« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月31日 (日)

狩猟免許の試験

狩猟免許の試験のため、津市まで出かけた。
自動車で行くつもりだったが、今日は鈴鹿の8耐があるので、渋滞を予想して電車で出かけた。近鉄電車に乗るのは何年ぶりだろう。

まずは午前の筆記試験。受験番号を見ただけで、合格しそうな気がしてきた。

Hunterlicense

早々に試験を終え、退出可能時間に試験会場を出た。
罠猟なのに、狩猟鳥が一日何羽捕れるかが出題されていた。どうしてこんな問題が必要なのか。この1問を間違えただけで、あとはすべて正解…のはず。
筆記試験はすぐに採点され、合格すれば午後からの実技試験に進める。
結果発表まで3時間以上かかるので、県庁でポケモンGO。日陰沿いにボケストップを巡りつつ、ポケモンを狩り続けた。
無事に筆記試験は合格した。

続いて罠の設置試験である。
使用禁止の罠を除去し、罠を一つ設置すればいい。私は、くくり罠を使いたかったのだが、はねると危険だから袋から出すなと言われた。
ということは、どこかに問題があって使用禁止の罠だったのか。私は深く考えずに、使用できる方に置いてしまった。
とりあえず箱罠かイタチの筒罠を仕掛けるしかない。
動画でイメトレした箱罠を選択し、適当に設置した。まあ、たぶん大丈夫だろう。

最後は動物の判別試験だ。動物の名前自体はほとんど知っているから、狩猟の可否だけを覚えてある。
制限時間内に答えねばならないが、それなりに練習してきた。
見たことがない写真が出てきたが、見ればヌートリアとわかる。全問、即答で正解だった。

一応、合格したと思っている。

2016年7月30日 (土)

ナマ丼

今日は土用の丑の日。我が家では絶滅危惧種のウナギは食べないことになっている。朝からイオンに出かけて、ナマズの蒲焼きを買って来た。

Namazukabayaki

ウナギは養殖されていると勘違いしている人が多いようだが、流通している養殖ウナギは、天然ウナギを乱獲して大きく育てたものである。
養殖ウナギを食べることは、天然ウナギを食べることと変わらない。

今回手に入れたナマズは、ウナギ味のナマズとして有名な近大ナマズである。
この日のために漬けておいた奈良漬けも切っていざ実食。

ただのうまいナマズであった。山椒が添えられていたが、ウナギ風味のナマズでもないし、オリーブオイルもかけてある。
蒲焼きというだけで、ウナギには似ていない。
奈良漬けとの相性も悪くはないのだが、奈良漬けは、もっとウナギに似たものと一緒に食べたい。

2016年7月29日 (金)

隣のフェンス

畑に隣接するお宅が、フェンスを新しく作り直した。
フェンスの土台はコンクリート、ずいぶん高くなって、日光がよく反射する。ここに作物を植えれば霜が降りるまで夏野菜を収穫できそうだ。
イチゴだったら、早く収穫できるに違いない。

手始めにキャンディランタンの苗を3本植え付けた。植え付けが遅れても、晩秋まで収穫を続けられれば味見はできるだろう。
フェンスとは関係ないが、ストライプペポとか、キュウリ、ミニトマトなども植えた。

2016年7月28日 (木)

ハチの巣駆除

町内の人からアシナガバチの駆除を依頼された。ミツバチを飼っているから、あの人に頼めば大丈夫と思っているらしい。
セグロアシナガバチの巣が三つと、コガタスズメバチの初期の巣が一つ。
幼虫を食べるため、殺虫剤を使わずに駆除するつもりだったが、通行人が刺されそうな場所だったので食べるのは断念。

殺虫剤と捕虫網であっさりと駆除した。
アシナガバチの駆除には、スプレー式の殺虫剤を使うことが多いと思うが、ハチが薬剤の噴霧に逆らって飛んで来ることはほとんどない。心配なら両手に武器を持てばいいのだ。
両手に殺虫剤とか、殺虫剤と捕虫網とか、殺虫剤はバトミントンラケットとか。
薬剤がたっぷりかかったハチが人を襲うこともないので、外勤から戻ってくるハチをきちんと駆除すれば、挿されることはほとんどないと思う。
サンダルでハチを踏みつぶしていて刺されたことが一度あるだけだ。

