« シシ肉祭り | トップページ | サトイモを植えた »

2016年6月26日 (日)

フキノメイガ

先日、きゃらぶきを作るためにフキを丸坊主にしたが、その畑は、また新しい葉で覆われつつある。
だがよく見るとこんな葉も…。

Fukinomeigagamege

しおれた葉の茎というか葉柄を観察すると穴が開いている。

Fukinomeigahole

中にはフキノメイガの幼虫が潜んでいる。フキノメイガが食い入ると、大きな葉が丸ごと1枚失われることになるため、株への負担が大きい。
きゃらぶきを作るために丸坊主にするよりマシだろうと思う人もいるだろうが、そうではない。

Fukinomeigadamege2

やつらはいずれ、フキの葉柄から茎に移動して、茎ごと枯らしてしまうからだ。
なかなか予防は難しいが、しおれた葉を地際から切り取るだけで駆除できる。
農薬だとプレバソンフロアブルが有効だと思うが、試したわけではない。私の勝手な推測である。

« シシ肉祭り | トップページ | サトイモを植えた »

自然」カテゴリの記事

コメント

パダン粒剤、トレボンを使いますがプレバソンも使います。

フキは傘のような葉っぱなので、粒剤が楽そうですね。
コガネムシの幼虫も一緒に退治できそうだし。
冬は枯草を敷き詰めていたのですが、コガネムシのことを考えると取り除いた方がいいかもしれませんね。
プレバソンはトウモロコシやブルーベリーによく使うので、ついでにまいています。ブルーベリーはおそらく適用外ですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フキノメイガ:

« シシ肉祭り | トップページ | サトイモを植えた »

最近のトラックバック