菊をみそ汁に入れるとうまい。
一袋買うと、ほんの少し入れるだけで、苦味がいい味を出してくれる。一週間は使えるから安いものだ。
そういえば、同じキク科だとレタスなんかもみそ汁に入れると意外にうまい。

それでふと思いついて、畑に生えているベニバナボロギクを入れてみた。
ベニバナボロギクは、山菜としてもネットで評価が高いし、異国では野菜として利用されているらしい。
畑に雑草として生えていたのを抜かずに放置している。

Benibanaborogiku

たしかにうまそうだ。
柔らかそうな部分を摘み取って、みそ汁に入れてみた。おお、いい感じじゃないか。
さっそく味見を…ぐは、苦い。葉っぱを捨てて、汁だけ飲んでみたが、汁もなんだか苦くなっている。
ネットではおいしいと書いてあったんだが、いくらなんでも苦すぎる。ゆでこぼして使えばよかったのかな。

« キャラゴボウ | トップページ | オクラ定植 »

自然」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
いつもは読む専門のyonoといいます。

唐突ですが、
若い春菊はサラダにしてもおいしいですよ。
個人的にはアボカドとの相性は抜群です。

はじめまして。コメントありがとうございます。

あの春菊をサラダで食べるのですか。かなり苦そうですね。
ゴーヤのように炒めてからでないとうちは無理かも…。

ところで、アボカドにはとても大きなタネが入っています。
アボカドを食べると、どうしてもタネをまかねばならないというプレッシャーを感じます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/24707/66456482

この記事へのトラックバック一覧です: ベニバナボロギク:

« キャラゴボウ | トップページ | オクラ定植 »

最近のトラックバック