駆除の代金は300円。ようするに殺虫剤1本分ということで。

2016年7月27日 (水)

インドアでポケGO

雨戸を閉めた部屋の床にスマホを置いてポケモンGOを起動すると、GPSの誤差で変な場所に飛ばされる。
飛ばされる場所には何通りかがあるが、大体決まっている。家の周りと同様、ポケモンはあまり出現しないのだが、運が良ければ近くにポケストップやジムがある。
ポケストップを回してアイテムをもらうことができるし、ジム戦だってできる。GPSの誤差で歩き回ってくれるから、たまごだって勝手に孵化してくれる。
畑仕事にスマホを持ち歩くことはできないが、充電しながら卵を孵化できるのは助かる。

2016年7月26日 (火)

スピーカ交換

スピーカの調子が悪かったので、新しいスピーカを購入した。小さくて軽くてカッコいい。
こんなのが送料込み1,000円とか、いい時代になったもんだ。

▽あとで写真

古いスピーカは、ケーブル部分が傷んでいてノイズが入る。配線の傷んでいる部分を探して切り落とし、ハンダ付けをやり直して短くしたら修理完了。
古いスピーカは汚れも目立つし、見栄えが悪いが、大きい分、いい音が出る。テーブル筐体の中に組み込んで再利用することにした。

2016年7月25日 (月)

ポケモンインストラクター

ウズ丸は、新しいiPhoneを手に入れて寮に帰った。
ポケモンGOのインストラクターを失った私は、ゲームのルールがよくわからない。そもそもウズ丸が遊んでいたわけで…。

ちょうどそこにツノ丸が帰ってきた。
ツノ丸は、ここ数日、下宿から家に帰って来なかった。久しぶりに帰宅したと思ったら、テスト前だというのに、すでにレベル15くらいになっている。
ツノ丸は、彼女の下宿を拠点に、連日、鶴舞公園に繰り出していたらしい。まったくお前はテスト前に何をやっているのだ。

私のポケモンGOのTL(トレーナーレベル)は、ツノ丸の的確な助言と、大人の課金で一気に上がった。

2016年7月24日 (日)

今日もスマホ買い替え

テスト前だというのにウズ丸が帰省している。スマホを壊してしまい、新しく買い替えるためだ。

Iphonejunk

ウズ丸は未成年なので、スマホの名義は私になっている。
ウズ丸は、AppleCareに加入しているが、すでに二度、再起不能にしているので、修理という選択肢はない。

そんなわけでウズ丸のスマホを買いに出かけた。
iPhoneの在庫はたった一つしかなかった。
だが彼には、一刻も早くスマホを買わねばならない事情があるらしく、機種も容量も色さえも選ぶことなく買っていた。

…きっと女だな。

2016年7月23日 (土)

イオンでナマズ

イオンでは、7月23日、30日限定で合計7000食の近大ナマズを販売するそうだ。
夕方、買いに行ったが、ちょうど売り切れたところだった。
次回の入荷は30日、土用の丑の日である。今度は早目に買いに行こう。

今年二つ目のスイカを収穫した。

Suikacourtreg

重さはちょうど10.0kgだった。
大きなスイカは冷蔵庫にも入らないし、食べるのも面倒だ。
来年からは小玉スイカにしようと思っている。

2016年7月22日 (金)

スマホ買い替えた

スマホのバッテリーの持ちが悪くなってきたし、スマホ使用中の発熱もひどい。
修理するためにdocomoショップに出かけたのだが、バッテリーの交換は修理扱いで、自分ではできないらしい。
そして買い換えた方が月々の支払いが安くなるとのこと。だったら新しいスマホを買った方がいい。
そんなわけで、新しいスマホを買うことにした。

夜、ウズ丸が帰省してきた。iPhoneを落として壊してしまったため、新しいスマホを買う必要があったからだ。
ウズ丸は、私のスマホにポケモンGOをインストールし、ポケコイン5200枚をチャージしてくれたりと、ポケモンインストラクターとして活躍している。

2016年7月20日 (水)

猟師さんキター

私が狩猟免許の講習会を受けられないと聞いて、近所の猟師さんが、参考書2冊を持って来てくれた。
自宅に招いてくれ、出題される罠についてひと通り見せてくれた。
ただ出題される罠そのものは持っていないとのこと。

その罠については、Youtubeの動画で覚えることにした。


スマホで動画を見せたところ、三重県ではこの箱罠が出題されるらしい。真ん中の留め金をどう固定するのかよくわからないが、まあ、なんとかなるだろう。

2016年7月19日 (火)

ホームゲームは花ひろば

今日は朝から晩までよく働いたが、守秘義務とやらがあるので昨日の続きを書くことにする。
「ホームゲームの隣は花ひろば」である。
なんとヴィアティン三重のホームゲームは、花ひろばのすぐ隣でやっているのだ。

うまい具合に、嫁が気に入っている多肉植物があるという。花ひろばの多肉植物を前にして、それが何という品種なのか聞いてみることにした。
品種に心当たりがあるし、近所のホムセンの方が調べやすいのだが、ただの口実なのでたいして重要ではない。

嫁に気に入った多肉植物を選んでもらったところ、平凡なハオとグラパラだった。
せっかく来たのでそれを買おうとしたが、嫁が言うには形がイマイチらしい。
私としては、ショボイ株を買って立派にするのが当たり前なのだが、嫁にはそういう感覚がないようだ。
私も特に目ぼしい物はない…というか、嫁がいない時に買うことにして、手ぶらで店を出た。

すると向かい側にブルーベリー狩りと書かれた看板が立っている。せっかく来たのだからと、これまた隣の多度いちごファームにも寄った。
残念ながら、今年は不作でやっていないとのこと。
帰ろうとしたら、どこかで見たことがある外人さんがやって来た。ヴィアティンのドゥグラス選手じゃん。ここでBBQをやるらしい。


2016年7月18日 (月)

ホームゲームはお祭りだ

今日は地元サッカーチーム、ヴィアティン三重の試合がある。嫁の運転で出かけることにした。
チームポスターには「ホームゲームはお祭りだ」と書かれていて、屋台も出ているし、地下アイドルのショーがあったりと、なかなか楽しめる。
ちなみに入場料無料である。


芝生の好きなところに座って観戦できる。
私が座っているすぐ後ろ、ほんの数メートルのところにビールも唐揚げも焼きそばも売っている。
とりあえずビールと食べ物を調達せねば。
桑名産モチ小麦使用と書かれた唐揚げが売っていたので、まずはそれにしよう。
そんな理由で唐揚げを買いに来る客は、たぶん私一人だろう。
桑名産モチ小麦は小麦粉の80%使用とのこと。モチ小麦は爆発しやすいので、唐揚げ向きではないような気がする。
唐揚げには片栗粉も入っているから、もっと使用率は低いはずだが。
他にポテトやクレープなどを買い込んで、いざキックオフ。

しばらくすると、目の前にアイドルが並んでいた。何この恵まれた状況。
みんな、どうして試合を見に行かないのか。

Flagdouble

地下アイドルは、地元の煌めき☆アンフォレントと、まりえ(35)さん。
煌めき☆アンフォレントは、集合写真は普通だが、斜視っ子率が異様に高いので単体写メだとやられると思う。
ピンと来ない人は「斜視 かわいい」でくぐろう。
まりえ(35)さんは、どこが(35)なのかわからないほどキレイ。たぶん何か怪しい薬飲んでいる。

試合は3-0で地元チームの勝利。今日は、加倉広「海の日」だったらしく、2ゴールでMOMだった。
試合後にドゥグラス選手が配っていた井村屋あずきバーをもらった。井村屋さんありがとー。


2016年7月17日 (日)

ブルーベリーに網

今までずっとブルーベリーは鳥さんのごはんになっていたが、夏休みになると、ブルーベリー摘みをしたい人も来るだろう。
そろそろ網を張るとしよう。ツノ丸と一緒に網をかけた。

現在、畑での主力品種は、
Baldwin, Delite, Fukuberry, Gloria, Nobilis, Ochlockonee, Powderblue, Tifblue, Yadkin
BaldwinとTifblueはたった1本しか植えていないが、2m級なのでカウント。
いずれもラビットアイ系品種である。

日焼けして色が抜けたようなボロボロの網をほんの少し張っただけ。
たったこれだけで鳥はぜんぜん来ない。

2016年7月16日 (土)

ミョウガ収穫

ミョウガを収穫した。毎年、ボウル単位で収穫するのに、今日は食べる分だけ、たったの二つ。
今年は主力だった下野早生が植替え中で、収穫が期待できない。下野早生が育つまでの間、陣田早生という品種を食べている。
いずれも夏ミョウガと呼ばれる早生品種で、この時期からだらだらと収穫できるので、素麺や揚げびたしの薬味として重宝する。
今年は毎年漬けていたミョウガの酢漬けもお休みである。

夏ミョウガが終わったら、秋ミョウガとしてこの品種を食べるつもりだ。

Myogavariegata

ミョウガは花のつぼみなので、食べれば食べるほど株そのものはよく育つ。

2016年7月15日 (金)

メギツネ

BABYMETALのメギツネ、バンドスコアが発売されたらしい。

これを自作回路で演奏したらカッコいい。作るかどうかは別にして一応買っておこう。

2016年7月14日 (木)

パンプキンシード

そろそろパンプキンシードを消費しなくては。虫がついてしまう。
虫がつくからと日光に当てる人がいるが、冷凍庫の方が確実に殺せると思う。

Pumpkinseed

パンプキンシードはどうやって食べるのがうまいのだろう。
まずはフライパンで炒ってみたが、ヒマワリのタネを食べているような無難な味である。
炒るとわかるがよくはぜる。軽くフタをして炒らないと、飛び散って困る。
揚げるのはとても危険だということがわかる。

最近のお気に入りは、油で炒めてから、味塩コショウ。チキンを焼いた後なんかだと特にうまい。

Pumpkinseedfried

まあ、体に悪いほどうまいってゆーアレだな。
チキンの油を吸ったコイツを炒め物に入れると、独特の風味が加わってうまい。

2016年7月13日 (水)

秋月のヒガンバナ

月に一度は秋月電子通商で、電子部品を買っているのだが、新商品コーナーに、こんな物が並んでいた。

トップ→雑貨→植物→球根→球根(彼岸花・特大)

…どこからどう見てもヒガンバナの球根である。
てゆーか、球根というカテゴリは理解できるのだが、その先にあるのが、球根(彼岸花・特大)というカテゴリである。
そして通販コードがこちら。

球根(彼岸花・特大)
通販コード K-10846
発売日 2016/07/12
彼岸花(リコリス)の球根です、赤い花が咲きます。
■大きさの違いについて
・特大:植えたらほぼその年に花が咲きます。
・大:植えたらその年半数程度花が咲きます。
・中:翌年花が咲きます。

こんな説明もある。

※国内産(長崎県)
※植物ですので大きさや色味はバラツキがあります。写真は参考見本です。
※特大と大は大きさが近いので複数ご注文の場合混ぜない様にしてください。

もはや、どこから突っ込んでいいのかわからない。

2016年7月12日 (火)

やきそば弁当発見

先日、わざわざ北海道から箱買いした焼きそば弁当だが、近所のスーパーにも並んでいた。
もう食べ切ったし、取り寄せよりは安いのでいくつか買っておこう。

Yakisobabento1

ちょい辛という味の商品もあったので食べてみたが、青のりをケチって、コショウが入っているという代物だった。そちらは残念な味をしていた。

2016年7月11日 (月)

鳥が来ない品種

うちのブルーベリー畑は、鳥のエサ場になっている。
そんな中、FloridaRose(RE)が熟していた。
FloridaRoseは、赤い実のブルーベリーで、いつまでたって実が青くならないので、鳥に無視されているようだ。
さっそく味見してみたが、意外にうまい。ただいつ収穫していいのかわからない。
話のタネに1本だけあればいいか。

来週くらいに、網をかけて網にかかったヒヨドリを食べる予定。

2016年7月10日 (日)

オクラ定植

ポリポットで窮屈そうにしていたオクラの苗を畑に植えた。
品種はピークファイブ。イボ果が少ないことと、低い位置から実がなる早生品種と書いてあった。
個人的にはトゲがない品種を植えたかったのだが、そんな品種は見つからなかった。

それにしても、植えるのがずいぶん遅れてしまった。ジャガイモや麦の後作とはいえ、遅すぎる。
オクラは野菜界のTUBEともいえる存在で、真夏の炎天下ですくすくと育ち、ちゃんと収穫できる。だがもっと早く植えれば、今頃、食卓はオクラ祭りだったのも事実。

続いてネギを定植。品種は九条太。そういえば、なんて読むんだろう。
「くじょうふと」か「くじょうぶと」かな。
太くて苦情っていうと、風俗のパネル詐欺しか思い浮かばない。
昔、そういう仕事をやっていたことがある。いや、風俗の仕事じゃなくて、風俗の写真を加工する仕事。

2016年7月 9日 (土)

ベニバナボロギク

最近、知ったのだが、春菊をみそ汁に入れるとうまい。
一袋買うと、ほんの少し入れるだけで、苦味がいい味を出してくれる。一週間は使えるから安いものだ。
そういえば、同じキク科だとレタスなんかもみそ汁に入れると意外にうまい。

それでふと思いついて、畑に生えているベニバナボロギクを入れてみた。
ベニバナボロギクは、山菜としてもネットで評価が高いし、異国では野菜として利用されているらしい。
畑に雑草として生えていたのを抜かずに放置している。

Benibanaborogiku

たしかにうまそうだ。
柔らかそうな部分を摘み取って、みそ汁に入れてみた。おお、いい感じじゃないか。
さっそく味見を…ぐは、苦い。葉っぱを捨てて、汁だけ飲んでみたが、汁もなんだか苦くなっている。
ネットではおいしいと書いてあったんだが、いくらなんでも苦すぎる。ゆでこぼして使えばよかったのかな。

2016年7月 8日 (金)

キャラゴボウ

私の帰りが遅い日は、嫁が夏野菜を収穫している。
その嫁が言うには、近くに植えてあるフキの葉が穴だらけとのこと。畑では愛知早生と、IK2を栽培しているが、夏野菜の近くではなかったはず。
案内してもらったら、ゴボウのことだった。まあ、似ていなくもない。

▽あとで写真

ところで、ゴボウの葉柄でキャラブキを作れたりしないのかな。どうせ捨てる部分だし、今度、やってみよう。

ところで、私が勝手にIK2と呼んでいるフキは、愛経2号が正しい呼び名である。
現在はこの品種も愛知早生という名で流通しているので、一般の人が区別するのは難しそうだ。
もちろん育てている私にも区別がつかない。

2016年7月 7日 (木)

スカイフィッシュ

かわいいので置いておきます。



2016年7月 6日 (水)

キュウリ第2弾

今年二度目のキュウリのタネをまいた。
一度植えたキュウリを長く収穫することはできるが、台風でズタズタにされることもあるし、大きく育ったツルはあまり美しくない。
下葉がはげ上がってきたら、新しい苗に更新する。
今年はキュウリで大量の漬物を作る予定だ。
かす漬けの古い粕が再利用できるし、大量のキュウリは置き漬けにして、冬まで食べようと考えている。

ここ数年、キュウリは四葉という品種を育てている。
四葉は、歯切れのよいうまい品種だが、病気に強くない。今年は病気に強いという近成四葉というF1品種を育てている。
来月は最後の1回、低温に強い地這いキュウリをまく予定だ。

2016年7月 5日 (火)

Workshop2016

半年に一度、電子回路を使ったワークショップを開講している。
今回のワークショップで使う回路は、かなり悩んだ末、こんな感じにした。

Workshop2016

以前、ArduinoでMAPPYというゲームを作っていたが、その時に使った回路を元にしている。
コントローラとして秋月のアナログジョイスティックAE-JY-DIP(KIT)を載せてみたが、これがなかなかいい。
AE-JY-DIPはわずか250円で買える。従来のパーツの1/3ほどで済む。

結線図はこんな感じ。AJOY1-6はモジュールを固定するためのもので配線はされていない。
----------------------------------------
AJOY07───GND
AJOY08───Arduino/A6
AJOY09───VCC
AJOY10───GND
AJOY11───Arduino/A7
AJOY12───VCC
----------------------------------------

ArduinoのA6-7ピンは、入力ピンとしてしか使えないから、AE-JY-DIPを接続するとムダがない。
アナログ入力だと処理が面倒なので、ディジタル入力を模した関数を作っておくといい。

//	----------------------------------------
//	analog JoyStick
//	下位4bit=上下左右
//	----------------------------------------
int ajoyGet() {
	int vol, ret = 0;
	vol = analogRead( A7 );
	if( vol>800 ) ret |= 0x08;	// up
	if( vol<200 ) ret |= 0x04;	// down
	vol = analogRead( A6 );
	if( vol<200 ) ret |= 0x02;	// left
	if( vol>800 ) ret |= 0x01;	// right
	return ret;
}

前回、MAPPYの開発は挫折してしまったが、背景との合成がないゲーム、あるいはスクロールしないゲームであれば問題なさそう。
さて、ワークショップでは何を作ろうかな。

2016年7月 4日 (月)

マムシ刈り

昨日も湿地畑の草刈りをした。うまい人が草を刈ると、刈り草の山が列状になっている。
私が草刈りをすると、列はぐだぐだ、渦巻き状になっている場所さえある。
マムシの逃げ場をなくしながら草を刈っているのだ。
普通に草を刈ると、マムシは奥へ奥へと逃げていく。結局、刈らなかったエリアに逃げてしまう。
奥の草を先に刈って、渦巻き状に刈ることで、マムシを中央に追い込むことができる。今日は3匹のマムシを退治した。

ところで、今日もレモン色のカエルを見かけた。昨日の個体よりひと回り小さい。
慎重に捕まえようとしたが、またも逃げられてしまった。
夕方、ツノ姉がそのカエルを再び発見し、二人がかりで捕まえた。

Froglemon

撮影後、水草プランターに放してやった。うちの庭で放し飼いするつもりだ。
名前はレモンちゃんである。
うちの庭には数年前から、トノ美ちゃんという名のトノサマガエルが棲みついている。きっと環境がいいのだろう。
ただ彼女が棲みついてからアマガエルが激減したような気がする。

2016年7月 3日 (日)

レモン色のカエル

湿地畑の草刈りをしていたら、水たまりに白いオタマジャクシがいた。

Lemonjakushi

毎年、この湿地畑のこの角でアルビノの小さなカエルを見かける。そのオタマジャクシなのだろう。
ただこの時期の水田には水がない。土用干しといって、水田の水を落としているのだ。
このままだと干上がってしまうが、そんなことは気にしない。
無視して草刈りを続けていたら、大きなカエルがはねた。黄緑よりもっと目立つレモン色である。
写真を撮るため捕まえようとしたが逃げられた。

オタマジャクシの親だと思っているのだが、こんなにきれいなカエルになるのか、それは一度見てみたいな。
作業を中断して家に戻り、ボウルを持って来て、オタマジャクシを捕まえた。
家にある水草プランターにオタマジャクシを放してやった。いつかレモン色のカエルになるのだろうか。

Lemonnimpha

水草はヒメコウホネだ。ヒメコウホネの水中葉はとても美しいのでお気に入り。
冬の間もずっと見られるから、底に土があるメダカ鉢にオススメ。

2016年7月 2日 (土)

刈り草マルチ

サトイモを植え付けてから三日間、雨の日が続いた。おかげで活着したようだ。
それからは毎日、暑い日が続いている。
昨年同様、サトイモの根元に刈り草を敷いてやった。
一株につき、収穫カゴいっぱいの刈り草を敷いてやると、草もなかなか生えないし、土もよくなる。
カタツムリやコオロギが増えるが、たいした問題ではない。

2016年7月 1日 (金)

再びダブルランタン

食用ホオズキとパンプキンシード用のカボチャのタネをまいた。
食用ホオズキは、キャンディランタンという品種だ。ずっと前にタネをまいたのだが、まいていたことを忘れていた。
ふと思い出して探したのだが、どうやらポットごと紛失したようだ。
うまく発芽せず、母が別のタネをまいたとか、そんな理由だろう。道楽なので呑気なものである。

パンプキンシードはストライプペポという品種だ。
パンプキンシードは油で炒めて、塩をふって食べるとうまいが、いろいろと手間がかかる。
栽培の手間だけを考えたら、落花生の方が効率がいい。
畑に落花生を植えると、土が肥えるし、線虫も激減する。ハロウィンがなければ、落花生の方がいいと思う。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

最近のトラックバック